【プロ解説】ソリオ/ソリオ バンディットのインテリア(内装)と荷室を徹底解説!!

スズキ ソリオ バンディッド ハイブリッド MV

現行型ソリオは、車体サイズをコンパクト収めながらも広大な室内空間を確保するという従来のコンセプトを継承。

今回は、広さと利便性が魅力のソリオ/ソリオバンディットのインテリアと荷室について解説します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
ソリオのインテリアは、立体感やワイド感を重視したデザインで視覚的な広がりを表現
ソリオの運転席は視線の高さと広いガラスエリアによって見晴らしが抜群
ソリオの助手席にはシートヒーターに加えトレーや収納スペースも備え、快適な空間を実現
ソリオの後席は先代よりもスペースが拡大し、3名乗車時の快適性が向上
ソリオの荷室の長さは先代よりも100mmも拡張

ソリオのインテリアは、立体感やワイド感を重視したデザインで視覚的な広がりを表現

ソリオ/ソリオ バンディットのインテリアは、立体感や広がりを重視したデザインとなっています。

左右に貫く基本骨格を軸とした水平基調のインパネを採用し、ボディサイズ以上に視覚的な広がりを表現しています。

また、手を伸ばす先や座った時に目に入る場所を意識した加飾の配置や、思わず触れたくなるような立体的な表面処理を施したドアトリムなどにより、上質さを表現しています。

ソリオとソリオ バンディットでインテリアデザインが異なるのも特徴です。

ソリオはリビングのような心地良さを、ソリオ バンディットは大人のこだわりを感じる空間を演出しています。

ソリオの運転席は視線の高さと広いガラスエリアによって見晴らしが抜群

運転席に座ると、運転席にはシートリフターが装備されていて、体格や好みに合わせてシートの高さを細かく調整可能です。

室内から見るとガラスエリアが広く、しかもアイポイントが高いことにより見晴らしが抜群

メーター類はセンターに配置され、センターメーター内にあるカラー液晶を使用したマルチインフォメーションディスプレイには、ドライブをサポートする情報や警報などを見やすく表示します。

ソリオの助手席にはシートヒーターに加えトレーや収納スペースも備え、快適な空間を実現

運転席だけでなく、助手席にもシートヒーター機能を設定しています。

シート表皮は、ソリオが光沢のあるライン柄とグレーミックス表皮を組み合わせて、リビングにあるシックなソファーのようなシートを目指しました。

一方のソリオ バンディットは、立体感のあるブラック&ボルドー柄で深みを表現。アクセントに鈍く光るメタルのような表皮を採用し、上質感を演出しています。

助手席前方のダッシュボードにはグローブボックスをはじめ、インパネトレーやドリンクホルダーなど大きさの異なる収納スペースが充実しています。

さらに、助手席のシート下にはアンダーボックスも設置され、小物を収納することが可能です。

ソリオの後席は先代よりもスペースが拡大し、3名乗車時の快適性が向上

リアシートは内装部品の形状見直しによって、先代よりも左右乗員の肩回りのスペースが拡大され後席3名乗車時の快適性が向上しています。

さらに、リアサスペンションのストローク拡大やコイルスプリングの見直し、さらに、構造用接着剤の採用によって後席の乗り心地や静粛性が向上しています。

シートアレンジを重視する影響で大人が座ると、シートの座面の長さが足りない感じもしますが、リクライニングすれば解消できます。

ソリオの荷室の長さは先代よりも100mmも拡張

今回のソリオ/ソリオ バンディットのフルモデルチェンジの大きな変更点の1つが、全長を延長したこと。

そこで最も恩恵を受けたのが荷室です。

荷室の床面の長さは550mm~715mmと先代モデルと比べて100mm長くなっています。

コンパクトハイトワゴンながら、35Lサイズのスーツケースを5個搭載可能で、その状態でも後席のニースペースは余裕タップリです。

また後席のショルダー部分に設置されたレバーを引くと簡単にスライド&リクライニングが可能で、荷物の大きさと量に合わせて、簡単にシートアレンジができるのも魅力です。

4代目となり、室内空間の広さや快適性にさらに磨きをかけたソリオ/ソリオ バンディット。

コンパクトな車体と取り回しの良さをキープしつつも室内空間を確保するという、相反する課題を乗り越えたスズキの力作と言っても過言ではないでしょう。

商品詳細