アウディ 3代目TTクーペ(3BA-FVDKZ/3BA-FVDKTF型)の多彩なオプションやアクセサリーに注目! その魅力とは?

アウディ 3代目TTクーペ

1998年に誕生したアウディ TTは、本質を追求した無駄のないデザインと卓越した走行性能で、当時のスポーツカーの定義に革新をもたらしました。

アウディ 3代目TTクーペにもピュアスポーツカーとしてのアイデンティティが脈々と受け継がれています。

伝統を踏襲しながらも、先進の技術を惜しみなく投入したアウディ 3代目TTクーペは注目すべき現代のスポーツカーです。今回は、その魅力と便利なオプションについてご紹介します。

Chapter
アウディ 3代目TTクーペの魅力とは?
アウディ 3代目TTクーペの便利なオプションは、自動配光のライトやサウンドシステムなど様々
アウディ 3代目TTクーペのお得なパッケージオプションと純正アクセサリーもチェック!

アウディ 3代目TTクーペの魅力とは?

アウディ 3代目TTクーペの魅力として挙げられるのは、パワフルで安定感のある走行性能です。動力の要となるエンジンは、2.0L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャーを搭載、力強さだけでなく高効率を両立させて低燃費化に貢献しています。

エンジンスペックはグレードによって異なりますが、FWD(前輪駆動)の「40 TFSI」最高出力145kW(197PS)/4,350~6,000rpm、最大トルク320Nm(32.6kgm)/1,500~4,200rpm、燃費13.7km/L(WLTCモード燃費)となっています。

4WD(4輪駆動)の「45 TFSI クアトロ」最高出力180kW(245PS)/5,000~6,700rpm、最大トルク370Nm(37.7kgm)/1,600~4,300rpm、燃費12.5km/L(WLTCモード燃費)です。

ボディにはアルミニウムを効果的に使用して、軽量化と共に剛性を向上、走行シーンや好みに応じてクルマの特性を自在に選択できるアウディドライブセレクトと相まって、快適性重視の走りからスポーティでダイレクトな走りまで、幅広い走行特性を楽しめます。

トランスミッションには7速Sトロニックを搭載、エンジンのポテンシャルを最大限に引き出し、FWD車もしくは4WD車のそれぞれに適切に配分されたパワーとトルクを伝えます。ダイレクトな変速を可能にして、ストレスのない快適なドライブを実現しています。

最新のインフォテイメントシステムが搭載されているバーチャルコックピットは、ドライバーに必要な情報を高解像度12.3インチ液晶ディスプレイに集約しています。ステアリングホイールのマルチファンクションスイッチでクラシカルとプログレッシブの2つの表示を選択可能です。

アウディ 3代目TTクーペの便利なオプションは、自動配光のライトやサウンドシステムなど様々

アウディ 3代目TTクーペには装備をより充実させる便利なオプションが用意されています。

エクステリア(外装)のオプションとして、マトリクスLEDヘッドライトがあります。マトリクスLEDヘッドライトは、カメラシステムにLED光源を組み合わせた革新のテクノロジーを搭載、配光のアダプティブコントロールを実現しています。

システムが周りのクルマを検知すると、対象となるクルマの現在位置エリアだけを暗く照らし、それ以外の場所はハイビームモードで照射します。

ヘッドライトが適切に変化して、個々のライトパターンの切り替えや、対向車が通り過ぎる際に光のコントロールなどを可能にしています。フロントとリヤのダイナミックターンインディケーターが特徴的なシグナルを発します。

インテリア(内装)のオプションでは、走りをより楽しめるSスポーツシートや、ステンレス製ペダルカバーが足元をスポーティに演出するエクステンデッドアルミニウムルックインテリアで、統一感のある室内を演出します。

ドライブをより楽しくするBang&Olufsenサウンドシステムは、センタースピーカーとドアに配したバススピーカーを含む計12個の高性能ラウドスピーカーで構成され、迫力のサラウンドサウンドを再現します。

総出力680Wを誇る4チャンネルアンプと5.1サラウンドサウンドの再生を、 MMIナビゲーションで気軽に操作可能できる便利なオプションです。

<次のページに続く>
次ページ
アウディ 3代目TTクーペのお得なパッケージオプションと純正アクセサリーもチェック!