先代よりも車格が大きいのに税金が安い?!スズキ 4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)の長所をチェック!

スズキ 4代目スイフトスポーツ

2017年の発売以来、非常に人気の高いホットハッチである4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)には、具体的にどんな長所があるのでしょうか。

調べてみると、このクルマにしかない様々な長所が見えてきました。

今回は、世界でも数多くあるホットハッチの中から4代目スイフトスポーツをピックアップ。どんな長所があるのか詳しくチェックしていきましょう。

Chapter
スズキ 4代目スイフトスポーツは維持費が安い!
スズキ 4代目スイフトスポーツは走行性能も抜群!
スズキ 4代目スイフトスポーツは安全性能も優れている!

スズキ 4代目スイフトスポーツは維持費が安い!

4代目スイフトスポーツは、先代スイフトスポーツよりも維持費が安いという長所があります。

4代目から3ナンバー車に変更され車格が大きくなったため、クルマにかかる税金が高くなるのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。しかしスイフトスポーツはまったくの逆で、車重は軽く、かつエンジンは小さくなったのです。

エンジンは、先代スイフトスポーツが積んでいた1.6L 直列4気筒エンジンから0.2Lダウンサイジングした1.4L 直列4気筒ターボエンジンに変更されています。排気量だけ見ればパワーダウンしたように見えますが、ターボを搭載したため実質的な出力は4代目のほうが上。その数値は136psから140psとなっています。

また、このダウンサイジングの副産物として、車両総重量が100kgほど軽くなりました。

このエンジンのダウンサイジングの影響でクルマにかかる自動車税と重量税が先代スイフトスポーツよりも安くなり、維持費が安くなるという結果をもたらしたのです。

スズキ 4代目スイフトスポーツは走行性能も抜群!

前述のターボエンジンが発揮する出力により、抜群の走行性能を誇るスイフトスポーツ。それを支えるのは、4代目スイフトスポーツのために設計された新プラットフォーム、HEARTECT(ハーテクト)です。

「走る・曲がる・止まる」の基本性能はもちろん、車両全体の軽量化にも貢献しているほか、軽いだけではなく剛性も抜群なのも特徴的なプラットフォームなのです。

エンジン性能の高さは少しご紹介しましたが、1.4L ターボエンジンから生み出されるパワーを逃さないためのチチューニングやエクステリアデザインも注目すべきポイントでしょう。

チューニングの面では、ウエストゲートバルブにノーマルクローズ制御を採用し、ラジエーター性能も向上させました。これにより、低回転でも力強いトルクで走ることができるのです。

スイフトスポーツのエクステリアデザインは、コンピューターシミュレーションによって計算された空洞実験が活かされており、これにより空気抵抗を最大限低下させることに成功しました。

また、クルマが軽量化したことに伴うふらつきを抑えるための工夫も凝らされています。

これなら、街中でのドライブやガタ付きのある道の走行まで、さまざまな場面での活躍が期待できるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
スズキ 4代目スイフトスポーツは安全性能も優れている!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道