日本一売れている注目のクルマ!ホンダ 2代目N-BOXのインパネの使い勝手は如何に?

ホンダ 2代目N-BOX

ホンダ N-BOXは、ホンダが手掛ける軽自動車「Nシリーズ」の長男的存在にして、もっとも高い人気を誇るクルマです。

そんなN-BOXの魅力は随所にありますが、今回はインパネ周辺の使い勝手をに注目しながら解説いたします。

Chapter
ホンダ 2代目N-BOXとはどんなクルマ?
ホンダ 2代目N-BOXのインパネとその周辺の基本の機能
ホンダ 2代目N-BOXのインパネの使い勝手を高める機能

ホンダ 2代目N-BOXとはどんなクルマ?

ホンダ N-BOXは、2011年に初登場し2017年にフルモデルチェンジされた、ホンダが製造販売する軽自動車です。ホンダの4輪史上最速で100万台の売り上げを達成し、日本一売れているクルマとして有名にもなりました。

発売からわずか1年後には兄弟にあたるN-BOX+が、さらにその2年後にはN-BOX SLASHも発売され、Nシリーズの中でもバリエーションが多い1台です。

大きさは軽自動車の規格ギリギリで、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mm。4WD(4輪駆動)の場合は全高が1815mmになります。現在ではそうでもないものの、発売当初は軽自動車の中でも背が高いことで話題になりました。

その背の高さを生かした車載性の高さや乗りやすさ、軽自動車特有の運転しやすさが見事にマッチして、人気に火がついたのです。

現行モデルは2代目にあたり、初代に引き続き高い人気を誇っています。

また、初代で高く評価された各種の機能はさらに向上しており、使い勝手は抜群と言うほかないでしょう。インパネ周辺の機能も大きく進化しており、ホンダがN-BOXの開発に全力を傾けていることがわかります。

ホンダ 2代目N-BOXのインパネとその周辺の基本の機能

ホンダN-BOXのインパネとその周辺の機能と使い勝手についてご紹介する前に、まずフロントシート(前席)が2タイプあることをお話しなければなりません。

N-BOXには、運転席と助手席がベンチ形状になったベンチシート仕様と、独立したスーパースライドシート仕様の2種類があります。

大きな違いは助手席のスライドの可動域で、スーパースライドシート仕様のほうが可動域が広く、シートアレンジを多彩にできるメリットがあるので、まずはこの違いでN-BOX本体を選ぶことになるでしょう。

メーター類はアナログ式のタコメータースピードメータが配置されており、メーター左側にはマルチインフォメーション・ディスプレイが搭載されています。デジタル・アナログの時計からカレンダー、天気予報やコンパスまで多彩な表示が可能なので、使い勝手が非常に良いのが特徴です。

また、ディスプレイの表示内容はステアリングで変更できるため、メーターまで手を伸ばす必要はありません。

そのほか、ステアリングにはオーディオの再生や音量調整ボタンもついています。わざわざ走行中にナビを触る必要もないため、視線がズレたり、ドライビングポジションが崩れたりすることもないほか、純正ナビとスマートフォンをBluetooth接続していればハンズフリー通話も可能です。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目N-BOXのインパネの使い勝手を高める機能

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道