ダイハツ ムーヴ (LA150S/LA160S 6代目) のグレードを徹底比較!

ダイハツ・6代目ムーヴ

※この記事には広告が含まれます

1995年の登場以来、広い室内空間を実現するために設計された独特のエクステリア(外装)と高い実用性からダイハツを代表する軽自動車の1つとなったダイハツ ムーヴ。

フルモデルチェンジを重ねるごとにデザインが洗練され、2014年には初代から数えて6代目となるダイハツ 6代目ムーヴ(LA150S/LA160S型)がデビューを飾り、改良を続けながら現在も幅広いユーザーの支持を集めています。今回は、そんな6代目ムーヴのグレードについて紹介していきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ダイハツ 6代目ムーヴ L グレード
ダイハツ 6代目ムーヴ L"SA III" グレード
ダイハツ 6代目ムーヴ X グレード
ダイハツ 6代目ムーヴ X"SA III" グレード
ダイハツ 6代目ムーヴ Xターボ"SA III" グレード
ダイハツ 6代目ムーヴ X"リミテッドII SA III" グレード

ダイハツ 6代目ムーヴ L グレード

ダイハツ 6代目ムーヴの最廉価モデルにあたるグレードが「L」です。

快適装備などを必要最低限とし価格を抑えたグレードであるため、トップシェードガラスや運転席のシートリフターなどをはじめ、ダイハツ独自の安全装備である「スマートアシスト III」も省略されています。

一方で電動格納式ドアミラーやキーレスエントリーなど実用的な機能は標準装備となり、本体価格を抑えカスタマイズを楽しみたいという場合にぴったりのグレードと言えるかもしれません。

価格は全グレードでもっとも低く、2WD(前輪駆動)が113万3,000円、4WDが125万9,500円となっています。

ダイハツ 6代目ムーヴ L"SA III" グレード

最廉価モデルの「L」をベースに、「スマートアシスト III」を標準装備したグレードが「L "SA III"」です。

快適装備ではトップシェードガラスが標準装備されましたが、その他の装備は「L」と変わりません。「L」では安全装備が心もとないけど価格は低く抑えたいというニーズに応えるグレードとなっています。

エンジンも「L」や他のグレードと同じKF型を搭載し、最高出力38kW(52PS)/6,800rpm最大トルク60Nm(6.1kgm)/5,200rpmを発揮。燃費は実際の走行状況に近いとされるWLTCモード燃費で2WDが20.7km/L、4WDが20km/Lを達成しています。組み合わされるトランスミッションは他のグレード同様CVTのみラインナップされています。

価格は2WDが119万9,000円、4WDが132万5,500円となり、「L」に比べて2WDと4WDどちらも6万6,000円高くなっています。

ダイハツ 6代目ムーヴ X グレード

「X」はダイハツ 6代目ムーヴのなかでも基本的な装備が充実したスタンダードなグレードです。

「L」や「L"SA III"」ではマニュアル式だったエアコンがオートエアコンとなり、チルトステアリングや運転席のシートリフターが装備され快適性が向上。助手席の下には大型のアンダートレイも追加され、乗用車としての実用性が強化されています。

また、LEDヘッドランプがオプション装備可能となり、シートもブラック生地のパターンが選べるなど、好みに応じたカスタマイズもできるグレードとなっています。

価格は2WDが123万2,000円、4WDが135万8,500となり、最廉価グレードの「L」に比べて2WDと4WDどちらも9万9,000円高くなっています。

ダイハツ 6代目ムーヴ X"SA III" グレード

「X"SA III"」は、下位グレードの「X」に安全装備である「スマートアシスト III」を標準装備したグレードです。

「X」との差はスマートアシスト IIIの有無となり、「L」と「L "SA III"」の関係と似た位置づけとなっています。一方で装備は「X」に準じているため、「L」や「L"SA III"」の上位互換的存在となっています。

価格は2WDが129万8,000円、4WDが142万4,500円となり、ベースの「X」に比べて2WDと4WDどちらも6万6,000円高くなっています。

ダイハツ 6代目ムーヴ Xターボ"SA III" グレード

ダイハツ 6代目ムーヴの最上級グレードにあたるモデルが「Xターボ"SA III"」です。

他のグレードの最大の違いはエンジンスペックの違いで、KF型にターボチャージャーを装備した結果、最高出力47kW(64PS)/6,400rpm最大トルク92Nm(9.4kgm)/3,200rpmを発揮。燃費もWLTCモード燃費で2WDが19.5km/L、4WDでも18.8km/Lを達成しています。

また、「SA III」の名が示す通りスマートアシスト IIIも標準装備され、6代目ムーヴの集大成と言えるグレードとなっています。その分全グレードのなかでもっとも高価となり、2WDが137万5,000円、4WDは150万1,500円となっています。

ダイハツ 6代目ムーヴ X"リミテッドII SA III" グレード

ダイハツ 6代目ムーヴ の特別仕様車としてラインナップされているグレードが「X"リミテッドII SA III"」です。

スタンダードグレードの「X」をベースに、特別装備としてLEDヘッドランプやメッキ加飾された革巻ステアリング、バックカメラや16cmリヤスピーカー、ツイーターなどを含んだ純正ナビ装着用アップグレードパックが奢られています。

価格は2WDが127万6,000円、4WDが140万2,500円となり、「X」と比べて2WDと4WDそれぞれ4万4,000円の値上げ幅にとどまっているお買い得なグレードとなっています。
ダイハツ 6代目ムーヴは乗用車としての実用性を備えつつ、車中泊もできる室内空間を備え、フロントシート(前席)のヘッドレストを取り外し背もたれを倒せばフルフラットなロングソファーモードとなり、大人2人がくつろげる広さを確保できます。

6代目ムーヴで車中泊を考えるのであれば、快適装備の充実した「X」や、スマートアシスト IIIが標準装備される「X"SA III"」、荷物を乗せての移動が多い場合はよりパワフルなエンジンを搭載した「Xターボ"SA III"」がおすすめと言えるかもしれません。

※ 2020年9現在

商品詳細