オリンピック期間だけ存在した車線…「オリンピック専用レーン」って何?

オリンピック専用レーンって何?

2021年7月23日から開催された東京オリンピック。

開催に伴い、オリンピックに出場する選手や関係者の通行や輸送を円滑にするため、開催期間中は特別な規制が敷かれました。

今回は、「オリンピック専用レーン」と呼ばれた、オリンピック期間限定の特別な規制について解説します。

※ 2021年12月時点

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
大会関係者のみ通行可、もしくは優先される通行帯である
オリンピック専用レーンには違反も!?
一般道だけでなく首都高速でも規制が!

大会関係者のみ通行可、もしくは優先される通行帯である

2021年の6月2日、警察庁は東京2020オリンピック並びにパラリンピックに出場する選手や関係者の輸送を円滑に行うため、道路標識や区画線などに関する命令の一部改正を発表しました。

これによって、大会関係車両等専用通行帯と大会関係車両等優先通行帯の2つが規制されることに。

この規制は7月1日からの期間限定であり、改正された命令施行のために道路標識や区画線が新たに設けられました。

大会関係車両等専用通行帯とは、大会に関係している車両と公安委員会が認めたクルマだけが通ることができる専用通行レーンのこと。

車両の区分も細かく設定されており、小型特殊・原付・軽車両以外のクルマは、この通行帯を走ってはいけません。

また、大会関係車両等優先通行帯は、その名の通りオリンピック・パラリンピックに関係している車両と公安委員会が認めたクルマが優先的に通ることができるレーンのことです。

大会に関係していない一般車両もこの通行レーンを走ることはできますが、大会に関係しているクルマが接近した場合には一般レーンに出る必要があります。

注意点として、渋滞などの発生によって大会関係車両が接近しても専用レーンから出られそうにない状況の場合、最初から専用レーンに入ってはいけないことになっていました。

オリンピック専用レーンには違反も!?

大会関係車両等専用通行帯と大会関係車両等優先通行帯、通称オリンピックレーンの設置は首都圏を中心としたものでした。

そのため、地方に住んでいる人にとってはほとんど関係のないものでしたが、7月1日から9月30日の間に都心を訪れた人の中には、苦い思い出がある方もいらっしゃるかもしれません。

なぜなら、前述したようにオリンピックレーンは大会関係車両専用、もしくは優先されるレーン。

そこを一般車両が走行したり、道を譲らなかった場合は通行帯違反で検挙されてしまうためです。

大型車では7,000円、普通車と二輪車では6,000円の反則金が課せられ、1点の違反点数が引かれることになっていたのです。

大会関係車両等専用通行帯と大会関係車両等優先通行帯であることを見分ける特徴として、規制の標識と共に車線の中央にピンクのラインが引かれていた点が挙げられます。

専用レーンは長い線、優先レーンは点線となっていたので、規制標識と合わせて線の状態で判別することが可能でした。

また、大会関係車両であるかどうかを見分ける方法として、クルマのフロントとリアの目立つ場所に「大会関係車両」と記載された大判のステッカーを貼っていたことが挙げられます。

一般道だけでなく首都高速でも規制が!

一般道だけでなく首都高速でもオリンピック/パラリンピックの開催に合わせて大規模な交通規制が行われました。

料金所に設置されているレーンの数を状況に応じて制限し、場合によっては首都高速の入口を完全に封鎖していたのです

また、ジャンクションの通行レーンに制限を掛けることでクルマの数の調整も行っていました。

首都高速の交通規制に関しては、開会/閉会セレモニーが行われる日や開催される競技によって異なり、規制がかかる時間帯すらもまちまちなので、ドライバー自ら情報収集を行う必要があったのです。

さらに、首都高速では7月19日より料金が1,000円上乗せされている区間もありました。

東京オリンピック・パラリンピックの開催中は首都圏を中心に大規模な交通規制が行われました。

広い地域で規制が実施されたため、日頃から首都圏でクルマを運転する人は情報を常にチェックする必要性に迫られました。

オリンピックのみならず、今後もワールドカップなど大規模なイベントを行う際には、交通規制が行われる可能性は十分にあるでしょう。

※ 2021年12月現在

商品詳細