スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の乗り心地はいかに!

MRワゴン

今回は、2011年にモデルチェンジされ、2016年まで製造・販売されていたスズキ 3代目MRワゴ ン(MF33S型)の乗り心地について紹介していきます。

スズキ MRワゴンは2001年に初代MRワゴンが発売されました。2011年にフルモデルチェンジし た3代目MRワゴンは、ターゲットが主婦から若い人向けの車に変更された車です。

では、3代目MRワゴンの乗り心地はいったいどのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

Chapter
スズキ 3代目MRワゴンは静かで安定性の高い走りを実現!
スズキ 3代目MRワゴンは安全性能も抜群!
スズキ 3代目MRワゴンは室内空間にも乗り心地を上げる工夫が!

スズキ 3代目MRワゴンは静かで安定性の高い走りを実現!

まずは、スズキ 3代目MRワゴンの乗り心地についてみていきましょう。

ラインアップされていたのは、ベーシックなグレードの「L」と、特別なデザインの「X」の2種類で す。3代目MRワゴンには、新開発のR06A型エンジンを搭載しており、車両全体の軽量化に成功 しています。

あわせて副変速機構付CVTの採用で、燃費性能の向上に成功しました。その結果、 2WD(2輪駆動)車で30.0km/L、4WD(4輪駆動)車で28.4km/Lの低燃費を実現したのです。また、 ただ車体が軽くなっただけではなく静粛性にも優れています。

3代目MRワゴンは乗りやすさも抜群です。特に、3代目MRワゴンに開発されたプラットフォームは、345mmの低いステップ高を実現し、乗り降りしやすくなっています。また、このプラットフォームの採用により、2,425mmのロングホイールベースとなり、乗り心地が向上したことはもちろん、 直進安定性も上がっています。

スズキ 3代目MRワゴンは安全性能も抜群!

安定した走りに加えて、スズキ 3代目MRワゴンは安全性能も抜群です。

個性あふれるデザインのコンセプトにふさわしく、前面から側面にかけて施されたラウンド加工の 面構成が特徴的です。デザインだけではなく、軽量衝撃吸収ボディーであるTECT(テクト)を採用 しています。このボディーは軽量であるため、エンジンの軽量化と合わせて、2代目MRワゴンより も約30kg車体重量が軽くなっているのです。

足回りを保護するために取り入れられたフロントバンパーは、乗っている側へのダメージ軽減だけのためについているわけではありません。歩行者傷害軽減ボディーで、歩行者に追突しても怪我を抑えられる設計になっています。初めて車を買う若者向けのコンセプトに切り替わった、3代目MRワゴンにふさわしい装備です。

また、衝突した時に運転手を守るために採用された頭部衝撃軽減構造で、さらなる安全性も確保しています。国土交通省認可品のセキュリティアラームシステムとイモビライザーも搭載し、防犯性能も高い1台です。乗り心地だけでなく、あらゆる安全性も確保できているのが3代目MRワゴン の特徴でもあるのです。

スズキ 3代目MRワゴンは室内空間にも乗り心地を上げる工夫が!

スズキ 3代目MRワゴンの乗り心地の良さは、室内空間にも秘密があります。

自分らしく使いこなすための工夫として、運転席周りに収納スペースを随所に配置しています。インパネトレーや助手席のシートアンダーボックスなど、見た目以上の収納力は特筆するに値します。

また、ほぼ段差がない設計なので、運転席から助手席への移動も楽にできるようになっているのです。リアシート(後席)のフロアもフラットなので、リアシートでも左右への移動が楽になるようになっています。

運転席のシートはレバー式のシートリフター機構で、10mmごとに調節できる24段式シートスライ ドと合わせて、シートポジションを細かく調整できる設計になっています。

また、リアシートにもリク ライニング機構がついており、リアシートでも楽な姿勢で乗ることができるのです。また、「X」であ れば、リアシートもスライドするので、席の前後の調整も可能です。

そしてシートアレンジによって、ラゲッジルーム(荷室)の大きさが格段に広がります。ダブルフォールディングリアシートの採用で、左右独立スライド式のラゲッジボードを導入出来ています。

このおかげで、リアシートの位置にかかわらず、ラゲッジルームをほぼフラットの状態で使うことがで きるのです。ラゲッジルーム下にはラゲッジアンダーボックスも採用されています。

ただ人が乗りやすいだけではなく、荷物もたくさん載せられる設計になっています。どちらにも優 しい、乗り心地・使い勝手の良いのも3代目MRワゴンの特徴なのです。

スズキ 3代目MRワゴンの乗り心地と、それを支える機能を紹介しました。

3代目MRワゴンは、新しく車を持とうとしている若者をターゲットに開発された車です。そのために必要十分な安全性能と乗り心地を実現するために、3代目MRワゴン専用に設計されたものもたくさんありました。

現在でも中古車として手に入る3代目MRワゴンを、ぜひ検討する車に加えてみてはいかがでしょうか?

※ 2021年4月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK