日産 セレナ(C27型)のエクステリアデザインを徹底解説!!

日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV(C27)

日産 セレナ(C27型)は、標準ボディとエアロパーツを装着したハイウェイスターの2つのボディバリエーションを用意しています。とくに先代から大きく進化したエクステリア(外観)デザインは、ミニバン売り上げNo.1の要因のひとつにもなっています。

ダイナミックかつ洗練された、現行型セレナのエクステアリアデザインについて、プロが解説します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
2段構成のヘッドランプとVモーショングリルが特徴
A、Cピラーの処理で洗練された印象のサイドビュー
スピード感とシャープな印象のリアビュー

2段構成のヘッドランプとVモーショングリルが特徴

現行型にあたる5代目セレナのデザインは、歴代モデルで磨いてきた「BIG」「EASY」「FUN」を正常進化させています。

エクステリアは、次世代ミニバンとしての新しさと“セレナらしさ”を目指し、都会的で洗練されていて、品格と強い存在感を兼ね備えたデザインとされました。キーワードは、標準車が“家族を包み込む明朗なハッピーカプセル”、ハイウェイスターは“ダイナミックな高速カプセル”です

そのフロントマスクは先代モデルで採用した2段構成のヘッドランプと日産車のアイコンである“Vモーショングリル”により日産車らしさを表現し、より精悍で立体的な力強いイメージをアピール。フロントグリルから、ヘッドランプそしてサイドへと流れるように続くラインによって、“洗練”と“高速”を表現しています。

さらにVモーションには、セレナの象徴ともいえる横桟グリルをプラス。これまでおとなしめだったフロントマスクが、押し出し感のあるものへと進化しています。

そして、2019年8月に行ったマイナーチェンジでは、特徴的なダブルVモーショングリルやクロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンによる上品で押し出しの強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとして採用。

セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化しています。

A、Cピラーの処理で洗練された印象のサイドビュー

サイドはセレナのトレードマークであるシュプールラインをより伸びやかなものとし、スポーティな印象を与えると同時にドライバーの視界の良さを実現しているのが特徴です。

AピラーとDピラーをブラックアウトすることで、まるでルーフが浮いているかのように見えるフローティングルーフを採用することで、車両の洗練度合いを高めました。

また、e-POWER車には新たに16インチアルミホイールを設定し、よりダイナミックで存在感のあるホイールデザイン。さらにハイウェイスターは、ボディ面と専用サイドシルプロテクターとの一体感にこだわってデザインされています。

スピード感とシャープな印象のリアビュー

5代目セレナは、リアスタイルにも次世代の日産デザインの象徴となるブーメランランプシグネチャーを採用し、リアビューからも日産車であることを主張しています。

センター部にフォーカスしたデザインは、スピード感とシャープさを演出。ハイウェイスターでは、バンパーにフロントと共通のモチーフを使い、スタンスのよさと力強さをアップさせています。

ダイナミックで洗練されたイメージと“セレナらしさ”を兼ね備える新世代のグローバルデザインランゲージを採用したエクステリアの5代目セレナ。マイナーチェンジによって売れ筋のハイウェイスターは、フロントグリルを大型化し、押し出し感そして存在感を高めています。

またe-POWER搭載車にも16インチアルミホイールを装着し、スポーティさを強調。プレーンな印象の標準車との差別化がさらに進んだ印象となっています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博