グレードはセダンだけで9種類も!!メルセデス・ベンツ Eクラスのグレードの違いをプロが解説

W213 メルセデス・ベンツ Eクラス 後期

現行型Eクラスは、ガソリンやディーゼルに加えて、セダンではガソリンハイブリッドやディーゼルハイブリッドも設定されており、多彩なパワートレインがラインナップされています。

ここでは最もバリエーション豊かなセダンにスポットをあてて、各グレードの特色を見てみましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
現行型Eクラスのエントリーモデル「E200スポーツ」は769万円から
現行型Eクラスの4WD仕様「E200 4MATICスポーツ」は794万円から
2Lディーゼルターボエンジンを搭載する「E220 dスポーツ」は793万円から
258馬力のターボエンジンを搭載する「E300スポーツ」は910万円から
2Lガソリンターボエンジンのハイブリッド「E350 eスポーツ」は895万円
日本唯一のディーゼルハイブリッド「E350 deスポーツ」は918万円
現行型Eクラスで唯一のエレガントなエクステリアをもつ「E450 4MATICエクスクルーシブ」は1,144万円から
AMGのエントリーモデル「AMG E53 4MATIC+」は1,259万円
トップパフォーマンスモデルである「AMG E63 S 4MATIC+」は1,867万円から

現行型Eクラスのエントリーモデル「E200スポーツ」は769万円から

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:1,496cc 直列4気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:184ps/5,800〜6,100rpm
最大トルク:280Nm/3,000~4,000rpm
0-100km/h加速:7.5秒

1.5L直列4気筒ターボエンジン+9速ATに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と48V電気システムを組み合わせたマイルドハイブリッドで、セダンで13.1km/Lの燃費を実現しています。

グレード名に「スポーツ」が付くように、AMGスタリングパッケージや19インチサイズのAMG5ツインスポークアルミホイール、アジリティコントロール・サスペンションといったアイテムが標準装備され、スポーティなルックスと走りが演出されています。

車両本体価格はセダンが769万円、ステーションワゴンが810万円です。

現行型Eクラスの4WD仕様「E200 4MATICスポーツ」は794万円から

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,460mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:1,496cc 直列4気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:184ps/5,800〜6,100rpm
最大トルク:280Nm/3,000~4,000rpm
0-100km/h加速:7.6秒

E200スポーツの4WD仕様で、車両価格は「E200スポーツ」の25〜27万円高となる794万円(セダン)、837万円(ステーションワゴン)です。

パワートレインや内外装の仕様、各種標準装備品は基本的にE200スポーツと同じです。

WLTCモード燃費はセダンで12.3km/Lとなっています。

2Lディーゼルターボエンジンを搭載する「E220 dスポーツ」は793万円から

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:1,949cc 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
最高出力:194ps/3,800rpm
最大トルク:400Nm/1,600~2,800rpm
0-100km/h加速:7.3秒

2L直列4気筒ディーゼルターボエンジン+9速ATを搭載するグレードです。ディーゼルターボならではのトルクフルな走りを実現しつつ、16.8km/LのWLTCモード燃費(セダン)を実現しています。

内外装の仕立てや装備内容は基本的に「E200スポーツ」と共通となっています。

車両本体価格はセダンが793万円、ステーションワゴンが831万円です。

258馬力のターボエンジンを搭載する「E300スポーツ」は910万円から

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:1,991cc 直列4気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:258ps/5,800〜6,100rpm
最大トルク:370Nm/1,800~4,000rpm
0-100km/h加速:6.2秒

「E200スポーツ」などと同様にAMGスタイリングパッケージを装着していますが、19インチホイールはAMG10スポークデザインとなるほか、AMGスポーツステアリングやステンレスペダルといったアイテムが標準装備され、エアサスペンションのAIR BODY CONTROLが搭載されています。

車両本体価格はセダンが910万円、ステーションワゴンが953万円です。

2Lガソリンターボエンジンのハイブリッド「E350 eスポーツ」は895万円

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:1,991cc 直列4気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:211ps/5,500rpm
最大トルク:350Nm/1,600~4,000rpm
0-100km/h加速:5.7秒
トランスミッション:9速AT

2L直列4気筒ガソリンターボエンジン+9速ATに、最高出力122ps、最大トルク440Nmを発するモーターを組み合わせるハイブリッドで、システム総合で最高出力320ps、最大トルク700Nmを実現。

パワフルな走りを実現するとともに、電気モーターだけによる最高51kmのゼロエミッション走行が可能となっています。

内外装の仕上げや各種装備内容の基本はE300スポーツと共通ですが、19インチホイールはE200スポーツなどと同じAMG5ツインスポークデザインが標準となります。

このグレードはセダンのみの設定で、車両本体価格は895万円です。

日本唯一のディーゼルハイブリッド「E350 deスポーツ」は918万円

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:1,949cc 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
最高出力:194ps/3,800rpm
最大トルク:400Nm/1,600~2,800rpm
0-100km/h加速:5.9秒

