高級ブランドSUVの実力は?メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの使い勝手を解説!(5BA-247647M型)

メルセデスベンツGLB

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラス(5BA-247647M型)のリアシート(後席)の使い勝手について解説します。

メルセデス・ベンツ GLBクラスは2019年に登場したばかりのSUVです。

メルセデス・ベンツが手がけたSUVとして話題になり、日本では2020年から販売が開始されました。さまざまな最新装備を搭載して登場したGLBクラスには見どころがたくさんあるので
す。

今回は、GLBクラスのリアシートの使い勝手について詳しく紹介します。

Chapter
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスとはどんなクルマ?
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの基本情報
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの便利な機能
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの座り心地は?
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートを快適にするオプション

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスとはどんなクルマ?

メルセデス・ベンツ GLBクラスは2019年に登場したばかりのクルマです。兄弟分であるGLA、GLCのあいだの位置づけとして登場し、GLAのフルモデルチェンジと同時に発表されました。日本には1年遅れの2020年に登場し、話題になりました。

全長4,650mm×全幅1,845mm×全高1,700mmという車格で、SUVのなかでは標準的なサイズになります。国産SUVと比較しても、三菱 アウトランダーや日産 エクストレイルとほぼ同じぐらいの大きさで、特別大きいなどのことは感じないでしょう。

輸入SUVとしては小さな分類に入ることもお分かりいただけると思います。コンパクトで扱いやすいことはもちろん、GLBクラスはメルセデス・ベンツの最新SUVとして申し分ないポテンシャルを持ち打あわせているのです。

排気量2.0L のガソリンエンジン3種類とディーゼルエンジン1種類がラインアップされています。どちらも直列4気筒ターボチャージャー付きエンジンで、排気量の数値よりも力強い走行を楽しむことができるのです。駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(四輪駆動)の2種類がありますが、どちらも高い走破性を誇っています。

安全性能はGLBクラス登場の少し前に発売されたばかりのSクラスの機能をそのまま有しています。

新世代インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」は、AIによる音声認識システムで、声だけでクルマにかかわるさまざまなコントロールができるようになりました。

使い勝手としてはスマートフォンの音声検索と同じです。非常に使い勝手のいいもので、Sクラスで改良されたものをそのまま搭載しています。燃費性能も非常によく、「250 4MATIC Sports」は「平成30年度排出ガス基準50%低減レベル」認定を取得しました。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの基本情報

メルセデス・ベンツ GLBクラスの大きさは先に説明したとおり、全長4,650mm×全幅1,845mm×全長1,700mmと特別大きなわけではありません。しかし、GLBクラスのシートは3列シートの7人乗りで、それでいて窮屈さを感じにくい仕様になっています。

ほかのSUVでは同じ車格でも2列シート5人乗りが限界です。3列シートでも構造上クルマを造れないことはないのですが、どうしても足回りの空間がせまくなってしまい、乗り心地が悪くなってしまうのが欠点です。しかし、そこにあえて3列シートのクルマを投入したメルセデス・ベンツの奇策は大成功し、発売当初から高い人気となりました。

3列あるリアシートですが、実際によく使うのは2列目までがほとんどでしょう。3列目はあるにはあるのですが、ラゲッジルーム(荷室)の空間をほぼ失くしており、その部分を座席に充てているからです。

実際、3列目に乗る際には2列目を前にスライドさせて乗る必要があります。乗りにくいわけではありませんが、スムーズに乗り降りできるかと言われると微妙なポイントです。2列目が3人掛けなこともあり、3列目を使うシーンはそれほど多くないでしょう。

しかし、3列目もあって困るわけではありません。大きな荷物を載せるためにラゲッジルームの容量が欲しければ3列目をダイブダウンさせればいいですし、人を乗せる場合ならそのまま乗り込めば問題ありません。

そもそも同じ車格のSUVで7人乗りができるクルマのほうが少ないので、7人乗りのみの設定であるGLBクラスがいかに特殊な存在なのかがわかるでしょう。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの便利な機能

メルセデス・ベンツ GLBクラスのリアシートには便利な機能が詰まっています。先述したとおり、標準で7人乗りのGLBクラスはシートの使い勝手が非常によく、3列目に人を乗せるときも労力をかけずに乗り降りさせることができます。

3列目は安全確保の観点から、身長168cm以下の人が乗ることを前提に作られているので、その点だけ注意が必要です。

3列目は「おまけ」の感覚が強い人もいるでしょう。国産車のミニバンで似たようなクルマにホンダ フリードがあります。フリードの3列目は折りたたむことでラゲッジルームの容量を増やすことはできますが、本当に補助的な役割のシートなのでこれといった機能はありません。

