ホンダ 2代目N-BOXカスタムのグレードを徹底比較!おすすめグレードはこれだ!!

ホンダ N-BOX カスタム

ホンダを代表する軽自動車の1つ、ホンダ N-BOXに専用エアロパーツなどをまとったモデルがホンダ 2代目N-BOXカスタム(DBA-JF3/DBA-JF4/6BA-JF3/6BA-JF4)です。ホンダではグレードを「タイプ」と呼んでいますが、N-BOXカスタムにはどんなタイプがあるのでしょうか。今回は各タイプごとの違いを紹介します。

Chapter
ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・L Honda SENSING【174万6,800円~】
ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・Lターボ Honda SENSING【194万1,500円~】
ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・スロープL Honda SENSING【189万8,840円~】
ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・EX Honda SENSING【180万1,800円~】
ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・EXターボ Honda SENSING【199万6,500円~】

ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・L Honda SENSING【174万6,800円~】

ホンダ 2代目N-BOXカスタムのなかでもっとも価格の低いタイプが、ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・L Honda SENSINGです。

「ベンチシート」という標準的な4人乗り仕様で最廉価のタイプですが、9灯のフルLEDヘッドライトや、安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されています。

価格はFF(前輪駆動)が174万6,800円、4WD(4輪駆動)が187万9,900円となり、基本機能が充実している分、N-BOXの同クラスグレードよりも12万5,400円から最大33万6,600円高い金額となっています。

ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・Lターボ Honda SENSING【194万1,500円~】

「ベンチシート」仕様にターボチャージャーを装着したタイプが、ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・Lターボ Honda SENSINGです。

最高出力は47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルクは104Nm(10.6kgm)/2,600rpmを発生し、ターボチャージャーの無いタイプに比べて優れた加速力を発揮します。4人フル乗車や荷物を満載した状態で出かけることが多い人におすすめのタイプと言えるでしょう。

価格はFFが194万1,500円、4WDが207万4,600円となっています。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目N-BOXカスタム G・スロープL Honda SENSING【189万8,840円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道