トヨタ 初代カローラツーリングはゆとりある室内にシートバリエーションで乗り心地は十分

トヨタ 初代カローラツーリング

トヨタ 初代カローラツーリングは、カローラ フィールダーが2019年9月のトヨタ カローラ一新で新たに誕生したワゴン車です。

グローバルブランドであるトヨタ カローラを冠したスタイリッシュな新モデルであるカローラツーリングの特徴は、何といってもワゴン車ならではの高い収納性。

しかし、カローラ ツーリングは荷室(ラゲッジルーム)だけが秀でているわけではありません。室内空間にも十分なゆとりがあり、オプションでさらに快適に過ごすことも可能なのです。

そこで今回は、カローラ ツーリングの乗り心地にがどれほどのものなのか、詳しく紹介していきます。

Chapter
トヨタ 初代カローラツーリングはどんなクルマ?
トヨタ 初代カローラツーリングの乗り心地を支える先進機能の数々をチェック!
トヨタ 初代カローラツーリングの乗り心地をオプションでさらに快適に!

トヨタ 初代カローラツーリングはどんなクルマ?

カローラ ツーリングは、低重心でワイドな造形を採用したことでスポーティなデザインを手に入れたスタイリッシュなワゴン車です。

トヨタのクルマづくりの構造改革であるTNGA(Toyota New Global Architecture)を取り入れ、これに基づいた「走りの基本性能」と「楽しさ」を追求するとともに、走行性能や安全性といったクルマとしてのベーシックな部分も芯から鍛え上げています。

走行性能は燃費の良好さと走りの楽しさを両立させ、運転が苦手な方でも安心出来る取り回しの良さ、そしてコーナリングや荒れた路面での乗り心地も満足出来る仕上がりなのです。

また、ドライバーをサポートする5つの先進機能と、2種類のセンサーが特徴である予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されているのも、魅力のひとつでしょう。

DCM(専用通信機)を装備したコネクティッドカーとしての性格も強められ、24時間365日カーライフサポートを受けられるなど大幅に強化されています。もちろん収納性能は際立っており、リアシート(後席)を格納したフラットモードでは自転車を横倒しにして積み込めるほどの大容量を誇るのです。

トヨタが生み出した新世代のスポーティ・ワゴンであるカローラツーリングは、様々なライフスタイルに合う実力派といえます。

トヨタ 初代カローラツーリングの乗り心地を支える先進機能の数々をチェック!

カローラツーリングの快適な乗り心地は、多くの先進的な機能により支えられています。

TNGAプラットフォームによる優れた重量バランスと車両安定性は、重心高を下げることで横揺れの少ない乗り心地を同乗者に提供しているのです。

路面の凸凹に応じてトルクをリアルタイムに制御することで車体の上下の縦揺れ(ピッチング)を抑制し、滑らかでフラットな乗り心地に貢献するばね上制振制御もハイブリッド車とWxB(ターボガソリン車)に搭載されています。

また、マクファーソンストラット式フロントサスペンションは荒れた路面・段差乗り越え時のショックや平坦な道の振動を低減することでフラットな乗り心地を実現してくれるのです。

ボディに伝える力を分散させることで振動の少ない快適な乗り心地を実現する、ダブルウィッシュボーン式リアサスペンションも注目に値します。他にもハイブリッド車とWxB(ターボガソリン車)では、スイッチ操作で走りのテイストを自由に選択できるドライブモードセレクト(3段階)が搭載されているのもポイントです。

エコ、ノーマル、スポーツの3つの走行モードから、状況に合わせて最適な走りを選択可能と乗り心地の向上に貢献しています。

さらにハイブリッド車には、エンジン音や排気ガスを気にすることなくエンジンを停止して静かに走行出来るEVドライブモードスイッチも用意されており、乗り心地と周囲への配慮を両立させているのです。

トヨタ 初代カローラツーリングの乗り心地をオプションでさらに快適に!

カローラツーリングの乗り心地は、オプションでさらに磨きをかけることが可能です。運転席と助手席にヒーターを設置すれば、寒い日や長時間のドライブで負担のかかりやすい肩や腰、下肢を温めてくれます。

WxBグレードとSグレードの場合は、肌や髪に優しい水に包まれた弱酸性の「ナノイー」を助手席側のエアコン吹出し口から放出する「ナノイー」と、空気の汚れがオートエアコンに表示されるエアクリーンモニターをセットで設定可能です。

また、IR(赤外線)カットフィルムは赤外線を抑えることで真夏の直射日光による肌への「ジリジリ感」を緩和してくれるほか、サイドバイザー(RVワイド)は雨天時の室内換気に役立ちます。

同乗者の乗り心地に役立つグッズも数多く用意されているのも、嬉しいポイントです。

乗車時の不安定な姿勢をサポートするアシストグリップは柔らかい感触のグリップを採用したシンプルタイプ、助手席のヘッドレストに取り付けるヘッドレスト取付タイプ、腕を高く上げなくても楽に握ることが可能なつり革タイプと多彩に展開。

さらにフロントシート(前席)には運転時のお尻・腰・背中への負担をやわらげるランバーサポートクッション、リアシートには身体を両サイドから支え乗車中の横揺れを軽減するサイドサポートパッドもそれぞれ設定されています。

カローラツーリングの乗り心地はオプションを活用すればさらに磨きをかけることができるので、あらゆる方に優しいといえそうです。

ワゴン車であるだけに収納性に焦点が当たりがちなカローラツーリングですが、先進的な技術や豊富なオプションで長時間のドライブも気にならない快適さを持っていることがわかりました。

ワゴン車ならではの抜群の収納性に快適な乗り心地を両立した1台、気になっている方は一度試乗してみるのも良いかもしれません。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道