スバル 5代目フォレスターは最新のテクノロジーとゆとりある室内空間で乗り心地抜群!(5AA-SKE/4BA-SK5型)

フォレスター

スバル 5代目フォレスター(5AA-SKE型4BA-SK5型)は、スバル独自のシンメトリカルAWD(全輪駆動)システム搭載のミドルサイズSUVです。

5代目フォレスターは、刷新したテクノロジーを取り入れて、走りやすさと扱いやすさを向上しています。そんな、5代目フォレスターの乗り心地は、どういったものなのでしょうか。今回は5代目フォレスターの乗り心地の秘密に迫ってみたいと思います。

Chapter
スバル 5代目フォレスターの乗り心地を歴代モデルでチェック!
スバル 5代目フォレスターは最新のテクノロジーで乗り心地が向上!
スバル 5代目フォレスターは高スペックエンジンの採用で快適な乗り心地を提供!
スバル 5代目フォレスターはゆとりのある室内空間で乗り心地も上々!
スバル 5代目フォレスターの乗り心地をさらに向上させるオプション装備
スバル 5代目フォレスターは先進安全装備で安全かつ快適乗り心地をサポート!

スバル 5代目フォレスターの乗り心地を歴代モデルでチェック!

スバル フォレスターは、縦置き水平対向エンジンと四輪駆動を組み合わせたSUVです。

質感の良いインテリア(内装)と、塊感のあるエクステリア(外装)だけでなく、乗り心地にも配慮した1台となっています。ここでは、フォレスターの歴代モデルの乗り心地についてチェックしていきます。

1997年に誕生した初代フォレスターは、プラットフォームをインプレッサと共有した形で誕生しました。

組み合わされているパーツ全体で、剛性と強度を保持するモノコック構造を採用。不快な振動の少ない、乗り心地の良さが特徴となっています。

2002年に発売された2代目フォレスター。車体重量の見直しによる軽量化や、トルク特性を重視したエンジン開発などの刷新がなされています。

軽量化による取り回しの向上や、トルクフルなエンジン特性により、ストップ&ゴーが多いタウンユースでの乗り心地が向上しています。

3代目フォレスターは2007年に誕生。クロスオーバーSUVとしての側面を強めたモデルチェンジを行っています。

ボディサイズをアップすると同時に、車高も高めています。リアサスのダブルウィッシュボーン化により室内の居住性が上がり、乗り心地の向上に繋がっています。

2012年には4代目フォレスターが発売。トランスミッションをCVTとなるリニアトロニックに変更。スムースでシームレスな変速を実現しています。

ボディやシャシーの要所に関して剛性を向上、運転支援システム アイサイト(Ver.2)を標準装備。安心の乗り心地を手に入れています。

5代目フォレスターは、2018年に誕生しています。プラットフォームの刷新や、新設計エンジンの採用など、大幅な改良を施しワンランク上の乗り心地を実現しています。

スバル 5代目フォレスターは最新のテクノロジーで乗り心地が向上!

スバル フォレスターは最新のテクノロジーを投入することで、乗り心地を向上しています。

フォレスターは、ボディの根本となるプラットフォームを刷新。スバルが培ってきた知見や、技術力をすべて結集して開発した、スバルグローバルプラットフォームを採用しています。

スバルグローバルプラットフォームは、剛性の高さと抜群のステアリングレスポンスにより、揺れが少なく走りが安定。ギャップや悪路走行時の微振動を吸収、静粛性の高い静かな室内で快適な乗り心地を堪能できます。

スバルならではのテクノロジーと言えるシンメトリカルAWD(全輪駆動)は、重心位置が低く、前後左右の重量バランスに優れた構造になっています。あらゆる走行シーンで安定した走りを享受できます。

全輪の駆動力や、ブレーキなどを適切にコントロールするX-MODEを搭載。フォレスターのX-MODEは2つのモードを選択可能です。

SNOW・DIRTモードは、雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に選択。DEEP SNOW・MUDモードは深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に選択します。悪路においても安定した走りを実現可能です。

スバル 5代目フォレスターは高スペックエンジンの採用で快適な乗り心地を提供!

