ダイハツ 4代目タントは使い勝手の良い装備が満載!その乗り心地は(5BA-LA650S/5BA-LA660S/6BA-LA650S/6BA-LA660S型)

ダイハツ 4代目タント

今回は、2003年7月に軽スーパーハイトワゴンとして発表以来、実用的なパッケージングと使い勝手の良い機能で高い人気を得てきたダイハツ 4代目タント(5BA-LA650S/5BA-LA660S/6BA-LA650S/6BA-LA660S型)の乗り心地についてご紹介します。

4代目タントは実用的で、見た目にも可愛らしいデザインの軽スーパーハイトワゴンであるだけでなく、先進のテクノロジーを投入したプラットフォームやパワートレインを持つ、安全性の高いスムースな乗り心地の良さを併せ持っています。

そんな4代目タントの乗り心地には、一体どのような機能や装備が活かされているのでしょうか。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ダイハツ 4代目タントの乗り心地をアップする使い勝手の良い装備とは
ダイハツ 4代目タントは先進テクノロジーで快適な乗り心地を実現!
ダイハツ 4代目タントは安全機能とインフォテイメントで安心ある乗り心地を提供

ダイハツ 4代目タントの乗り心地をアップする使い勝手の良い装備とは

ダイハツ タントの乗り心地の良さは、何と言っても実用的な機能にあります。まずはエクステリア(外装)の機能からご紹介します。

前後のドアにピラーを内蔵した大開口のミラクルオープンドアは、お子さんとの乗り降りや、大きな荷物の出し入もスムーズです。両側スライドドアなので、狭い駐車場や壁際でも余裕を持った乗降が可能です。

荷物の積み降ろし時に役立つパワースライドドア ウェルカムオープン機能は、クルマに近づくとドアが自動オープン。お子さんや年配の方に優しい助手席イージークローザーとスライドドアイージークローザーは、手動で半ドアの位置まで閉めると、あとは自動で全閉します。

あらゆる角度からの乗り降りをサポートするミラクルオートステップも機能的です。ミラクルオートステップは、ミラクルオープンドアの幅に合わせたロングステップで、助手席ドアやスライドドアの開閉に連動して、ステップを自動で展開・格納します。

インテリア(内装)に目を移すと、車内の移動を快適にする装備が施されています。540mmの可動域を持つ運転席ロングスライド、380mmの可動域を持つ助手席ロングスライドで室内の空間を快適にアレンジできます。

助手席は乗り降りをサポートする30度ターン機能付き。室内の移動をアシストするラクスマグリップを複数装備して車内の動線をアシストし、乗り心地をアップしています。

リアシート(後席)の左右分割リクライニング機能により、助手席を倒しリアシートをリクライニングしてフルフラット化が可能。仮眠や休憩などに重宝する心地良い空間を生み出します。

ダイハツ 4代目タントは先進テクノロジーで快適な乗り心地を実現!

ダイハツ タントは、新しい指針となるダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(DNGA)に基づき、プラットフォームやパワートレインが刷新されており、乗り心地向上に大きく貢献しています。

プラットフォームは、アンダーボディやサスペンションの剛性を高めることにより、車両の操舵安定感が向上。併せて、サスペンションスプリングやボディ材を見直し、しなやかな乗り心地を手に入れています。

トランスミッションは、従来のCVTにギヤを組み合わせた、新機構となるD-CVTを開発。伝達効率を高めて、高速走行時の燃費だけでなく静粛性の向上にも大きく貢献しています。

エンジンは構造を一から見直し、燃焼そのものを改善して性能アップを果たしています。NA(自然吸気)エンジン、ターボエンジンの2つをラインアップ。パワー・トルクが従来のエンジンよりも上がり、スムースで余裕のある心地の良い走りを実現しています。

ダイハツ 4代目タントは安全機能とインフォテイメントで安心ある乗り心地を提供

ダイハツ タントは安全機能とインフォテイメント機能にも力を入れて、安心の乗り心地を乗り手に提供します。

ダイハツの先進予防安全機能となるスマートアシストを搭載。もしもの時の被害を最小限にとどめる機能も備え、確かな安心を約束します。

衝突回避支援機能として、止まるをアシストする衝突回避支援ブレーキ機能、気づくをアシストする衝突警報機能、飛び出さないをアシストする誤発進抑制制御機能(前方・後方)などがあります。

認識支援機能では、見落とさないをアシストする標識認識機能、夜間の運転をアシストするオートハイビーム、夜道の曲がるをアシストするサイドビューランプなどが、ドライバーをサポートします。

インテリアとなるアームレスト、ヒーターコントロールパネル、シフトノブ、ステアリングスイッチ、インナードアハンドルなどは、ストレスフリーで直感的に操作できるようにレイアウト。操作性や使い勝手の向上により、安全な運転をアシストします。

4.2インチの高精細な液晶画面に、ドライブをより快適にする、さまざまなインフォテイメントコンテンツを表示。情報を直感的に把握できるよう、表示の大きさや形、色などの見やすさにこだわっています。

ダイハツ タントは先進のテクノロジーを惜しみなく投入することで快適性能を大幅にバージョンアップした、これから先も楽しめる乗り心地を提供してくれる1台と言えます。

また、たくさんの使い勝手の良い機能により、乗り心地が快適になっています。

※2021年6月現在

商品詳細