ホンダ 2代目N-BOXに欠点はあるの?特徴や仕様の解説と併せてじっくり紹介!

ホンダ 2代目N-BOX

広々とした室内空間と使い勝手の良い多彩なシートアレンジで、世代問わず高い人気を誇るホンダ 2代目N-BOX(6BA-JF3/6BA-JF4型)。

そんな人気の1台である2代目N-BOXには、欠点はあるのでしょうか。

N-BOXの特徴や仕様をチェックしながら、確認していきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ホンダ 2代目N-BOXは軽量ボディで衝突安全性が不安?
ホンダ 2代目N-BOXは加速時のパワーが不安?
ホンダ 2代目N-BOXは手が出しにくい価格帯?

ホンダ 2代目N-BOXは軽量ボディで衝突安全性が不安?

N-BOXは新たなフロアフレーム構造や接合技術により、従来型比80kgもの軽量化を実現しています。これだけ軽量化されていると、衝突時の安全性に不安を抱える方もいるのではないでしょうか。

ですが、N-BOXのボディーには衝突時の衝撃を制御するホンダ独自の安全技術「G-CON」が採用されており、そのような心配は無用です。

軽量かつ高硬度な素材を各所に配置や高張力鋼板の適応拡大で、衝突安全性能を高めているほか、コンパティビリティー対応ボディーを採用することで、相手車両へのダメージも軽減しています。

さらに、N-BOXにはエアバッグやシートベルトにもホンダが誇る先進の安全技術をふんだんに盛り込んでいます。エアバッグには、ホンダ独自の内圧保持タイプのi-SRSエアバッグシステムをフロントシート(前席)に標準装備しています。

i-SRSエアバッグシステムは「早く」「長く」「優しく」膨らむエアバッグで、助手席側ではエアバッグ幅を拡大することで効果を高めているのです。

シートベルトには、フロント3点式ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルトが採用されています。前方向からの強い衝撃を感知した際にはシートベルトを巻き取り、一定以上の荷重がかかるとシートベルトを送り出すことで胸への負担を軽減してくれるので、いざという時も安心でしょう。

これらの安全技術の採用により、N-BOXは平成29年度自動車アセスメントにおいて、最高評価である衝突安全性能評価ファイブスター賞を獲得しています。

ホンダ 2代目N-BOXは加速時のパワーが不安?

N-BOXには、燃費と走る楽しさを高次元で両立しているi-VTECエンジンが搭載されているのも大きな特徴です。i-VTECエンジンは最高出力43kW(58PS)/7,300rpm、最大トルク65Nm(6.5kgm)/4,800rpmとなっていますが、上り坂や発進時では少々非力に感じるかもしれません。

しかし、N-BOXではさまざまなシーンで快適に走れるよう、CVT技術の変更によりシフトポジションが「Lレンジ」から「Sレンジ」に変更されています。それにより、エンジンからタイヤに伝わる力をより滑らかにすることで走りをスムーズにし、さまざまな状況で快適な走りを実現しているのです。

また、従来型比80kgもの軽量化を実現しているため、小さい力でも快適な加速を実現しており、走行中にエンジンに対して物足りなさを感じることはないでしょう。

さらに、N-BOXにはさらにパワフルな走りを実現しているターボモデルも設定されています。ターボモデルでは通常のi-VTECエンジンよりも高性能なターボエンジンが搭載されているので、よりパワフルな走行を楽しみたいという方にはおすすめなのではないでしょうか。

ホンダ 2代目N-BOXは手が出しにくい価格帯?

N-BOXの車体価格は、最も低価格なベースグレード「G」のFF(前輪駆動)モデルが142万8,900円、最も高価な「L・スロープ(コーディネートスタイル)」の4WD(4輪駆動)モデルが206万9,000円となっています。

この価格は車体価格であるため、購入時にはオプションの価格や税金などの諸費用がさらに加算されます。そのため、「G」のFFモデルを購入する場合にも支払い総額は200万円近くに及ぶのです。

N-BOXのライバル車であるスズキ スペーシアや、ダイハツ タントの車体価格を見てみると、スペーシアは129万8,000〜164万7,800円、タントは124万3,000〜176万5,500円となっており、N-BOXよりも安価であることがわかります。

ライバル車に比べて手が出しにくい価格設定であるN-BOXですが、ベースグレードの「G」でも「Honda SENSING」が標準装備されているなど、装備面が充実しています。

また、N-BOXは各メーカーの軽自動車の中でもトップクラスの人気を誇る1台です。ということは、多くの方がN-BOXの価格設定に満足しているということでしょう。

今回はホンダ N-BOXの欠点についてご紹介しました。

N-BOXには大幅に軽量化されたボディが採用されており、衝突安全性能に不安があるように思われましたが、ホンダ独自の安全技術「G-CON」が採用されているなど、衝突安全性能評価ファイブスター賞を獲得するほど安全であることがわかりました。

また、ライバル車と比較すると車体価格は少々手が出しづらいかもしれませんが、性能や装備面を考慮すると納得の価格なのではないでしょうか。

※ 2021年6月現在

商品詳細