藤田 ニコルが即決購入したSUV!メルセデス・ベンツ GLBってどんなクルマ?

GLB

モデルでありタレントの藤田ニコルさんが、自身のYoutubeのチャンネルにアップした動画が話題となっています。

内容は、藤田ニコルさんがメルセデス・ベンツのSUVであるGLBを購入する動画。

ディーラーを訪れた藤田ニコルさんが即購入を決めたメルセデス・ベンツのGLBとは、いったいどのようなクルマなのでしょうか?

Chapter
ちょうど良いサイズ感と絶妙な価格設定
5グレードでの展開
誰かを乗せて走るためのSUV

ちょうど良いサイズ感と絶妙な価格設定

メルセデス・ベンツのGLBが登場したのは、2019年。日本に先駆けて欧州での販売が開始され、2020年の6月にGLAクラスがフルモデルチェンジを受けるタイミングで、GLBの日本仕様が国内に導入されました。

SUVのラインナップ充実を図っているメルセデス・ベンツのラインナップの中にあって、GLBは既存モデルのGLAとGLCの真ん中に収まるサイズです。

見どころは、GLファミリーの一員らしく2-3-2掛けの最大7名乗車が可能な3列シートを搭載している点でしょう。また、販売価格も絶妙な設定です。
3列シートを搭載している他メーカーの車種と比べてみると、BMWのX5やアウディのQ7などなど本体価格だけで1000万円の大台に乗ってしまいそうな高級車ばかり。

一方で、GLBの本体価格は530万円~と、なんとほぼ半分の値段で買えてしまいます。日産のエクストレイルの3列シート搭載モデルやマツダのCX-8が300~400万円前後で購入できることを考えると、GLBは価格の面においては輸入車と国産車の中間に位置する価格設定がなされていることが分かるのではないでしょうか。

5グレードでの展開

メルセデス・ベンツのGLBは、デビュー当初こそGLB 200d・GLB 250 4MATIC Sports・AMG GLB 35 4MATICという3グレードでの展開となっていました。しかし、2021年の4月5日にGLB 180・GLB 200d 4MATICを新しくラインナップに追加。藤田ニコルさんが購入したのも、この新グレードであるGLB 200d 4MATICです。

このGLB 200d 4MATICを詳しく見ていくと、搭載されているパワートレーンは最高出力150PSを発揮する2.0Lの直列4気筒ターボチャージャー付きディーゼルエンジン。駆動方式はフルタイムの4WDであり、前輪駆動を基本としてクラッチより後輪側に駆動力を伝えるシステムが採用されています。

この方式の利点は、状況に応じて前輪/後輪にかかるトルクを適切に分配できる点でしょう。GLB 200d 4MATICには、そんな利点を生かすためにいくつかのドライブモードが採用されています。

まず基本となるエコ/コンフォートモードでは、80:20、スポーツモードでは70:30、オフロードモードになると50:50と均等に振り分けられます。

藤田ニコルさん自身がオフロードモードを使って悪路をガシガシ走行するような場面があるかは分かりませんが、GLB自体は普段使いの街乗りから凹凸の激しい悪路まで、走る道を選ばないオールラウンダーなのです。

<次のページに続く>
次ページ
誰かを乗せて走るためのSUV

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道