メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスの収納機能をチェック!高い収納機能で小さな荷物もお任せ!(5BA-247647M型)

メルセデスベンツGLB

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラス(5BA-247647M型)の収納機能について紹介します。

メルセデス・ベンツ GLBクラスは2020年に日本市場に登場したSUVです。メルセデス・ベンツの公式ホームページでは特設サイトが作られているほどの広告への力の入れ方で、それに比例するかのように高い評価を得ています。

高級車ブランドのクルマゆえに新車価格は決して安いわけではありませんが、SUV人気も相まって売れ行きは好調です。ではGLBクラスの収納機能はどうなっているのでしょうか。

Chapter
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスとはどんなクルマ?
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのフロントシート周辺の収納機能
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシート周辺の収納機能
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのラゲッジルーム周辺の収納機能
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのオプションで拡張できる収納機能

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスとはどんなクルマ?

メルセデス・ベンツ GLBクラスは、欧米市場では2019年に、日本では2020年に登場したSUVです。メルセデス・ベンツとしては9台目のSUVラインアップで、一緒に発表されたGLAクラスとGLCクラスの中間ポジションとして誕生しました。

今までラインアップされてきたSUVとしては初めて7シーターを採用したクルマで、3列シートもメルセデス・ベンツのSUVでは史上初になります。

部類としてはGLAクラスと喰いあいをしそうなほどよく似ていますが、シート数などで差別化ができているため、両者とも生き残っているのです。

GLBクラスのポイントは、メルセデス・ベンツ最高クラスのSクラスと同等の安全性能を持っていることです。

GLBクラス登場の少し前に登場したSクラスに搭載された最新の「レーダーセーフティパッケージ」を実装しているのです。

「レーンキープアシスト」などの基本性能のほかにもメルセデス・ベンツ独自の技術も採用されており、最上位グレードらしい機能と言えます。今回、GLBクラスで発表された全車種で「レーダーセーフティパッケージ」が標準装備となり、高い安全性を持った高級SUVが誕生しました。

7シーターであることもGLBクラスを語るうえで外せないポイントです。

兄弟であるGLAクラスとプラットフォームを共有しているため、クルマのサイズに大きな差はありません。しかし、ホイールベースがGLBクラスのほうが長くとられていることで7人乗りの空間を実現したのです。

ほぼ同じ規格のSUVの中でも7シーターは珍しく、自動車市場全体を見渡しても稀有な存在であることがわかります。これらの要素が相まって、GLBクラスの人気が高いのです。もちろんメルセデス・ベンツという名門ブランドゆえの強さもあることを忘れてはいけません。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのフロントシート周辺の収納機能

メルセデス・ベンツ GLBクラスのフロントシート(前席)周辺の収納機能はコンパクトにまとまっています。

基本的な装備が中心で、特にこれといった特別な機能はないものの、使い勝手の良さは抜群の配置になっています。収納機能の中には一工夫されているものもあり、従来よりもさらに使い勝手がよくなっている機能もあります。

フロントシート周辺の収納機能でもっとも注目すべきは、センターコンソールボックスです。

大きなセンターコンソールボックスはアームレストも兼ねたカバーがかけられており、外すことで大容量の収納空間が出現します。中にはUSB接続タップが設けられており、センターコンソールのトレー側では大きくて置き場所がない場合にはこちらのタップを使いましょう。

タブレットやパソコンのサイズによってはアームレストになったカバーを閉じることもできるので、運転中に邪魔になることもないでしょう。

センターコンソールトレーは常時シャッター上のカバーで隠れており、手前に引くことで出現します。中にはUSB接続タップ1口とドリンクホルダー2つ分、小さなトレーが隠れています。ドリンクホルダーはペットボトルから紙コップまで幅広く収納が可能で、深さもあるためこぼれる心配もありません。

ペンホルダーやボトルガムも収納することができ、幅広い使い方はできます。一番奥まったところにある小さなトレーはワイヤレス充電機能を備えており、ワイヤレス充電できるスマートフォンならば置いておくだけで充電が可能です。

ワイヤレス充電に対応しなくても同じスペースにあるUSB接続タップを使っての有線充電もできます。収納だけではなく利便性も高いことに注目です。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシート周辺の収納機能

