スバル 5代目フォレスター(SK9/SKE型)の5つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめグレードはこれだ!!

スバル・5代目フォレスター

1997年の登場以降、スバル フォレスターはスバルを代表するSUVとして人気を集め、2018年にはスバル 5代目フォレスター(SK9/SKE型)がデビューしました。本格的なオフロード走行も可能とされる「X-MODE」を搭載するなど数々の魅力が詰まった5代目フォレスターですが、今回はどんなグレードがラインナップされているのかを紹介していきます。

Chapter
スバル 5代目フォレスター Touring【価格:291万5,000円】
スバル 5代目フォレスター X-BREAK【価格:305万8,000円】
スバル 5代目フォレスター Advance【価格:315万7,000円】
スバル 5代目フォレスター SPORT【価格:328万9,000円】
スバル 5代目フォレスター X-Edition【価格:317万9,000円】

スバル 5代目フォレスター Touring【価格:291万5,000円】

「Touring」は、スバル 5代目フォレスターのエントリーグレードにあたるモデルです。

パワーユニットは他の上位グレードと同じく、モーターを搭載した「e-BOXER」を採用。排気量2L 水平対向4気筒のFB20型にモーターを組み合わせ、システム最高出力117kW(158.6PS)、最大トルク253Nm(25.8kgm)を発揮。燃費性能はWLTCモードで14km/Lを達成しています。

「Touring」はエントリーモデルではあるものの、ステアリングヒーターサイドビューモニターなどを標準装備し、5代目フォレスターのアイコンとも言える2モードの走行モードを選択可能な「X-MODE」を備えるなど、本格的な悪路走行性能を備えた仕上がりとなっています。

価格は291万5,000円と、数々の装備を備えつつ300万円を切るリーズナブルな値段設定となっている点も魅力的ですね。

スバル 5代目フォレスター X-BREAK【価格:305万8,000円】

「X-BREAK」はアウトドア機能を強化したグレードで、エクステリア(外装)ではレッドオレンジに加飾されたロープホール付きルーフレールを装備し、ルーフ上にさまざまなアイテムが積載できるようになりました。

その他にも、アルミホイールにはガンメタリック塗装が施され、フロントやリヤバンパーガードなどにレッドオレンジのアクセントがあしらわれアクティブな印象を強めています。

インテリア(内装)でも撥水カーゴフロアボードを標準装備し、水滴に強い処理がされているのも嬉しいポイントですね。

価格は305万8,000円で、「Touring」から14万3,000円アップとなっています。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 5代目フォレスター Advance【価格:315万7,000円】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道