ホンダ 2代目N-ONE(6BA-JG3/6BA-JG4型)のグレードを徹底比較! 操作性と走行性に拘ったこれまでにない軽乗用車

ホンダ 2代目N-ONE

ホンダ N-ONEはホンダの軽自動車であるNシリーズの1つで、2020年11月にはフルモデルチェンジを行い、ホンダ 2代目N-ONE(6BA-JG3/6BA-JG4型)が登場しました。

そんな2代目N-ONEにはどのようなグレードが設定されているのでしょうか。

今回は2代目N-ONEのグレードについて紹介します。

Chapter
ホンダ 2代目N-ONE Original 【価格:159万9,400円〜】
ホンダ 2代目N-ONE Premium 【価格:177万9,800円〜】
ホンダ 2代目N-ONE Premium Tourer 【価格:188万9,800円〜】
ホンダ 2代目N-ONE RS【価格:199万9,800円〜】

ホンダ 2代目N-ONE Original 【価格:159万9,400円〜】

「Original」はホンダ 2代目N-ONEのベースグレードで、駆動方式としてはFF(前輪駆動)モデルと4WD(4輪駆動)モデルが設定されています。

「Original」のエンジンにはパワーと扱いやすさ、低燃費を兼ね備えたi-VTEC DOHC自然吸気エンジンが搭載されています。最高出力は43kW(58PS)/7,300rpm、最大トルクは65Nm(6.6kgm)/4,800rpmで、街中では軽快な走りを、高速道路では力強い走りが楽しめます。

「Original」はベースグレードですが、装備が充実しているのも魅力です。

ホンダの先進安全機能Honda SENSINGが標準装備されているのはもちろん、パーキングセンサーシステムやフルLEDヘッドライト、電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能も標準装備されています。

さらに、4WDモデルではフロントシート(前席)にシートヒーターが装備されます。

また、「Original」はボディカラーも豊富です。ボディカラーとしてはフレームレッド、プラチナホワイト・パール、サーフブルー、プレミアムアイボリー・パールⅡ、ルナシルバー・メタリック、クリスタルブラック・パール、フレームレッド&ホワイト、プラチナホワイト・パール&ブラック、サーフブルー&ホワイト、プレミアムアイボリー・パールⅡの10色が設定されています。

燃費はJC08モードでFFモデルが28.8km/L、4WDモデルが25.4km/L、価格はFFモデルが159万9,400円、4WDモデルが173万2,500円です。

ホンダ 2代目N-ONE Premium 【価格:177万9,800円〜】

「Premium」は「Original」の上位グレードで、「Original」同様にFFモデルと4WDモデルが設定されています。

搭載されているエンジンは「Original」と同じi-VTEC DOHC自然吸気エンジンで、走行性能は変わりませんが、標準で備わっている装備が異なります。

「Premium」では、「Original」で4WDモデルのみに設定されていたフロントシートのシートヒーターがFFモデルにも標準装備されています。

この他にも、本革巻ステアリングホイールやインテリアイルミネーション、LEDフォグライトなども標準装備されています。

また、内装色は「Original」ではブラック×プラチナホワイトでしたが、「Premium」ではブラック×チャコールとなっています。

「Premium」にも10色のボディカラーが設定されていますが、プラチナホワイト・パール、プレミアムアイボリー・パールⅡ、クリスタルブラック・パール以外の7色については「Original」と異なる色が設定されています。

燃費はJC08モードでFFモデルが28.8km/L、4WDモデルが25.4km/Lで、「Original」と同様の数値です。

価格はFFモデルが177万9,800円、4WDモデルが191万2,900円で、両モデルともに「Original」よりも18万400円高く設定されています。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目N-ONE Premium Tourer 【価格:188万9,800円〜】

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道