メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスの豊富なオプションをご紹介!(5BA-247647M型)

メルセデスベンツGLB

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラス(5BA-247647M型)の便利なオプションについて詳しく解説します。

メルセデス・ベンツ GLBクラスは2019年に市場に投入されたばかりの高級SUVです。

完全新作のクルマとして市場に投入されたにもかかわらず、発売当初から高い人気を誇っています。高い技術と歴史に基づいたクルマ作りの哲学を体現した1台とも言えます。基本性能が非常に高いGLBクラスですが、オプションを設定することでさらに便利に、ラグジュアリーにGLBをカスタマイズできるでしょう。

今回は、GLBクラスの便利なオプションについて説明します。

Chapter
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスとはどんなクルマ?
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスは標準装備だけでも便利!
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスの便利なオプションがまとまったパッケージ
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスの単体でも購入したいオプション
メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのドレスアップ関連のオプション

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスとはどんなクルマ?

メルセデス・ベンツ GLBクラスは2019年に初めて発表されたメルセデス・ベンツ初の7シーターSUVです。日本では2020年に発売が開始されましたが、人気が高く、現在でも一定数売れ続けているクルマです。

7シーターSUVといううたい文句ですが、車体はそれほど大きくありません。全長4,650mm×全幅1,845mm×全高1,700mmと、国産車で言えば日産 エクストレイルやトヨタ FJクルーザーと大差ありません。しかし、エクストレイルやFJクルーザーは5シーターです。つまり、同じようなサイズのクルマでも、中身を差別化することで新たな顧客創出に打って出たのです。

標準仕様から7シーターのSUVは意外に少なく、乗車人数が増えると車体が大きくなるのが普通でしょう。GLBクラスはあえて5シーターに一般的なボディサイズをベースにし、ラゲッジルーム(荷室)を3列目シートと共用にするというミニバンで主流の手法を採用しました。

この7シーター機構はGLBクラスの人気を支える結果につながり、メルセデス・ベンツというブランド力も相まって、発売当初から人気が高い1台なのです。

SUVですが全車4WD(4輪駆動)ではなく、FF(前輪駆動)と2タイプに分かれています。排気量が2.0L と小さく感じますが、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン共にターボチャージャーがついているため、出力・馬力面での不安はありません。

今の時代に合った環境性能を持ったクルマでもあり、ラインアップ4種類のうち「250 4MATIC Sports」は「平成30年排出ガス基準50%低減レベル」をクリアしています。快適さも走りも、環境性能も捨てない姿勢が人びとを魅了しているとも言えます。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスは標準装備だけでも便利!

メルセデス・ベンツ GLBクラスのオプション説明に入る前に注意したいのは、標準装備だけでも十分に利便性が高い点です。GLBクラス発売の少し前にフルモデルチェンジしたSクラスの技術を一部継承しており、ユーザーエクスペリエンスが高い仕様になっているからです。

メルセデス・ベンツの最高クラスと同じ装備を持っているので、いかに機能性が高いかはよくわかるでしょう。標準装備で搭載されている機能だけでも十分利便性が高いと言われる理由は、最高クラスと同等の装備を持っていることが深く関係しています。

メルセデス・ベンツが誇る音声操作システム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」は、Sクラスのフルモデルチェンジと同時に改良された最新版を搭載しています。AIによる音声認識システムを採用し、車内のどこから誰が指示を出しているのかがわかるようになっているのです。

ナビの操作はもちろん、エアコンの空調管理やクルマの走行機能変更など、幅広いことが声だけでできるようになっています。対話も自然な印象で、ただ単に機械に向かって話しかけている印象も少ないのが特徴です。

安全性能も高く、「レーダーセーフティパッケージ」も全車標準装備です。Sクラスと同等の機能を持ち合わせており、メルセデス・ベンツでも最高峰の安全技術を持っています。

ここまでの機能はラインアップされている4車種すべてで標準装備になっています。新しいクルマだからと技術の出し惜しみをせず、ユーザーの快適さを追求するメルセデス・ベンツのクルマ作り哲学がしっかりと生きていると言えるでしょう。高級SUVの名は伊達ではありません。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスの便利なオプションがまとまったパッケージ

メルセデス・ベンツ GLBには、決して多くはないもののオプションが設定されており、一部はパッケージ販売がされています。2つのオプションパッケージと価格は以下の2つです。