「E220 dスポーツ」に搭載しているのと同じディーゼルターボ+9速ATに、「E350 eスポーツ」に搭載しているのと同じモーターを組み合わせた、乗用車では日本唯一のディーゼルハイブリッドを採用しているのが「E350 deスポーツ」です。

システム総合で最高出力306ps、最大トルク700Nmを発揮し、パワフルな走りと高水準の燃費・環境性能を両立しています。

モーターのみで走行可能な航続距離は590kmです。

内外装の仕立てや各種装備内容の基本はE350 eスポーツと同じですが、ホイールは18インチの5スポークデザインが標準となります。

このグレードもセダンのみの設定で、車両本体価格は918万円です。

現行型Eクラスで唯一のエレガントなエクステリアをもつ「E450 4MATICエクスクルーシブ」は1,144万円から

ボディサイズ:全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:2,996cc 直列6気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:367ps/5,500〜6,100rpm
最大トルク:500Nm/1,600~4,500rpm
0-100km/h加速:5.0秒

3Lガソリンターボエンジン+9速ATに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と48V電気システムを組み合わせたマイルドハイブリッドパワートレインを搭載する4輪駆動モデルです。

エレガントなテイストのエクステリアを採用しているのも特徴で、フロントグリルは横桟基調のデザインで、ホイールは18インチのマルチスポークデザインを採用しています。

装備面ではヘッドアップディスプレイやナッパレザーの本革シート(前後席ヒーター付き)、ドアクロージングサポーターが標準装備されるなど、豪華な内容となっています。

車両本体価格セダンが1,144万円、ステーションワゴンが1,203万円です。

AMGのエントリーモデル「AMG E53 4MATIC+」は1,259万円

ボディサイズ:全長4,955mm×全幅1,850mm×全高1,450mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:2,996cc 直列6気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:435ps/6,100rpm
最大トルク:520Nm/1,800~5,800rpm
0-100km/h加速:4.5秒

3L直列6気筒ターボエンジンに、ISGと48V電気システムを組み合わせたマイルドハイブリッドパワートレインを搭載しています。

AMG専用仕立ての9速ATであるAMGスピードシフトTCTや、パフォーマンス志向の4輪駆動システムである4MATIC+が搭載され、ダイナミックな走りを実現しています。

内外装は専用デザインとなり、装備内容も充実。

ホイールはハイグロスブラックの20インチAMGマルチスポーツデザインが標準装着されます。

車両本体価格セダンが1,259万円、ステーションワゴンが1,288万円です。

トップパフォーマンスモデルである「AMG E63 S 4MATIC+」は1,867万円から

ボディサイズ:全長4,980mm×全幅1,905mm×全高1,460mm
ホイールベース:2,940mm
エンジン種類:3,982cc V型8気筒DOHCガソリンツインターボ
最高出力:612ps/5,750〜6,500rpm
最大トルク:850Nm/2,500~4,500rpm
0-100km/h加速:3.4秒

現行型Eクラスのトップに君臨するモデルです。

4LV型8気筒ツインターボエンジンに、AMGスピードシフトMCT、4MATIC+を組み合わせ、AMGダイナミックエンジンマウントや電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフを搭載。

セダンで3.4秒の0-100km/h加速をマークするなど、スーパースポーツカーに劣らない高水準の実力を備えています。

フロントスポイラーやサイドスカート、リヤスポイラーといったエクステリアパーツは専用で、AMGパフォーマンスエグゾーストシステムやAMG強化ブレーキシステムなどを標準装備しています。

AMGカーボンセラミックブレーキがオプションで選べるのもこのグレードの特徴です。

車両本体価格セダンが1,867万円、ステーションワゴンが1,912万円です。

セダンを中心に各グレードの違いを見てきましたが、好みやライフスタイルに合わせやすいように多彩なバリエーションを展開しており、Eクラスがメルセデス・ベンツの主力車種であることを物語っています。

ステーションワゴンの場合は「E350 eスポーツ」と「E350 deスポーツ」が設定されていない代わりに、派生クロスオーバーモデルとして2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する「E220 d オールテレイン(938万円)」が用意されています。

E220 dオールテレインは140mm確保された最低地上高に加えて、専用デザインの前後アンダーガードなどを採用するなど、SUVの走破性やデザインテイストをプラスした個性的なモデルとなっています。

また、Eクラスのクーペおよびカブリオレには、それぞれ下記の4グレードをラインナップしています。

E200スポーツ(クーペ832万円/カブリオレ871万円)
E300スポーツ(クーペ919万円/カブリオレ956万円)
E450 4MATICスポーツ(クーペ1,167万円/カブリオレ1,226万円)
AMG E53 4MATIC+(クーペ1,305万円/カブリオレ1,364万円)

どんな要望にも応えうるよう、様々なバリエーションでEクラスが用意されています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