日産 セレナ(C27型)の安全装備を、プロが徹底解説します!

日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV(C27)

現行型セレナ(C27型)はミニバンで初めて、高度な運転支援システムであるPro PILOT(プロパイロット)を採用。当初はメーカーオプションとして用意されていたさまざまな先進安全装備も、2019年8月に行ったマイナーチェンジにより全車標準装備装備とし、安心感を高めています。そんな現行型セレナに搭載されている安全装備を解説します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
乗員の安全と歩行者を守る安全装備の数々

乗員の安全と歩行者を守る安全装備の数々

衝突を回避するインテリジェントエマージェンシーブレーキ

インテリジェントエマージェンシーブレーキは、衝突の可能性が高まると表示とブザーで回避操作をうながし、安全に減速できなかった場合にはブレーキを作動させる機能です。

より遠くまで検知でき、天候や周囲の明るさにも影響されにくいミリ波レーダーとフロントカメラという2つのデバイスを採用し、自動車だけでなく、人が乗車した自転車や夜間の歩行者も検知可能です。

2台前を監視して玉突き事故を防ぐインテリジェントFCW(前方予測警報)

インテリジェントFCW(前方予測警報)は、2台前を走行する車両の車間・相対速度をミリ波レーダーでモニタリングし、ブレーキの踏み遅れによる玉突き事故を回避、運転を支援する機能です。

自車からは見えない前方の状況を検知して、減速が必要と判断した場合にはディスプレイ表示とブザーでドライバーに注意をうながします。

夜間の視界を確保するアダプティブLEDヘッドライトシステム

アダプティブLEDヘッドライトシステムは、照射パターンを自動で変化させて、対向車や先行車が眩しくないようにハイビームを制御する機能で、夜間の視界を確保します。

切り替えの手間を省くハイビームアシスト

ハイビームアシストは、前方検知用のマルチセンシングカメラで、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知し、ヘッドライトのハイビームそしてロービームを自動で切り替える機能です。これによって手動で切り替えるわずらわしさを軽減します。

発進時の衝突を防ぐ踏み間違い衝突防止アシスト

踏み間違い衝突防止アシストはブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだとき、エンジン出力を抑制し、ブレーキを制御する機能です。

前進時は壁などの障害物、車両や歩行者との衝突回避を行い、後退時は壁などの障害物と車両との衝突回避を支援します

<次のページに続く>
次ページ
ドライバーの疲労を軽減する機能の数々

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博