スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の長所を3つご紹介

MRワゴン

今回は、スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の長所について紹介します。

頭文字の"MR"は"マジカル・リラックス"を意味しており、リラックスできる車内スペースを特徴のひとつとして、2011年から2016年まで発売されていました。

3代目MRワゴンの長所について、目立つ点、目立たない点を含めどんなものがあるのかを、具体的に掘り下げていきましょう。

Chapter
スズキ 3代目MRワゴンの個性的で愛くるしいデザイン
スズキ 3代目MRワゴンの高い燃費性能
スズキ 3代目MRワゴンの優れた実用性

スズキ 3代目MRワゴンの個性的で愛くるしいデザイン

スズキ 3代目MRワゴンの大きな特徴、長所としてあげられる点のひとつが、個性的なデザインです。

初代MRワゴンは卵のようなフォルムで、2代目、3代目とコンセプトを少しずつ変えながらも進化を続けてきました。

3代目MRワゴンは若い男女を顧客ターゲットに設定し、ヘッドライトの上端を一直線に均した個性的な顔立ちをはじめとしたエクステリアの特徴をもたせました。

特にヘッドランプやリヤテールランプに取り入れた半円のモチーフは、一目で3代目MRワゴンとわかる高いアイデンティティを示し、フロントマスクからは潔ささえ感じられます。

3代目MRワゴンは、そのエクステリアにふさわしく8色のボディカラーが用意され、カラーにこだわってピンクやグリーンといった鮮やかなカラーリングも選べました。

スズキ 3代目MRワゴンの高い燃費性能

スズキ 3代目MRワゴンは軽自動車として優れた燃費性能を誇り、日常生活のアシ車としては大きな長所のひとつです。

3代目MRワゴンに搭載されるエンジンは、2010年代におけるスズキ軽自動車の標準エンジンとして幅広く用いられていたR06A型という型式のNA(自然吸気)エンジンで、最大出力は 38kW(53PS)/6,000rpmを誇ります。

また1世代前のK6A型エンジンより低速域でのトルク特性が向上し、日常の使い勝手がいっそう高められています。

このエンジンが駆動するボディは800kgという軽量で、そのため3代目MRワゴンのカタログ燃費 は、JC08モードで30.0km/Lという高い数値です。

最高出力が47kW(64PS)/6,000rpmのターボエンジンを搭載した「T」では車重が830kgとなり、燃費はJC08モードで22.0km/Lになります。

実際の燃費は走行条件によって大きく変動しますが、軽量ボディと扱いやすいエンジンという2つ の特徴をもつ3代目MRワゴンは、NAエンジンでもターボエンジンでも、高い実燃費が期待できます

<次のページに続く>
次ページ
スズキ 3代目MRワゴンの優れた実用性

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道|よしだ つねみち