レクサス 初代NXのリアシートの乗り心地は?機能性と先進技術が融合した高級SUV

レクサス 初代NX

今回はレクサス 初代NXのリアシート(後席)の使い勝手について解説いたします。

初代NXは2014年にトヨタ自動車が展開する高級車ブランドであるレクサスが発売したコンパクトクロスオーバーSUVで、Premium Urban Sports Gearをコンセプトに開発されており、高い走破性とSUVらしい力強さを兼ね備えています。

Chapter
レクサス 初代NXはどんなクルマ?
レクサス 初代NXの室内居住性は?
レクサス 初代NXのリアシートの使い勝手は?

レクサス 初代NXはどんなクルマ?

レクサス NXはレクサス初のコンパクトSUVで、コンパクトながら街中を快適に走る高い走破性とSUVとしてのパワフルさを併せ持つ一台です。

NXのボディサイズは全長4,640mm×全幅1,845mm×全高1,645mmとなっており、エンジンは2.0L 直噴ターボエンジンを搭載しています。

そのスペックは、最高出力175kW(238PS)/4,800~5,600rpm、最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,650~4,000rpmと、幅広い回転域で高いトルクを生み出すことが可能で、アクセル操作時には瞬時のレスポンスや滑らかに伸びていく快適な加速を味わうことができます。さらに、エンジンにD-4STを組み合わせることで最適な燃焼効率を実現しています。

また、NXにはレクサス独自の先進安全システムであるLEXUS Safety System+が搭載されています。

LEXUS Safety System+には、ミリ波レーダーとカメラにより先行車や歩行者を検知し、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合にブザーとディスプレイで危険を知らせ、必要な場合には自動的にブレーキを作動させるプリクラッシュセーフティが搭載されています。

加えて、交差点に進入する際などに、前方左右から接近してくる車両を検知し、大型カラーヘッドアップディスプレイで車両が接近してくる方向をアニメーションで表示、必要な際にはブザー音で危険を知らせるフロントクロストラフィックアラートなどの先進機能も装備されています。

レクサス 初代NXの室内居住性は?

レクサス NXはSUVらしい走破性や力強さだけでなく、高級車らしい高い居住性も兼ね備えているという特徴があります。

室内サイズは室内長2,080mm、室内幅1,520mm、室内高1,180mmとなっており、リアシートは十分な足元スペースが確保されており、快適な室内居住性を実現しています。

NX300h全車に標準装備されているばね上制振制御というシステムは、車両の揺れをセンシングし、路面の状態に合わせて駆動用モーターのトルクをきめ細かく制御し車体の揺れを抑制するというシステムです。運転席だけでなくリアシートに座った人にも快適な乗り心地を提供します。

さらに、滑りやすい路面での発進や走行をアシストし、コーナリング時には走行状況に合わせて前後の車輪に最適なトルク配分を行うE-Four(電気式AWDシステム)が搭載されており、優れた操縦安定性を実現することで乗っている人全員が快適な走行を味わうことができます。

NXのリアシートは、コンパクトSUVという位置づけでありながら、広々とした空間に加え先進システムによる乗り心地の良さで高い室内居住性を確保したと言えるでしょう。

レクサス 初代NXのリアシートの使い勝手は?

レクサス NXのリアシートは6:4の分割可倒式で、グレードによっては電動リクライニング&電動格納機能が搭載されており、左右のスイッチを操作することで座った状態でリクライニング調整を行うことができ、力の弱い方や小さなお子様でも簡単に操作することができます。

また、6:4の分割可倒式のシートを倒すことでラゲッジルーム(荷室)の広さを拡大することができます。荷物の量や乗車人数によってシートアレンジできるので、旅行や買い物・アウトドアなど用途に合わせた使用が可能です。

さらに、カップホルダー付きのセンターアームレストも搭載されており、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。

NXのリアシートはシートアレンジなどの使い勝手のいい機能や、リクライニング機能、アームレストなど、乗員をもてなす魅力的な装備が搭載されていることがわかりました。

今回はレクサス NXのリアシートの使い勝手についてご紹介しました。

NXのリアシートはコンパクトSUVながら広い室内空間と、さまざまな使い勝手の良い機能を備えているということがわかりました。

NXには今回ご紹介した機能の他にもさまざまな魅力的な機能を備えているので、気になった方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道