世界的に有名なドライブコース「ルート66」の歴史とは?

ルート66の写真

アメリカで最も人気の高いドライブコースの一つとして知られるルート66。

ルート66は、かつてアメリカ合衆国中東部のイリノイ州シカゴと、西部のカリフォルニア州サンタモニカを結んでいた全長3,755kmの国道です。

1985年に廃線となりましたが、現在も数々の映画や小説、音楽などに登場しています。今回はそんなルート66について詳しくご紹介します。

Chapter
ルート66はなぜ作られた?
ルート66はアメリカの文化を作り上げた栄光の道!
1985年には廃線が決定!
ルート66は廃線後に「歴史的道路」として復活を遂げる!

ルート66はなぜ作られた?

20世紀初頭に自動車産業が急速に発展した当時、アメリカ西海岸は広大に広がる砂漠や山脈によって東海岸および中西部から孤立しており、長距離移動が困難でした。

そこで、オクラホマ在住の実業家サイラス・アベリー氏をはじめとするオクラホマ州とイリノイ州出身の数人のビジネスマンによって大陸間道路のアイデアが提唱され、アメリカ政府がそのアイデアを承認。そしてメイン・ストリート・オブ・アメリカの愛称のもと、1926年にイリノイ州最大の都市であるシカゴと、西部のカリフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長3,755kmの国道として国道66号線 (ルート66) が誕生しました。

ルート66のルートはゼロから作成されたのではなく、ネイティブ・アメリカンの古道であるオセージ・インディアン・トレイルが起源。このオセージ・インディアン・トレイルがさらに西のジョプリンまで整備されると、ミズーリ州道14号線と名称が変わり、そのミズーリ州道14号線をもとにルート66が整備されました。

また、ルート66の名称は「66番目に開通した国道」という順番で付けられたのではありません。アメリカの国道システムに当初から盛り込まれていた国道番号を偶数とすることと番号を60から始めることの2点に加えて、さらには「覚えやすい、言いやすい、聞きやすい」という理由から66の数字が割り当てられました。

ルート66はアメリカの文化を作り上げた栄光の道!

シカゴをスタートしサンタモニカまで至るルート66は、道中にセントルイスやタルサ、オクラホマシティ、アマリロ-サンタフェ、アルバカーキ、フラッグスタッフ、セリグマン、キングマン、オートマン、といった数々の都市を経由。

開通以降はアメリカの大動脈としてアメリカの発展に貢献し、終日トラック輸送やバカンスに向かう車が見られ、沿道はモーテルやレストランが立ち並んでいました。

そして1940年にピューリッツァー賞を受賞した小説を題材とする怒りの葡萄をジョン・フォード監督が映画化して以降、ルート66は世界中で知られる道路に。また、ジョン・フォード監督は、ルート66をマザーロードと呼んだことから、マザーロードという呼称はいまでもルート66の主流の呼び名として定着しています。

その他にもマクドナルドの第一号店がルート66の沿道に開店し、そこからファーストフード産業が全土に広がっていったといわれるなど、ルート66は単なる道路としての役割だけでなく、まさにアメリカ文化を作り上げてきた名道路です。

<次のページに続く>
次ページ
1985年には廃線が決定!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道