N-BOXスラッシュ ダイナースタイル画像レビュー。赤い内装色はどう?

N-BOXスラッシュ画像0087

ホンダの人気軽自動車Nシリーズの最新モデルとして新発売されたのが、
ハイト系ワゴンサイズのN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)。

このN-BOXスラッシュの特徴の一つと言えば、メーカーオプションで
内装色などを変更できる事ですが、この中で一番ハデでファンキーな
デザインになっているのが、”カルフォルニア ダイナースタイル”。

私も先日この赤い色がインパクトのあるカルフォルニアダイナースタイルを
したN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)を見に行ってきたのですが、かなりハデ!

そんな”カルフォルニア ダイナー スタイル”の内装・インパネを
徹底的にレビューしていきたいと思います。

※2016年4月14日の記事です。

Chapter
Nスラッシュのダイナースタイル1:内装全体の様子
Nスラッシュのダイナースタイル2:インパネの様子
ハンドルのデザインもオシャレ

Nスラッシュのダイナースタイル1:内装全体の様子

今回新発売されたN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)の
“カルフォルニア ダイナー スタイル”の内装・インテリアの全体の様子は、
このような感じ。

シートやドア内側パネルが赤くなっており、かなりハデな印象の内装に・・・。

ディーラーさんに話を聞いたところによると、
この”カルフォルニア ダイナースタイル”はアメリカのカフェや
ハンバーガーショップの内装をイメージして開発されたようです。

このような内装・インテリアのクルマは国産車では珍しいですよね。
私も初めてN-BOXスラッシュの内装・インテリアをみた時、赤が派手すぎて
少し目がパチパチとしてしまいました。

ただ、個人的にはこのようなアメリカンスタイルのデザインは元々
好きなので、とても良いデザインだと思いました。

ちなみに比較的シンプルなデザインを好む私の妻はブラックや木目調パネルを
使用したセッションスタイルの方が好みのようでした。

Nスラッシュのダイナースタイル2:インパネの様子

また、今回新発売されたN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)のインパネは、
このようなデザインになっています。

シートやドア内側パネルの色が派手なので、インパネも派手なイメージが
ありますが、インパネだけを見るとホワイトベースで意外とスッキリとした
デザインに・・・。

ただ、インパネの下部の部分はブラックカラーになっているので、
それほどゴテゴテとした雰囲気になっていないのも好印象でした。

またホワイトカラーのインパネの中で際立っていたのが、チェッカーフラッグ模様。
シートのデザインにもマッチしたこのチェッカーフラッグ模様は、
インパクトもあってなかなか良いと思いました。

また、チェッカーフラッグ模様と同様に印象に残っているのが、
カーナビが設置される部分や送風口部分の赤いアクセントカラー。

このカーナビのスペースと送風口に付いているアクセントカラーが
オシャレでとても良かったです。

<次のページに続く>
次ページ
ハンドルのデザインもオシャレ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