サンルーフから子供が顔を出して危ない!気をつけるべき注意点

サンルーフは見た目も良く、天気がいい日に開けると爽やかな気分になり気持ちがいいです。しかし、サンルーフのクルマに子供が同乗する際は要注意。誤った使い方をすると、極めて重大な事故が起きる可能性もあります。

文・PBKK

Chapter
対向車や歩行者と接触する危険がある
サンルーフから体を出すとどうなる?
子供をサンルーフ付きのクルマに乗せるときには

対向車や歩行者と接触する危険がある

車 顔を出す

サンルーフに限らず、「車外に手足や頭を出すことは危険」という認識は皆さんしているでしょう。では、なぜそのような行為が危険なのか、一度改めて考えてみます。

まず、座席の窓から手を出してみたときケース。日本国内で走行する場合、運転席とその後ろの後部座席から手を出すと、対向車と接触する危険があります。窓から出した手が対向車と接触した場合、指先のケガはもちろんのこと、最悪の場合には腕を欠損するよう大事故の危険性も。

自分の車と対向車のスピードが足し合わされるので、運転席側の窓を開けて手足を出すことは、かなり危険度が高いことがわかります。

助手席側とその後ろの後部座席の場合、電信柱やガードレールなどの障害物と手が接触する危険性や、歩行者と接触する危険性があります。道路脇の設置物と接触すると、重大なケガにつながるのは容易に想像できるでしょう。

歩行者と接触してしまった場合には、自分だけでなく歩行者にケガをさせてしまう可能性も。状況によっては相手への傷害という、刑事事件になりかねません。

サンルーフから体を出すとどうなる?

サンルーフ

一般道路を走行しているときには、サンルーフと距離が近い障害物等はほとんど見受けられません。そのため、サンルーフから体を乗り出しても、一見問題なさそうに思います。しかし、忘れてはならないのが「トンネル」と「車高制限の高架」の存在。

つい忘れてしまいそうなこれらの存在が、サンルーフから体を出した時に極めて危険な障害物となります。サンルーフから体を出す場合、おそらく大半のケースは顔を出してしまうでしょう。そのため何かと接触してしまった際に、死亡事故につながってしまうので、窓から手足を出すよりも危険性が高くなるのです。

2013年山口県において、6歳の子供がサンルーフから顔を出して線路高架下のガードパイプに衝突した事故がありました。また詳細な年月日は不明ですが、同じようにサンルーフから顔を出した子供がトンネルを通過した際に挟まれてしまったという悲惨な事故もありました。

次ページ
子供をサンルーフ付きのクルマに乗せるときには