トヨタヤリスクロスの安全装備を徹底解説

ヤリスクロス ヤリス

トヨタヤリスクロスは、予防安全パッケージ“Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)”を採用しています。

単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせによって高い認識性能と信頼性を両立させるToyota Safety Senseを中心としたヤリスクロスの運転支援システムについて解説します。

文/萩原 文博

駐車が苦手なドライバーもこれなら安心です

トヨタチームメイト[アドバンストパーク(パノラミックビューモニター付)]

トヨタチームメイトは、駐車作業を支援する機能です。

駐車したいスペースの横に停車後、アドバンストパークスイッチを押して駐車位置を確認します。その後開始ボタンを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了させます。シフト操作はドライバーが手動で行います。

この機能はハイブリッド車にオプション設定されています。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

インテリジェントクリアランスソナーは、アクセルペダルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に役立ちます。

車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせるクリアランスソナーに、静止物との接触を緩和する機能を追加。

前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動で被害軽減ブレーキを掛けます

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

リヤクロストラフィックオートブレーキは、後方から接近する車両を検知して、衝突被害の軽減を図る機能です。

駐車場から後退する際に、車の左右後方から接近してくる車両をレーダーが検知すると、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーによってドライバーに注意喚起を行います。

さらに衝突の危険性が高まると自動的にブレーキ制御を行い、接近車両との衝突被害軽減を支援します。

Z、Gグレードにオプション設定されています。

パノラミックビューモニター

クルマを真上から見るように周囲を確認できるのが、パノラミックビューモニターです。車両を上からみたような映像をディスプレイに表示し、ドライバーの目視だけでは見えにくい車両周辺の状況をリアルタイムで確認できます。

2つのセンサーを使用し、機能の充実そして精度の上がった運転支援システムは、国産コンパクトSUVでもトップレベルの実力を誇ります。

個人的に惜しいと感じるのは、X“Bパッケージ”のようなトヨタセーフティセンス未装着グレードがあること。エントリー価格を安く見せるための戦略なのかもしれませんが、運転支援システムは全車標準装備のほうが、モデルの評価が上がると思います。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博