ボディ同色のフロントグリルが特徴。ホンダ 新型ヴェゼルのエクステリアをプロが徹底解説

ホンダ ヴェゼル  e:HEV Z 2代目 2021

フィットをベースとしたホンダを代表するコンパクトSUVのヴェゼル。2代目に進化させるにあたり、デザイナーはボディサイズをほぼ変えずにエクステリア(外観)デザインの変更で、イメージを一新させました。

ここでは、そんな2代目ヴェセルのエクステリアデザインの特徴を中心にプロが解説します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
デザインとともにパッケージも進化
斬新なインテグレーテッドグリルがカッコイイ
ワンランク上の車格を感じるサイドビュー
コンパクトなのに立体感のあるリアまわり

デザインとともにパッケージも進化

ホンダの人気コンパクトSUV、ヴェセルは2代目に進化するにあたり、力強さと美しさを描きながら、爽快感とゆとりを生む高効率パッケージを追求しました。

先代モデルよりも室内長が延長され広くなった室内の前席は、フロントピラーを後退させることによりワイドな視野を確保するとともに、ドアミラーをドアアウターパネルに付けることで、ピラーとミラーのあいだに隙間を設け、歩行者などを確認しやすくするなどコーナー視界の視認性も向上

ワイパーはコクピットから見えない位置に配置し、視覚ノイズをなくすことで、抜け感のある爽快さと自車の状態を把握しやすい視界としています。

ボディカラーは、スタイルの違いでモノトーンとツートーンを用意。ガソリンのGと、ハイブリッドのe:HEV Xとe:HEV Zにモノトーン6色、e:HEV PLaYには、ボディとルーフのカラーが異なるツートーンを5色用意しています。

斬新なインテグレーテッドグリルがカッコイイ

新型ヴェゼルのエクステリア最大の特徴は、フロントマスクにボディとの一体感を高めたインテグレーテッドグリルデザインを採用したことです。

そのフロントまわりの造形は、押し出し感を増すことにより、スマートで愛着のもてる表情と強い存在感、そして精悍さをあわせ持つものとなっています。

彫りの深いヘッドライトユニットは、フェンダーからフロントへの造形に溶け込みながら、フロントフードからフェンダーまわりの立体感を強めるデザインで、ヴェゼルに精悍な印象をプラスしています。

室内の静粛性や燃費性能に影響する空力は、コンパクトSUVトップクラスの性能を追求。フロントバンパーのエアカーテンスリットをはじめ、サイドシル、リアサイドスポイラーのほか、リアコンビネーションランプのデザインにまでこだわりました。

ヘッドランプは、全グレードでフルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)とLEDフォグランプを標準装備するとともに、ハイブリッドのe:HEV Zとe:HEV PLaYには、LEDシーケンシャルターンシグナルランプも装着されています。

また、バンパーロアガーニッシュおよびバンパーガーニッシュなどの意匠を、グレードによって変えることで、楽しさと上質感を高めました。

ワンランク上の車格を感じるサイドビュー

新型ヴェゼルを横から眺めると、先代よりもスリークで美しいクーペプロポーションに気づくでしょう。

デザイナーは、いつまでも乗っていたくなる全席爽快キャビンを描くために、サイドセクションの量感を増し、前後に突き抜ける水平基調のベルトラインを強調。くわえてフロントエンドの押し出し感の増加と、リアオーバーハングの拡大によって、ロングキャビンを表現しました。

さらに大胆に前傾したクーペスタイルのリアエンドとの対比によってロングノーズ感を強めたことで、より力強く、より美しいワンランク上の車格を感じるサイドビューとされました。

サイドステップまわりは、乗り降りのしやすさを配慮しながら、クリーンな外観にも寄与する下見切りドア開口を採用。ドアを開けた際のボディの突出を減らし、乗降性を高めました。

コンパクトなのに立体感のあるリアまわり

テールゲートを大胆に傾斜させたリアビューのポイントは、つなぎ目のないテールゲートパネルと、美しいゲートカットラインです

ゲートまわりは、コンパクトな開閉とアクセスのしやすさにこだわり、それを開閉するゲートハンドルは、日々の使い勝手を考慮したデザインとし、機能と美しいプロポーションを高次元で両立させています。

リアコンビネーションランプは、立体感のあるリアまわりの造形を活かした、レイヤードインナーレンズを採用。見る角度によって見え方が変わる遊び心のあるデザインとなっています。

このリアコンビネーションランプはグレードによって、レッド&クリアタイプとスモーク&クリアタイプがあります。

新型ヴェゼルのエクステリアデザインは、先代モデルよりもスリークな印象を受けるクーペフォルムにより、クラスを超えた質感を獲得しました

無駄なラインを無くしシンプルな面構成としたデザインによって完成されたエクステリアは、ほかに似ているようで似ていない存在感を持っています。

その良さは、写真や動画では伝わりにくいのも事実。実車のほうが全然カッコイイので、興味のある方はディーラーに足を運んで、自分の目でその存在感と高品質を確かめてみてください。

【新型ヴェゼル】【正直に語ります】ホンダ 新型VEZELを、藤木由貴、相沢菜々子、伊藤梓が徹底解説!VEZEL ハイブリッド e:HEV はクラストップの走り!HONDA VEZEL e:HEV Z

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博