アウディ 2代目A3スポーツバック(DBA-8VCXS/ABA-8VCZPF型)のグレードを徹底比較!パワフルなエンジンを搭載したモデルラインアップ!

アウディ 2代目A3スポーツバック

今回はアウディ 2代目A3スポーツバック(DBA-8VCXS/ABA-8VCZPF型)のグレードを紹介します。A3スポーツバックには、アウディが新開発したTFSI®︎エンジンが搭載されており、高出力と低燃費を両立しています。

その他にも、先進の安全装備やインテリアカラーのバリエーションも充実するなど、魅力いっぱいの1台です。そんなA3スポーツバックにはどのようなグレードが設定されているのでしょうか。

Chapter
アウディ 2代目A3スポーツバック 30 TFSI 【価格:304万円】
アウディ 2代目A3スポーツバック 30 TFSI sport 【価格:342万円】
アウディ 2代目A3スポーツバック 40 TFSI quattro 【価格:415万円】
アウディ 2代目A3スポーツバック 40 TFSI quattro sport 【価格:446万円】

アウディ 2代目A3スポーツバック 30 TFSI 【価格:304万円】

「30 TFSI」はアウディ 2代目A3スポーツバックのベースグレードです。

駆動方式はFWD(前輪駆動)で、エンジンには低回転域からゆとりある走りを愉しめる1.4L TFSIエンジンが搭載されており、最高出力は90kW(122PS)/5,000〜6,000rpm、最大トルクは200Nm(20.4kgm)/1,400〜4,000rpmを誇っています。

「30 TFSI」はベースグレードですが、LEDヘッドライトやフロントシート(前席)の手動高さ調節機能、12個のマルチファンクションボタンが備わったステアリングホイールなど、多くの装備が標準装備されています。

さらに、走行中に前走車との衝突の危険がある際に警告やブレーキング操作を行うアウディプレセンスフロントや各種エアバッグも標準装備しており、安全性も抜群です。

また、ラゲッジルーム(荷室)容量は380Lと、大容量のスペースが確保されています。

燃費はJC08モードで19.5km/L、価格は330万円となっています。

アウディ 2代目A3スポーツバック 30 TFSI sport 【価格:342万円】

「30 TFSI sport」は「30 TFSI」の上位グレードで、「30 TFSI」よりも装備を充実させた1台となっています。

「30 TFSI sport」のエンジンには、「30 TFSI」と同じ1.4L TFSIエンジンが搭載されています。最高出力や最大トルクは変わりませんが、「30 TFSI sport」には、よりスポーティな装備が標準で備わっており、また違う乗り味に仕上がっています。

フロントシート(前席)にはスポーツシートが採用されています。シートは電動調整機能やランバーサポート付で、シートポジションを自由に調整可能です。また、シートヒーターも標準装備されているため、寒い時期にも快適さを保てます。

ステアリングホイールにはパドルシフトが標準装備されています。パドルシフトを使えば、マニュアル感覚のスポーティな走りも愉しめます。

燃費はJC08モードで19.5km/Lと、「30 TFSI」と同様の数値となっています。

価格は363万円で、「30 TFSI」よりも38万円高く設定されています。

<次のページに続く>
次ページ
アウディ 2代目A3スポーツバック 40 TFSI quattro 【価格:415万円】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道