トヨタ 新型ランドクルーザー(300系)が公開!2007年に登場した200系から14年ぶりの後継

ランドクルーザー 300 2021

2021年6月10日(木)、トヨタはフラッグシップSUVであるランドクルーザーの新型モデルを世界初公開しました。

1951年にBJ型が登場したランドクルーザーは、今年で生誕70周年を迎えます。

トヨタの長年にわたる技術の蓄積と最新技術の融合によりさらなる進化を遂げたランドクルーザーには、どのような特徴があるのでしょうか。

Chapter
ランドクルーザーは、70年にわたり安全・安心を提供してきたトヨタの歴史を象徴するSUV
新型ランドクルーザーは、素性の刷新と最新技術が融合しさらなる進化を遂げた
新型ランドクルーザーの新開発のV6ツインターボエンジンは従来型V8エンジンをも超える性能を発揮
新型ランドクルーザーはエクステリア・インテリアともに機能美を徹底的に追求し悪路走破性に特化
新型ランドクルーザーはフラッグシップに相応しい先進安全機能も装備

ランドクルーザーは、70年にわたり安全・安心を提供してきたトヨタの歴史を象徴するSUV

初代ランドクルーザーは1951年8月、TOYOTA BJ型として誕生しました。

以来、その高い信頼性や耐久性・厳しい環境下での高い走破性が高く評価され、全国各地でパトロールカーとして採用されるなど人々の生活にとって欠かせない存在となりました。

トヨタは累計約1,040万台・年間30万台以上のランドクルーザーを、世界170の国と地域に提供しています。

新型ランドクルーザーは、素性の刷新と最新技術が融合しさらなる進化を遂げた

今回の新型ランドクルーザー(300系)は、2007年に登場した200系の後継となるステーションワゴンタイプ。ランドクルーザー・シリーズのフラッグシップとして常に最新技術を投入され、クルマとしての進化を続けてきたモデルです。

ランドクルーザーの本質である「信頼性・耐久性・悪路走破性」は、TNGAに基づく新GA-Fプラットフォームの採用によって進化。さらにフレーム、車体を含めたマイナス200kgの軽量化・低重心化、重量配分・サスペンション構造の改善が実現しました。

ランドクルーザーの伝統である”悪路走破性”をさらに向上させるため、トヨタは以下のような新技術を採用しました。

・サスペンションの基本性能を向上し、ホイールアーティキュレーション(タイヤの浮きづらさ)を改善

・E-KDSS(Electronic Kinetic Dynamic Suspension System)の採用による接地性向上

・ドライバー視点で障害物を直感的に可視化できるマルチテレインモニター

・走行路面を判定し、自動でモード選択するマルチテレインセレクト

<次のページに続く>
次ページ
新型ランドクルーザーの新開発のV6ツインターボエンジンは従来型V8エンジンをも超える性能を発揮