ISFやRCF…“F”を冠したレクサスはベース車とどこまで違うのか?

LFA

レクサスファンの憧れといえば、「F」の称号を冠するモデルでしょうか。
レクサスIS、レクサスRC

トヨタF1の本拠地である、富士スピードウェイで徹底的に磨きあげた"F"モデル。今回はレクサス"F"シリーズについて見ていきましょう。

Chapter
同じレクサスシリーズでも“F”はココが違う!
レクサスISとレクサスISFの違い
レクサスRCとレクサスRCF
レクサスFシリーズの頂点 LFA

同じレクサスシリーズでも“F”はココが違う!

Fはレクサスの目指す「操る楽しさ」の象徴!

最高峰のテクノロジーに基づき、静岡県の富士スピードウェイをはじめ世界のサーキットで鍛えぬかれた一台になっています。

専門チームによって開発され、これまでにない高パフォーマンスを実現したISF、2013年11月の東京モーターショーで発表されたクーペモデルのRC F、さらには究極の走りを体現したLFA…。

具体的にどのように違うのか車種ごとに見て行きましょう。

レクサスISとレクサスISFの違い

レクサスの中型セダンであるレクサスIS。

トヨタ アルテッツァのレクサスブランド版として誕生したレクサスISは、2013年に約7年半ぶりにフルモデルチェンジされました。

3代目となった現行モデルのレクサスISは、排気量が2.5Lの「IS250」、3.5Lの「IS350」、さらにレクサスISでは初のハイブリット仕様の「IS300h」が設定されています。レクサスIS250及びIS350にはV型6気筒エンジンを搭載しており、IS300hには直列4気筒エンジンが搭載されました。

一方でレクサスISFでは、300Km/hオーバーでも安定した走りを実現する為、さらに空力チューニングが施されました。ほとんど全てのパーツが作りなおされ、ヤマハと共同開発した大型のV型8気筒エンジンを搭載する為、オーバーハングは若干伸ばされています。

また、ISFの最高出力は311kW(423PS)/6,600rpm、最大トルクは505Nm(51.5kgm)/5,200rpmを発生。最高速度は300km/h以上とされていますが、日本国内向けは180km/h、国外仕様は270km/hでリミッターが作動します。

また、トヨタ自動車の市販乗用車では初採用となった、イタリアの名門ブレーキシステムメーカー「ブレンボ」社と共同開発した、放熱効果の高いスパイラルフィン式の大径ドリルドローターを採用するなど、サーキットで周回を重ねてもフェードしにくいブレーキシステムになりました。

<次のページに続く>
次ページ
レクサスRCとレクサスRCF