中古で買える国産ワゴンのおすすめランキング15選【自動車目利き人が厳選】

スバル レヴォーグ _2020

「車種が多すぎて、どんな基準で買ったら良いのかわからない」「見た目優先で選んでしまうと失敗しそう」「プロがおすすめする国産ワゴンを中古で買いたい」などなど、アタマを悩ませている方々に向けて、これまで何百車種と乗ってきた自動車ジャーナリストたちが、おすすめする国産ステーションワゴンを厳選してお届けします。

国産ステーションワゴンが欲しいけど、車種選びで迷っている、まだどんな車種を買ったら良いのかわからないという方は、愛車選びの参考にしていただければと思います。

文・三好 秀昌/松田 秀士/小鮒 康一/まるも 亜希子/斎藤 聡

【目利き人】小鮒 康一氏が選ぶ!国産ステーションワゴンのおすすめトップ3

水平対向6気筒を積んだ万能ワゴンはいまが狙い目。スバル レガシィアウトバック

元祖俊足ワゴンとして知られるレオーネツーリングワゴンの後を継いで登場したレガシィツーリングワゴン。現在ではその主戦場を北米市場に置き換え、日本向けには新たにレヴォーグが投入されているのは皆さんもご存知の通り。

日本で乗るのであれば大きすぎないレヴォーグも非常に魅力的なモデルではありますが、個人的には今だからこそ乗っておきたいモデルとして5代目レガシィ(BR系)のアウトバックに設定されていた3.6リッターエンジンを搭載したモデルをピックアップします。

このモデルは、水平対向6気筒のEZ36型を搭載したもので、現段階では水平対向6気筒エンジンを搭載して日本で販売された最後のモデル。

また3.6リッターの水平対向6気筒エンジンは、あのポルシェ911と同じ。ですが、このアウトバックであれば、ポルシェの1/10ほどの価格で狙うことができてしまいます。

もちろんポルシェのような切れ味鋭いスポーツカーではありませんが、余裕の排気量とスバルが誇るシンメトリカルAWDによってロングツーリングはお手の物。アイサイトが付いたグレードであれば、アダプティブクルーズコントロールを活用してどこまでも走って行けるような安心感を味わうことができるのです。

タマ数が少ないことが唯一の難点ですが、一世代前の3.0リッターモデルのようなプレミア価格となっているわけでもないので、いまが狙い目ではないでしょうか。

MTも選べるフラッグシップモデル。マツダ アテンザ ワゴン(最終型)

欧州車では、上級車種においてもセダンとステーションワゴンが設定されることが一般的です。日本でも過去にはクラウンやセドリック/グロリアにステーションワゴンが設定されていた時代もありましたが、現在では上級セダンをベースとしたステーションワゴンがラインナップされることは少なくなってきました。

そんななか、フラッグシップモデルにセダンとワゴンをラインナップしているのがマツダです。

現在ではアテンザからMAZDA6と名前を変えたモデルですが、マツダのフラッグシップセダン&ワゴンとしてその座を守り続けています。

かつてのミドルクラスのカペラの血統を受け継ぐモデルということになりますが、ボディサイズはトヨタ クラウンに匹敵する堂々としたものですし、本革シートが設定されるなど、内外装もフラッグシップモデルにふさわしいものとなっており、もはやカペラの面影はゼロと言えるでしょう。

そんなアテンザワゴンの特徴のひとつとして、トルクフルな2.2リッターディーゼルターボエンジンが選べること、そしてそこに組み合わされるミッションに6速MTが用意されているという点です。

走る楽しさを体感したい人は3ペダルMTに拘る人も少なくないと思いますが、なかなかフラッグシップモデルともなるとMTの設定がないのが一般的。しかしアテンザでは自らが変速する喜びが残されているという点が他車と異なる点と言えるでしょう。

欧州テイストの色濃いステーションワゴン。トヨタ アベンシスワゴン(最終型)

ステーションワゴンの本場とも言えるのが欧州で、欧州メーカーのモデルには多くの車種でステーションワゴンのボディバリエーションを持ち合わせていることをご存知の方も多いことでしょう。

さらに高いアベレージスピードを誇る高速道路から石畳のような荒れた路面まで、さまざまな路面状況にも対応できるクルマづくりが求められることから、現在にいたるまで欧州車はクルマづくりのひとつの指標となっているというワケなのです。

そんな欧州市場をターゲットに生まれたのが、トヨタ アベンシスでした。

日本のコロナの流れを組む車種ではありましたが、初代モデルは欧州専売モデルということもあり、シャシー性能から足回りまで欧州市場で戦えるように作られており、現地では多くのライバル車と対等に渡り合う実力を持ち合わせていました。

