サンルーフとムーンルーフの違いって何?査定額はUPする?

サンルーフ・ムーンルーフ

多くの車種でメーカーオプションとして設定されているサンルーフやムーンルーフ。

オープンカーに憧れはあっても自家用車をオープンカーにすることに抵抗がある方は、サンルーフやムーンルーフがおすすめです。

そんなサンルーフとムーンルーフにはどのような違いがあるのでしょうか。今回はサンルーフとムーンルーフの違いから、メリット・デメリットについても解説iいたします。

Chapter
サンルーフとムーンルーフの違いは?
サンルーフ・ムーンルーフのメリットは?付いてると売却時に影響が!
サンルーフ・ムーンルーフのデメリットって何?

サンルーフとムーンルーフの違いは?

サンルーフとは、クルマの天井に装備されるガラス窓や天井が開く装置のことです日本初のサンルーフは、1977年にトヨタから発売されたトヨタ セリカに装備されていた手動式サンルーフであると言われています。

サンルーフには、スライドドアのようにスライドすることで開くタイプやサンルーフの後方が少し斜めになることで開くチルトアップと呼ばれるタイプなどがあります。また天井の可動部を覆う素材としても、ガラス板が嵌め込まれているもの、ボディと同じ金属製の天井が稼働するものや防水の布が稼働するものなどがあります。

では、ムーンルーフとはどのようなものなのでしょう。

実はムーンルーフとサンルーフには違いがなく、同じものを指しているのです。

トヨタ  セリカに装備されたサンルーフが日本初のサンルーフであると上述しましたが、他メーカーもサンルーフの販売を始めたことで、差別化を図るために天井の可動部がガラス製のものをムーンルーフと呼び始めたようです

現在ではスカイフィールドトップやパノラマルーフ、パノラミックガラスルーフなど、メーカー各社がそれぞれの特徴を生かした名称で販売しています。

サンルーフ・ムーンルーフのメリットは?付いてると売却時に影響が!

サンルーフ・ムーンルーフのメリットはいくつかありますが、なんと言っても開放感が1番のメリットでしょう

天井を開くことで車内が格段に明るくだけでなく、外の空気も車内に入り込み、オープンカーとは違った開放感を与えてくれます。天井がガラス製のガラスルーフであれば、サンシェードを開くことで雨の日にも少し晴れやかな気分にしてくれます。

また、チルトアップ機能を使うことで冬場にも寒さを感じずに換気を行えます。

2つ目のメリットは査定額がUPすることです。

サンルーフ・ムーンルーフはメーカーオプションで設定されている装備であり、価格としても10万円前後で設定されていることが多いです。サンルーフ・ムーンルーフは新車購入時にしか装備できず、後付けができないため、中古車市場で装備されているクルマを探すのは困難となっています。

そのような理由もあり、サンルーフ・ムーンルーフが装備されているクルマは買取時の査定額もUPする傾向にある上、値崩れもしにくいです。

サンルーフ・ムーンルーフが設定されているクルマを購入する際には、装備しておいた方が売却時に得するかもしれません。

<次のページに続く>
次ページ
サンルーフ・ムーンルーフのデメリットって何?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道