キャストとN-ONE比較2|荷室のアレンジ&使い勝手を画像レビュー

キャストスタイル画像0001

ダイハツから3つの異なるバリエーションがある新型キャスト(CAST)が
発売されましたね。

3つの異なるスタイルから自分好みの1台を選ぶ事ができるのは、
とても良い事ですよね。

そんな新型キャスト(CAST)の競合車と言われているのが、ホンダから
発売されている軽自動車の中でもひときわオシャレなデザインが
評判のN-ONE(Nワン)。

特に上質感のあるセダン型モデルのキャスト スタイル(CAST STYLE)と
競合しそうですよね。

そんなキャスト スタイル(CAST STYLE)とN-ONEの荷室・ラゲッジスペースの
アレンジや使い勝手を徹底的に比較してみたいと思います。

※2015年10月6日の記事です。

Chapter
比較1. 後部座席を使用時の画像レビュー
キャスト スタイルの荷室の画像
N-ONE(Nワン)の荷室の画像
比較2. 後部座席を格納時の画像レビュー
キャスト スタイルの荷室の画像
N-ONE(Nワン)の荷室の画像

比較1. 後部座席を使用時の画像レビュー

ダイハツから発売されたキャスト スタイル(CAST STYLE)とホンダの
NシリーズN-ONE(Nワン)の後部座席を使用時の荷室・ラゲッジスペースの
様子は、このようになっていました。

ちなみに、N-ONE(Nワン)で使用する画像は標準モデルよりも背の低い
“LOW DOWN”を使用しています。

キャスト スタイルの荷室の画像

ダイハツから発売中のキャスト スタイル(CAST STYLE)の
荷室・ラゲッジスペースの様子は、このようになっています。

ちなみに、こちらは後部座席を一番後ろにした時の様子。
この時のキャスト スタイル(CAST STYLE)の荷室・ラゲッジスペースの
奥行きは、340mmとなっています。

また、N-ONE(Nワン)と比べてキャスト スタイル(CAST STYLE)の
良いところ・メリットは、後部座席を前後にスライドさせて
荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調節できる事。

後部座席を一番前にした時の様子は、このようになっています。

後部座席を一番後ろにした時に比べて広くなったのが、
画像を見ても一目瞭然ですよね。

このようにキャスト スタイル(CAST STYLE)は後部座席をスライドして
荷室・ラゲッジスペースを調整できるで、荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手は良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
N-ONE(Nワン)の荷室の画像

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ
商品詳細