2代目モデルからは日本でも販売が開始されますが、英国で生産されたモデルを輸入するという方法が取られており、法規対応を中心とした改良がなされた以外はほとんど欧州仕様のままの味付けで、地味ながら通好みのモデルとなっていたのです。

2代目の販売終了後、しばらくアベンシスの販売は途切れていましたが、2011年に3代目モデルの輸入が再開。このときはセダンは導入されず、ステーションワゴンのみのラインナップとなりました。

当時すでにステーションワゴン人気が下火になっていたこともあり、街中で見かけることも少ない3代目アベンシスワゴンではありますが、初代から続く欧州テイストのモデルとして他のトヨタ車とは一線を画す乗り味が魅力の1台となっています。

<次のページに続く>
次ページ
【目利き人】まるも亜希子さんが選ぶ!おすすめトップ3…スバル、トヨタ、ホンダ

三好 秀昌|みよし ひであき

自動車評論家/ラリードライバー。

日本大学芸術学部写真学科卒業後、某出版社の契約カメラマンとして活躍するかたわら、試乗記事を国内ラリーに参戦。同時に某出版社で試乗記事も執筆するようになる。
国内でラリーの魅力に目覚め、1989年から渡英。同年よりイギリス国内選手権に三菱 ギャラン VR-4を駆って参戦。1991年には、イギリス国内選手権で年間2位の成績を収め、翌年からヨーロッパラリー選手権にステップアップ。当時のライバルには、故コリン・マクレーやトミ・マキネンなどがいた。また、この時期は自身のラリー活動と並行して、WRCに参戦する三菱ラリーアート・ジャパンのチームマネージャーも務めていた。
1995年からは、スバル インプレッサにマシンをスイッチしてWRCに参戦。1995-1996年サファリラリーグループNクラス優勝(※1995年はケニア国内選手権)を遂げ、スバルのサファリラリークラス7連覇に貢献した。
1999年のWRCサファリ参戦後、しばらく活動を休止していたが、2003年に全日本ラリー選手権2輪駆動部門に前年にデビューしたフェアレディZ(Z33)でエントリー。ターマックステージ中心の活動だったが、S30時代を彷彿とさせるカラーリングでも注目を集めた。
2007年になるとアフリカ大陸で開催されるFIAアフリカ選手権に、三菱 ランサーエボリューションで参戦。。翌2008年には、年間チャンピオンを獲得している。
などなど、華々しい経歴を持つ自動車評論家。豊富な経験による的確なドライビングと分析で、数々の自動車媒体に寄稿するかたわら、雪上ドライビングのインストラクターなども務めている。

三好 秀昌

松田 秀士|まつだ ひでし

モータージャーナリスト/レーシングドライバー

INDY500やル・マン24時間など豊富な海外レース経験と、スーパーGT選手権では100戦以上出場経験者に与えられるグレーデッドドライバーとしても表彰されている。自身が提唱する「スローエイジング」により、66歳のいまも現役のプロレーサーとして活躍中。執筆は、レース経験やメカニズム知見をもとにした幅広い知識による、分かりやすい文章表現を心がけている。昨年、中高齢者のための安全運転指南書「安全運転寿命を延ばすレッスン」(小学館)を刊行。浄土真宗本願寺派 僧侶、BOSCH認定 CDRアナリスト、日本カー・オブ・ザ・イヤー/ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

松田 秀士

小鮒 康一|こぶな こういち

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。
国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とするが、実は現行車へのチェックも欠かさない。また、中古車販売店に勤務していた経験も活かし、中古車系の媒体でも活動中。現行車を所持しながらも、NAロードスターも手放さないオールマイティな車愛が持ち味。

小鮒 康一

まるも 亜希子|まるも あきこ

カーライフ・ジャーナリスト

映画声優、自動車雑誌編集者を経て、2003年に独立。雑誌、ラジオ、TV、トークショーなどメディア出演のほか、安全運転インストラクターなども務める。海外モーターショー、ドライブ取材も多数。2004年、2005年にはサハラ砂漠ラリー(通称:ガゼルラリー)に参戦し、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。
女性パワーでクルマ社会を元気にする「ピンク・ホイール・プロジェクト」、ジャーナリストによるレーシングチーム「TOKYO NEXT SPEED」代表。近年はYouTubeチャンネル等で、ゆるく楽しいカーライフ情報を発信中。

まるも 亜希子

斎藤 聡|さいとう さとし

モータージャーナリスト。車両のインプレッションはもちろん、タイヤやサスペンションについて造詣が深く、業界内でも頼りにされている存在。多数の自動車雑誌やWEBマガジンで活躍中。某メーカーのドライビングインストラクターを務めるなど、わかりやすい解説も人気のヒミツ。日本自動車ジャーナリスト協会会員、日本カーオブザイヤー選考委員。

斎藤 聡