・GLB おすすめパッケージ【13万7,500円】
フロアマットプレミアム、ドライブレコーダー(フロント)、ETC 2.0、

タッチスクリーン保護フィルム、USBアダプタテーブル

・AMG 20インチアルミホイール&タイヤ特別セット【53万9,000円】
フロアマットプレミアム、ドライブレコーダー(フロント・リア)、ETC 2.0、

ブラックドアミラーハウジング、ドライブレコーダー付きデジタルルームミラー、

AMG 20インチアルミホイール&タイヤ特別セット

どちらのパッケージもおおむね必要な装備をラインアップしており、必要に応じて追加する方式を取れば、すべてを単体で購入するよりも格段に安く装着することができます。

必要最低限のオプションを揃えたいのであれば「GLB おすすめパッケージ」を、見た目にもこだわりたいのであれば「AMG 20インチアルミホイール&タイヤ特別セット」を選択するといいでしょう。

特に後者は単体購入よりも約31万円もお得なので、ぜひ選びたいオプションパッケージです。

なお、「AMG  20インチアルミホイール&タイヤ特別セット」は「180」には装備できません。「AMG GLB 35 4MATIC」購入ほどの予算はないが、AMGの装備は付けたいという人にはおすすめのパッケージでもあります。

クルマ本体の代金とあわせても「AMG GLB 35 4MATIC」を超えないためです。もちろん、これでもまだ装備したいオプションがあるのであれば追加料金になりますので、注意が必要です。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスの単体でも購入したいオプション

メルセデス・ベンツ GLBクラスのオプションは、パッケージ購入したほうがお得になることはわかりました。しかし、クルマの使い方次第ではパッケージ内容だけでは足りない人もいるでしょう。もちろんパッケージでしかオプションが装備できないわけではなく、単体でも購入できるので、単体購入前提で揃えるか、パッケージ+単体購入にするかをしっかり検討しましょう。

単体購入がおすすめのオプションは、利便性の高いアイテムです。SUVなのでアウトドアでの利用も想定されるGLBクラスなので、機能面を拡張できるオプションは必須とも言えます。大きな車載容量にさらに積載量を追加したい場合は「ベーシックルーフキャリア」を選びましょう。あわせて「ルーフボックス」も選択すれば400Lの収納空間が天井に出現します。ただし、「ベーシックルーフキャリア」を選択すると、解放感を得られる「パノラミックスライディングルーフ」が装着不可能になります。車載性を取るか、アウトドアでの解放感を取るかは十分検討して選びましょう。

アウトドアで大活躍する「シリコンワイパーブレード」もおすすめです。スノーワイパーブレード対応タイプなので、ウインターシーズンのアウトドアでもワイパーブレードを交換ることなく使うことができます。ほかのメーカーではスノーワイパーブレードは別ということも珍しくはないため、非常にありがたいオプションと言えるでしょう。

メルセデス・ベンツ 初代GLBクラスのドレスアップ関連のオプション

メルセデス・ベンツ GLBクラスのオプションには実用性の高いものが多い一方で、ドレスアップ関連のオプションは少なく設定されています。

見た目で主張するのではなく、あくまでも機能性重視のクルマなので仕方のない側面もありますが、少し遊びたい人からすれば物足りなく感じるかもしれません。しかし、まったくないわけではなく、ドレスアップも可能になっています。

セットになっていたアルミホイールは18インチのものから20インチのものまで計4つラインアップされており、必要に応じてインチ数を上げることもできます。

また、選ぶホイールによってデザインが異なるものもあり、一概にドレスアップができないわけではありません。「実用性を兼ねたドレスアップアップ」として捉えればいいでしょう。以下がホイールのラインアップです。

・AMG 20インチアルミホイール(マルチスポーク)
・AMG 19インチアルミホイール(5ツインスポーク)
・AMG 19インチアルミホイール(10スポーク)
・18インチアルミホイール(5ツインスポーク)

ホイールを固定するハブボルトを隠すハブキャップも、メルセデス・ベンツのトレードマークである「スリーポインテッドスター」があしらわれたものと、AMGラインデザインの2種類があります。

ドレスアップ関連のオプションとは言いにくいところもありますが、足回りのおしゃれができ、標準できなGLBクラスよりもラグジュアリーさは増します。見た目を気にするのであれば装着してもいいでしょう。

メルセデス・ベンツ GLBクラスの便利なオプションについて紹介しました。

基本性能が高いGLBクラスですが、オプションを追加することでさらに高い利便性を獲得できることがわかりました。

GLBクラスはまだ発売されたばかりの新しいクルマなので、今後の一部仕様変更やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジで大幅に機能性が変わる可能性もあります。今後のGLBクラスの動向から目が離せません。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道