メルセデス・ベンツ GLBクラスのリアシート(後席)周辺の収納機能は、2列目と3列目で変わります。

3列目はシンプルな作りをしており、ドリンクホルダーとポケットがついているものの、それ以外の機能はありません。

3列目はラゲッジルーム(荷室)の一部と考えられているためか、たたんで収納できることが前提なので、収納機能を含めて機能は必要最低限にとどめられているのです。

2列目シート周辺は機能性も抜群の収納機能が用意されています。ドアポケットにはドリンクホルダーが備え付けられており、ゆとりもあるためちょっとした小物も収納できます。シートバックポケットもついているため、地図帳やタブレットなどの厚みのないものはそちらに収納しましょう。

センターシートにあるアームレストにもドリンクホルダーがあるため使い勝手は抜群です。

しかし、2列目シートに3人が乗ってしまうと、ドリンクホルダーが足りないだけではなくアームレストを出すこともできなくなります。

この問題を解決するのがオプションで追加できるドリンクホルダーです。センターコンソール後方に取り付け可能で、7席すべてで飲み物をキープすることができます。小物収納をするには、センターシートのドリンクホルダー同様にオプションで拡張する必要があります。

「折り畳み式収納箱」を使えば多少大きな荷物でもまとめて積み込むことができるのです。折り畳み式で移動も自由なので、ラゲッジルームでも使うことができます。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのラゲッジルーム周辺の収納機能

メルセデス・ベンツ GLBクラスのラゲッジルーム周辺の収納機能は決して高いとは言えません。大前提としてラゲッジルームそのものも、3列目を出しているあいだは130L しか容量がないため、とてもではありませんが使い勝手がいいとは言えません。

そのため、3列目を折り畳んだうえで使うのが普通です。ここでお話するのは3列目シートをアレンジしたと仮定して説明します。

ラゲッジルームの収納機能は非常に高いものの、小物収納をするにはリアシート周辺の収納を拡大する「折り畳み式収納箱」を利用するといいでしょう。


小さなものをまとめて片付けることで、荷物が散らかってしまう恐れがなくなります。ラゲッジアンダーボックスには大きくはないもののスペースがあり、こちらも小物収納に使うことができます。また、ラゲッジルームの左右にはネットで区切られた部分があり、立てかけられるものは左右のポケットに入れることができるのです。

大きな荷物を積むときにも活躍するオプションがあります。「ロードコンパートメント」を使えば荷物が傾くのを防ぐことができます。空間を区切って場所を分けて使うための仕切りとしても使えるので非常に便利なアイテムです。ただし「ロードコンパートメント」を装着すると、ラゲッジルームを保護するための「ラゲッジルーム用フルトレイ」が装着できなくなってしまいます。

「ロードコンパートメント」はGLBクラスのシートアレンジとはやや相性が悪いため、7人は絶対に乗せないというオーナー以外はあまりつけるメリットもありません。自分のイメージする使い方ができるかどうかをしっかり考えましょう。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのオプションで拡張できる収納機能

メルセデス・ベンツ GLBクラスには、オプションで拡張できる収納機能があります。天井に取り付ける「ルーフキャリア」と「ルーフボックス」です。

この2つを装備していれば、収納機能は400L も増えるため、アウトドアでの利用が多い人や旅行好きはぜひつけておきましょう。

「ルーフキャリア」にはアタッチメントを使用することでロードバイクやマウンテンバイク、スキー・スノーボードの搭載も可能になります。

「ルーフボックス」は400L のタイプと450L タイプの2種類があり、必要に応じて選択できます。400L でもメルセデス・ベンツのステーションワゴンであるCクラスとほぼ同等の容量があるので、いかに大きな収納機能を持っているかがわかるでしょう。

450L であればCクラスのラゲッジルーム容量440L を超えてしまいます。必要な場合は「ルーフキャリア」とワンセットで購入しましょう。

ほかには2列目・3列目で使える「コンフォートシステム」を使うことでちょっとしたものを収納することも可能です。バリエーションは以下の3つです。

・小型フック
・ハンガー
・折りたたみテーブル

このほかにも「タブレットホルダー」もあり、タブレットを目線の位置に配置してテレビや動画の視聴ができます。大きな荷物だけではなく小さな荷物まで収納できるGLBクラスは、どんな人でも使い道もできるクルマでもあるのです。収納機能ならGLBクラスにお任せです。

メルセデス・ベンツ GLBクラスの収納機能について紹介しました。

SUVならではの大きな荷物の収納から、ドライブやちょっとした外出でも使える小物収納まで幅広く装備されていることがわかりました。ポテンシャルの高さはさすがメルセデス・ベンツというべきでしょう。

もし標準装備で収納が足りないと感じても、オプションで一部の収納を増やすこともできます。自分に合った使い方ができるようにオプションを追加する際はしっかりと検討しましょう。まずはオプションなしで使ってみてから考えてみても問題ありません。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道