Eクラス、5シリーズ、A6…なぜ、Eセグメントと言われる車は少ないのか?

ベンツ Eクラス

クルマのクラス分けをするのに使われる「セグメント」。ことさら「Cセグメント」は激戦区、とよく言われています。ところが、「Eセグメント」クラスの車種が非常に少なくなっているようです。

Chapter
そもそも「セグメント」って?
セグメントの種類
Eセグメントの苦悩…
環境意識がもちこんだパラダイムシフト

そもそも「セグメント」って?

今更ではありますがEセグメントに触れる前に「セグメント」、というワードを紐解いてみたいと思います。日本車の世界ではあまり親しみのないワードですよね。

「segment」は「部分、断片、分割」などの意味。クルマの分野で使う「クラス、車格」という意味と取ればよいでしょうか。もとより欧州は階級社会であり、クルマに関してもこうした「格付け」をしてわかりやすくカテゴリ分けしているといえます。

日本車では排気量や雰囲気で「なんとなく暗黙のクラス分け」がされています。それもなんだか日本らしいな、と感ずるところ。しかし欧州は前述のように、パキンと格付けをしてしまう。ここが文化の違いといえるでしょうね。

しかし、ユーザーからすると数多ある車種の中から選択するときに「わかりやすい基準」であるといえますし、合理的なのかもしれませんね。

セグメントの種類

ご存じのように「セグメント」はA~Lまであります。Eセグメントの次が「Lセグメント」とアルファベットを飛ばしているのは「LUXURY」のLをとっているといわれています。つまり、Lセグメントはトップグレードという理解ですね。

A 3.7m以下      超小型車(VW UP!、SMART、FIAT 500他)
B 3.7m~4.2m   コンパクトカー(VW POLO、MINI、AUDI A1)
C 4.2m~4.5m   大きめのコンパクトカー(VWゴルフ、BMW1シリーズ、ベンツ A・Bクラス他)
D 4.5m~4.8m  小型セダンクラス(BMW 3シリーズ、ベンツ Cクラス、AUDI A4等)
E 4.8m~5.0m 中大型セダンクラス(BMW 5シリーズ、ベンツ Eクラス、AUDI A6のみ)
L 5.0m以上       大型セダンクラス(BMW 7シリーズ、ベンツ Sクラス、AUDI A8等)

ざっくり表記するとこんな形でしょうか。最激戦区はVWゴルフやベンツのA・BクラスのいるCセグメント、といえます。車格、価格、性能のバランスが取れており、また市場ニーズも大きい事からも激戦区になっているといえますね。

そしてLセグメントは「無差別級」であり、価格も1000万円~がごろごろいるクラス。各メーカーが最新技術を奢ったフラッグシップマシンを投入しており、庶民には縁遠いながらも世界的に注目を浴びるクラスでもあり、一定のニーズもあります。

さて、ようやく今回話題にする「Eセグメント」について触れますが、あまり元気がないといえるクラスなのです…。

<次のページに続く>
次ページ
Eセグメントの苦悩…