ナンバープレートのひらがなの意味とは?「お」「し」「へ」「ん」が使われていない理由は?

ナンバープレート

日本のナンバープレートには、4桁の数字の前にひらがなが表示されています。

あまり知られていませんが、普通自動車や軽自動車、事業用や自家用車など車両区分や用途により、ひらがなの違いがあります。

今回はナンバープレートのひらがなの意味や、全部使われているかどうかをご紹介します。

Chapter
普通自動車に使用されているひらがなは?
軽自動車に使用されているひらがなは?
普通自動車と軽自動車のナンバーの共通点とは?
ナンバープレートに使われていないひらがなは「お」「し」「へ」「ん」

普通自動車に使用されているひらがなは?

まずはじめに、私たちの日常に身近な存在である普通自動車に使われているひらがなを用途別に見ていきましょう。

・事業車両(緑地白地):「あ・い・う・え・か・き・く・け・こ・を」10文字

・自家用車(白地緑字):「さ・す・せ・そ・た・ち・つ・て・と・な・に・ぬ・ね・の・は・ひ・ふ・ほ・ま・み・む・め・も・や・ゆ・ら・り・る・ろ」29文字

・貸渡(レンタカー)用車両(白地緑字):「れ・わ」2文字

・在留軍人用車両:「よ・E・H・K・M・T・Y」ひらがな1文字、アルファベット6文字

用途や所有する組織によってひらがなが分かれていることが分かります。

軽自動車に使用されているひらがなは?

次に、日本のクルマ社会において大きな比重を占める軽自動車に使われているひらがなを用途別にご紹介します。

・事業用車両(黒地黄字):「り・れ」2文字

・自家用車(黄地黒字):「あ・い・う・え・か・き・く・け・こ・さ・す・せ・そ・た・ち・つ・て・と・な・に・ぬ・ね・の・は・ひ・ふ・ほ・ま・み・む・め・も・や・ゆ・よ・ら・る・を」38文字

・貸渡(レンタカー)用車両(黄地黒字):「わ」1文字

・在留軍人用車両(黄地黒字):「A・B」アルファベットのみ

このように、ナンバープレートに使われているひらがなには、それぞれ車両区分や用途により違いがあります。使われているひらがなを見て用途を判断するのも面白いかも知れませんね。

<次のページに続く>
次ページ
普通自動車と軽自動車のナンバーの共通点とは?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道