スズキ 4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)の乗り心地は?優れた走行性能と乗りやすさを兼ね備えた1台

スズキ 4代目スイフトスポーツ

スズキ 4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)の乗り心地について解説いたします。

スイフトスポーツは2003年に初代が発売されて以降、高い人気を誇り、2017年のフルモデルチェンジで異色の進化を遂げた1台です。

今回は、スイフトスポーツの乗り心地とそれを支える機能について詳しく見ていきましょう。

Chapter
スズキ 4代目スイフトスポーツの基本情報
スズキ 4代目スイフトスポーツの乗り心地は?
スズキ 4代目スイフトスポーツの乗り心地を支える機能

スズキ 4代目スイフトスポーツの基本情報

スズキ スイフトスポーツは2017年にフルモデルチェンジされ、5ナンバーから3ナンバーに変更された異色のスポーツモデルです。

車体全体が大きくなったものの、エンジンのダウンサイジングとチューニングにより軽量化と出力アップを達成しています。また、エンジンの排気量が小さくなったことで自動車税・重量税が先代スイフトスポーツよりも安くなっているのも特徴のひとつです。

ベースとなったスイフトよりも燃費性能は劣ってしまいます。しかし、一般的なスポーツカーやスポーツモデルほど著しい犠牲にはなっていないため、それほど気にならないでしょう。ラインナップには6速ATと6速MTがあります。

2017年の発売後、日本だけではなく海外でも高く評価されているクルマでもあるのです。

また、スズキが率先して最新装備を搭載するクルマでもあります。代表的なものに、スズキ車で初めて車線逸脱抑制機能が追加されました。

4代目にあたる現行スイフトスポーツは、歴代スイフトスポーツの中でも躍進的な進化を遂げた1台なのです。

スズキ 4代目スイフトスポーツの乗り心地は?

では、スズキ スイフトスポーツの乗り心地を詳しく見ていきましょう。

コンパクトカーの先入観として、狭くて運転しにくいという印象を持っている人も少なくありません。実際、コンパクトカーの中には乗る人の身長を選ぶものも多く、この印象はあながち間違いではありません。

しかし、スイフトスポーツの場合は普通のコンパクトカーにはない乗りやすさを持っているのです。

特筆すべきは低回転域でのトルクの太さです。ターボエンジンを搭載しているため、低回転でもしっかりしたトルクを生み出してくれます。エンジンの吹き上がりも非常に優れており、スポーツモデルらしいエンジン性能に満足できることでしょう。

また、ラインナップされている6速ATはトルクコンバータ式であり、チョイスするのに躊躇する人もいるでしょう。

しかし、シフトチェンジの時にもたつきを感じることはあまりなく、スポーツモデルらしいダイレクト感ある走りが堪能できるのも特徴です。運転席の広さも確保されおり、どんな体型の人でも乗りやすいクルマと言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
スズキ 4代目スイフトスポーツの乗り心地を支える機能

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道