しかし、GLBクラスの3列目シートはドリンクホルダーやポケットもついており、長旅でも快適に過ごせるだけの装備がついているのです。足回りも広く、長時間同じ体勢を取らなくても、足を組み替えたり背伸びをしたりすることができます。リクライニング機能はほぼないに等しいですが、十分使い勝手を考慮されたシートと言えそうです。

2列目は3人掛けのシートで、ドリンクホルダーはもちろん、ドアポケットやセンターコンソール後部の機能を使えたりとさらに利便性が増します。

リクライニング機構もついており、シートの前後位置もスライドで調整可能という優れた機能を持っています。スライドを一番後ろにすることで足回りの空間が250mm近く生まれることは注目に値するでしょう。2列目のセンターシートにはアームレスト機能もあるので、2人で座ってくつろぐこともできます。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートの座り心地は?

メルセデス・ベンツ GLBクラスのリアシートの乗り心地はどうなのでしょうか。特に3列目は補助的な役割が強いので、特に気になる方も少なくないでしょう。

結論から言えば、3列目はやや難はあるものの座り心地が悪いとはいえない仕上がりとなっています。2列目も含めて仕上がりは非常によく、さすがメルセデス・ベンツと言った印象を受けます。

2列目シートの乗り心地は抜群に高く、8段可変式のリクライニング機構でゆったりとした姿勢で座ることもできます。室内高も高いので背が高い人でも窮屈さを感じることはないでしょう。

一般的なベンチシートではなく、4:2:4の独立可変式シートなので必要に応じて角シートで位置やリクライニングの調整ができるのも魅力的です。3列目を使わないときには一番後ろにスライドさせることで、さすがSUVといえる広さを作り出せるのです。

3列目シートは先述したとおり、身長168cm以下の人の使用をメーカー側が推奨しています。安全面での勧告で、実際のところ、室内高に反して3列目の天井はやや低く、狭さを感じる人もいるでしょう。2列目とそれほど距離がないことなどを考えると、大柄な大人は乗らないことを前提に作っていると言われても無理はありません。

しかし、7人乗りを謳っている以上、安全性能をないがしろにはできません。シートベルト位置やヘッドレスト位置は2列目と同じぐらい調整もできるので、安全面に関しては充分に配慮されているといっていいでしょう。ISOFIX対応のチャイルドシートを装着できるのも、3列目シートの強みと言えます。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのリアシートを快適にするオプション

居住性の高いメルセデス・ベンツ GLBクラスのリアシートですが、その機能をさらに高めてくれるオプションも見逃してはいけません。リアシートそのものの使い勝手も非常にいいのですが、オプション追加をすることでさらに快適な空間へと早変わりするのです。

フリップダウンタイプの「リアエンターテインメントシステム」は、2列目・3列目でもきれいな映像を楽しむことができるオプションです。使わない場合は折りたたまれて室内空間と一体化してしまうので邪魔にもなりません。「パノラミックスライディングルーフ」とは併用できませんが、小さな子どもがいたりする家庭では非常にありがたい機能と言えるでしょう。

車内スピーカーの音質を高める「ソニックデザインサウンドスウィート」とあわせれば、臨場感あふれる映画をクルマの中で楽しむこともできます。

2列目シートだけですが、センターコンソール後部に取り付け可能なドリンクホルダーを装着することで、2列目に3人分のドリンクホルダーを確保することも可能です。

通常、2列目にあるドリンクホルダーはドアポケットかセンターシートのアームレストになりますが、3人座ると1つ置き場所がありません。この問題を解決するためのオプションであり、5人家族などの家族が多い人はぜひ取り付けて、有効に活用することをおすすめします。使わない時はフタをしてインテリアのひとつとすることもできます。

メルセデス・ベンツ GLBクラスのリアシートの使い勝手について紹介してきました。

同じサイズ感のSUVと比較しても、1列シートが多いだけで使い勝手は格段によくなっています。3列目の使い方は自由自在で、倒してラゲッジルームにしたり、人を乗せたりとさまざまな使い方ができることがわかりました。

GLBクラスはまだまだ市場に出て歴史の浅いクルマです。今のままでも十分使い勝手はいいのですが、今後のマイナーチェンジや仕様変更、フルモデルチェンジでさらに使い勝手がよくなる可能性もあるので、期待に胸を膨らませて待ちましょう。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細