BMW 初代2シリーズにラインナップされた便利なオプションを紹介!

BMW 初代2シリーズ(DBA-2G30/DBA-2F20/3DA-7M20/DBA-6S15/LDA-2C20/DBA-6V15/LDA-2E20/DBA-2F20型)には「クーペ」、「カブリオレ」、「グランクーペ」、「アクティブツアラー」、「グランツアラー」の全5車種がラインナップされています。それぞれ異なった特徴があり、同じ初代2シリーズだと分からない人も多いのではないでしょうか?

この記事では初代2シリーズ5車種の簡単な概要や、車種ごとに選択できる便利なオプションについても紹介します。

Chapter
BMW 初代2シリーズ クーペの便利なオプションは?
BMW 初代2シリーズ カブリオレの便利なオプションは?
BMW 初代2シリーズ グランクーペの便利なオプションは?
BMW 初代2シリーズ アクティブツアラーの便利なオプションは?
BMW 初代2シリーズ グランツアラーの便利なオプションは?

BMW 初代2シリーズ クーペの便利なオプションは?

BMW 初代2シリーズ クーペはフロントエンジン・リヤドライブのFR(後輪駆動)で、走りを重視した2ドアクーペです。全長4,470mm×全幅1,775㎜×全高1,410㎜で、シャープなエクステリア(外装)が特徴的といえます。

初代2シリーズ クーペにおすすめのオプションはBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムです。BMWドライバー・サポート・デスク、BMWリモート・サービス、コネクテッド・ドライブ・サービスの3つがパッケージとなったオプションで、スマホやコールセンターと連動したサービスが受けられます。

例えば、BMWリモート・サービスでは夜間の駐車時にどこにクルマがあるのかを知るためにヘッドライトを点灯させたり、遠隔でドアロックの開閉ができたりと、スマホからクルマを遠隔操作することが可能です。

BMW 初代2シリーズ カブリオレの便利なオプションは?

BMW 初代2シリーズ カブリオレは全長4,470mm×全幅1,775㎜×全高1,415㎜と「クーペ」とほぼ同じサイズ感で作られている2ドアクーペです。ルーフを開けるとオープンカーとして使用可能で、初代2シリーズの中でも一際目立つ1台といえるでしょう。

初代2シリーズ カブリオレに推奨するオプションは、ACC(アクティブクルーズコントロール)機能です。前方にいる車両との位置関係を把握し、自動で加速や減速をする機能で、日本でも導入車両が増えています。ストップ&ゴー機能も付いており、渋滞時も快適に走行が可能です。

BMW 初代2シリーズ グランクーペの便利なオプションは?

BMW 初代2シリーズ グランクーペは全長4,535mm×全幅1,800㎜×全高1,430㎜の4ドアクーペです。クーペやカブリオレと比べると全体的に大きくなった印象を受けます。最大で5人まで乗ることが可能で、洗練されたエクステリアからも高級感漂う1台といえます。

初代2シリーズ グランクーペにおすすめのオプションはハイラインパッケージです。電動フロント・シート、フロント・シート・ヒーティングとパーフォレーテッド・ダコダ・レザー・シートの3つがパッケージとなったオプションとなります。

フロント・シート・ヒーティングは冬場の寒い時期に大活躍しますし、パーフォレーテッド・ダコタ・レザー・シートは車内の高級感をさらに高めるオプションです。

BMW 初代2シリーズ アクティブツアラーの便利なオプションは?

BMW 初代2シリーズ アクティブツアラーは全長4,375mm×全幅1,800㎜×全高1,550㎜の5人乗りミニバンタイプです。前述したクーペタイプ3台とは見た目が大きく異なり、背が高いことが特徴です。

初代2シリーズ アクティブツアラーにおすすめのオプションはパーキング・サポート・パッケージです。リヤ・ビュー・カメラ、PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)とパーキング・アシストの3つがパッケージとなっています。

いわゆるバックカメラと衝突防止機能が搭載され、安心して駐車をすることが可能です。初代2シリーズ アクティブツアラーはファミリーユーザーが使用することが多く、普段の駐車時から安心して使うことができるオプションだと言えるでしょう。

BMW 初代2シリーズ グランツアラーの便利なオプションは?

BMW 初代2シリーズ グランツアラーは全長4,585mm×全幅1,800㎜×全高1,640㎜の7人乗りミニバンタイプです。初代2シリーズの中で最大のサイズを誇ります。

初代2シリーズ グランツアラーにおすすめのオプションはアドバンスド・アクティブ・セーフティー・パッケージです。BMWヘッドアップ・ディスプレイとドライビング・アシスト・プラスの2つがパッケージとなっています。

BMWヘッドアップ・ディスプレイはフロントガラスに車速やカーナビ表示などの情報を投影する機能です。ドライビング・アシスト・プラスは前述したACCを搭載し、衝突回避などの安全技術がセットとなっています。どちらも快適に運転する為には、付けた方が良いオプションといえるでしょう。

BMW 初代2シリーズを見分けるための簡単な特徴とおすすめオプションを紹介しました。この記事で紹介したオプション以外にも初代2シリーズには多彩なオプションが用意されています。ぜひ自分好みのオプションを探してみてください。

※ 2021年1月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK