レクサス 3代目ISの乗り心地は?高級セダンの魅力を徹底解剖して人気の秘密に迫る!(3BA-GSE31-BEZLH/ASE30-BEZLZ/6AA-AVE30-BEXLH/AVE35-BEXLH)

レクサス 3代目IS

2013年のフルモデルチェンジを経て登場したレクサス 3代目IS(3BA-GSE31-BEZLH/ASE30-BEZLZ/6AA-AVE30-BEXLH/AVE35-BEXLH型)は、レクサスのエントリーモデルでもあり、高級スポーツセダンでもあります。

高級感あふれる見た目の通り、高い走行性能を持ち合わせています。セダンの人気が低迷する中でも非常に高い人気を誇っているのです。

今回は、ISの魅力の中でも特に評判が高い乗り心地について詳しく紹介します。

Chapter
レクサス 3代目ISとはどんなクルマ?
レクサス 3代目ISの乗り心地をチェック!
レクサス 3代目ISの乗り心地を守る安全性能をチェック!

レクサス 3代目ISとはどんなクルマ?

ISは、1999年に欧米市場向けに発売されていたクルマです。ただし、日本国内でもトヨタブランドのアルテッツァとして同年からすでに存在はしていました。

レクサス ISの名を日本で初めて冠したのは2005年のことで、レクサスがトヨタから分離した時に正式にラインナップに加わったのです。

2013年のフルモデルチェンジで3代目にあたり、ISで初めてハイブリッドモデルをラインナップしたのもこの世代です。大きなモデルチェンジは過去2回だけですが、細かなモデルチェンジは数回行われており、そのたびに性能が向上しています。

現行の3代目ISも2020年に最新のマイナーチェンジが施され、スタビライザーブッシュなどの改良がなされたほか、安全性能も見直され、マイナーチェンジごとに向上を続けているのです。

セダンの人気が徐々に低下しSUV人気が高まる中でも、ISの人気は高いままです。これは、レクサスというブランドの力もありますが、高級感に加えて高い走行性能とスポーツカーらしさが評価されている証拠ともいえるでしょう。

同じセダンでも、ISは唯一無二の存在といえそうです。

レクサス 3代目ISの乗り心地をチェック!

ISは、前項で紹介した通り上質感とスポーツカーらしい走行性能の2つを兼ね備えたクルマです。もともと欧米市場で人気があったことも手伝い、このコンセプトは発売開始から20年以上経った今でも、脈々と受け継がれているのです。

そのため、乗り心地に関しては抜群といえます。最大の特徴はその静粛性で、特にハイブリッドモデルである「IS 300h」は排気量3.0L にもかかわらず非常に静かに始動するのです。

また、エンジンからモーターへの切替もスムーズで違和感はなく、環境性能が高いため日本のみならず欧米市場でも根強い人気を誇っています。

シートに関しても上質さと機能性を兼ね備えており、包み込むような座り心地がドライバーだけではなく、同乗者も満足できるようになっているのがポイントです。

天井はやや低めではあるものの、2020年のマイナーチェンジによって車両の長さが30mmほど伸びたことで、乗り降りしやすくなりました。

天井もよほど高身長の人が乗らない限りは十分な高さがあるため、それほど気になることはないでしょう。

レクサス 3代目ISの乗り心地を守る安全性能をチェック!

ISには、ドライバーや同乗者の快適なドライブを守るための安全性能も充実しています。

レクサスの予防安全システムは「Lexus Safety System+」を2016年のマイナーチェンジ以降、全車に標準搭載しており安全意識の高さがうかがえます。

プリクラッシュセーフティ機能ドライバー異常時対応システムオートマチックハイビームをいち早く導入しており、ドライバーの安全を守るシステムが常に搭載され続けているのです。

特にドライバー異常時対応システムは画期的な安全装備です。万が一ドライバーが運転中に何かあった場合、その異常を検知したISのコンピューターが、徐々に減速しながらハザードランプを点灯させ、停車します。

そして、それと同時に異常を外部の救急サービスにつなげてくれるので、ひとりでの運転中に万が一のことがあっても安心です。

これ以外にも、走行をサポートする安全性能も充実しています。

ヒルスタートアシストコントロールは、坂道発進を支援する機能ですが、ブレーキの作動時間は2秒と長く設定されており、焦りによる踏み違いや急発進を抑制する効果もあります。

このように、ISには多くの安全性能が備わっており、ドライバーと同乗者が快適に過ごせるようになっているのです。

ISはクルマとしての性能はもちろん、快適さも安心感もほかのクルマよりも優れていることがわかりました。

見た目や機能で選ぶのも重要なクルマ選びのポイントですが、乗り心地も加味して考えてみるのも悪くありません。

一度購入すれば長い付き合いになる人も多いので、ぜひいろいろな観点で探してみると良いでしょう。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道