これって追い越し禁止だっけ?道路のセンターラインの種類や役割を詳しく解説!

センターライン

普段何気なく走行している道路にも、白線、黄線、実線、破線、2重線など様々なセンターラインが引かれています。

自動車免許取得時には習ったけど、いま意味を聞かれると意外とその意味を説明できない方も多いのではないでしょうか。

今回はそのおさらいも兼ねて、センターラインの種類と役割を詳しく紹介していきます。

Chapter
まずはセンターラインの定義を確認!
黄色の実線は「追い越し目的のはみ出し通行禁止」
白の破線は「はみ出し、追い越し可能」
白の実線は「はみ出し禁止」
2重線の場合は「走行側のセンターラインに従う」
3重線の場合も「走行側のセンターラインに従う」
【番外編】よく見かける標示の役割も確認!

まずはセンターラインの定義を確認!

センターラインとは、自動車などの通行を方向で区別するため、道路に標示された線であり、対向車線と自車線を分離するために設けられている区画線の一つです。

車道の幅員が5.5メートル以上の区間内中央に引かれるため、車道中央線と呼ばれることもあります。

センターラインは様々なパターンがありますが、基本となるものは白の実線か破線、または黄色の実線であり、黄色の破線は存在しません。

黄色の実線は「追い越し目的のはみ出し通行禁止」

黄色の実線は、追い越し目的のはみ出し通行禁止の標示で、センターラインの右側にはみ出して前の車両を追い越すことを禁止することを表しています。

街を走行中よく目にするのが黄色の実線で、追い越し禁止を表すことをご存知の方は多いかもしれません。

ただ、路上駐車や停車中のバスなどを追い越すために、右側部分へはみ出して通行することは禁止されていません。

<次のページに続く>
次ページ
白の破線は「はみ出し、追い越し可能」

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道