新設計のパワートレインは、2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)と、1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”の2種類がラインアップされています。

2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)は、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたパワーユニットです。

スペックは最高出力107kW(145PS)/6,000rpm、エンジン最大トルク188Nm(19.2kgm)/4,000rpmです。モーター最高出力10kW(13.6PS)、モーター最大トルク65Nm(6.6kgm)となっています。

効率的な2.0L直噴エンジンと、高性能なモーターとバッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに統合しています。

タウンユースでのストップ&ゴーではモーターがアシスト、スムースな初動を可能に。中高速では、エンジンによる安定したパワー供給で、ゆとりのある走りを楽しめます。

1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”は、トルクフルな出力特性のエンジンです。

スペックは最高出力130kW/(177PS)/5,200~5,600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,600~3,600rpmとなっています。

加速時の回転数を抑えて、ノイズの低減に貢献。専用設計のアルミ製エンジンマウントとの相乗効果により、静粛性の高い心地よい乗り心地を実現しています。

スバル 5代目フォレスターはゆとりのある室内空間で乗り心地も上々!

スバル フォレスターは、機能性あるゆったりとした大柄のシートと、居住性の高い広々とした室内で、上々な乗り心地を楽しめます。

ドアが上方に大きく開き、楽な姿勢で乗降が可能。広い開口部は、荷物やチャイルドシートなどの積み降ろしが、無理なくできる設計になっています。

フロントシート(前席)・リアシート(後席)ともに、足元に十分なゆとりを確保。シート間の間隔を広げたことで、圧迫感のないゆとりのある居住空間を提供しています。

フォレスターの室内サイズをチェックしましょう。全グレード共通で室内幅は1,545mm、室内高は1,270mmです。室内長に関しては、「Touring」・「X-BREAK」は2,110mm、「Advance」・「SPORT」は2,100mmとなっています。

フォレスターのフロントシートには、シートヒーター機能を全グレードに標準装備。寒い時期でも快適なドライブを約束します。

リアシートは6:4分割可倒式を採用。シートアレンジが可能なため、ラゲッジルーム(荷室)を自在に拡張できます。

スバル 5代目フォレスターの乗り心地をさらに向上させるオプション装備

まず紹介するのはサンルーフです。

サンルーフを使用することで新鮮な空気・日光を感じることができ、開放感のある快適な乗り心地を味わうことができるます。

特にアウトドアによく出かけるという方は、車内にいながら大自然を感じられます。

またクルマを売却する際にサンルーフが装備されていると高めに買い取ってもらえる場合もあるのでおすすめです。

2つ目に紹介するのは純正ビルトインナビがおすすめです。

ビルトインナビはフォレスター専用設計なのでインパネに綺麗にフィットします。

そしてセンターコンソールにあるマルチファンクションディスプレイと連携することで、目的地までのルートなどをよりわかりやすく表示させます。

そしてビルトインナビはいくつか種類があります。

その中でもパナソニック ビルトインナビはオーディオ機能が充実しています。

フォレスター専用の音響チューニングが施されているので、車でも高音質で臨場感のあるサウンドを楽しむことができ、快適なドライブを楽しめます。

スバル 5代目フォレスターは先進安全装備で安全かつ快適乗り心地をサポート!

スバル フォレスターはスバル独自の運転支援機能であるアイサイトが搭載されており、さまざまな安全装備で安全かつ快適な乗り心地を提供します。

カーブ前速度制御&料金所前速度制御は減速が必要なカーブや料金所をあらかじめクルマが把握し、適切な速度に制御することで安全な運転をサポートします。

ドライバー異常事対応システムは突然意識が無くなるなどのドライバーの異常を検知し、周囲に注意を促しながら安全に停車するまでサポートします。

プリクラッシュブレーキは前方のクルマや歩行者・障害物を検知し、衝突のおそれがある場合に警告・ブレーキ操作をサポートすることで衝突回避・被害軽減に寄与します。

アクティブレーンキープは高速道路や自動車専用道路の走行時に、車体に搭載されたステレオカメラで車線を検知します。

その後クルマが車線から逸脱しないようにステアリング操作をサポートし、ドライバーのストレスや疲労を軽減します。

他にも停車中、青信号に切り替わってもクルマが一定時間動かない場合に音や表示でドライバーに知らせる機能である青信号お知らせ機能や、0km/h~約120km/hの速度域で、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動でサポートするツーリングアシストが装備されています。

スバル フォレスターは、高い走破性と乗り心地の良い快適性を両立した、満足度の高いクロスオーバーSUVと言えるでしょう。

走行性の高いオールラウンダーなフォレスターをこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道