日産 新型 ルークスの運転席や後席シートを解説!新型ルークスは運転しやすい軽ハイトワゴンに更に進化!

日産 ルークス 吉川

※この記事には広告が含まれます

日産の新型ルークスは、打倒N-BOXの大本命として、軽ハイトワゴンジャンルに殴り込みをかけた日産の軽自動車です。今回は日産の新型ルークスについて、運転席からの視界やシート性能について、カタログに乗らないようなポイントにも触れつつ、新型ルークスの魅力をご紹介していきます。

文:自動車ジャーナリスト吉川賢一/写真:エムスリープロダクション鈴木祐子

吉川 賢一|よしかわ けんいち

モーターエンジニア兼YouTubeクリエイター。11年間、日産自動車にて操縦安定性-乗心地の性能技術開発を担当。次世代車の先行開発を経て、スカイラインやフーガ等のFR高級車開発に従事。その後、クルマの持つ「本音と建前」を情報発信していきたいと考え、2016年10月に日産自動車を退職。ライター兼YouTube動画作成をしながら、モータージャーナリストへのキャリア形成を目指している。

吉川 賢一
Chapter
新型 日産 ルークスは見晴らしが良く、運転しやすい!
新型 日産 ルークスの見やすいメーターと、握りやすいステアリングも注目ポイント!
新型 日産 ルークスの前席シートはロングドライブでも疲れにくい!
新型 日産 ルークスの後席シートは家族も満足の広さと快適さ!

新型 日産 ルークスは見晴らしが良く、運転しやすい!

日産 新型 ルークス
ホンダ N-BOX 2017
新型 日産 ルークスの運転席からの視界は、とても開けています。ライバルであるホンダN-BOXは、Aピラーがとても細いことで、前方視界が良くなっているのですが、新型 日産 ルークスのAピラーはやや太め。

しかし、新型 日産 ルークスは、ドライバーの着座位置を上げながら前に出しているために見晴らしがよく、視界の良さは、N-BOXと同等以上です。

さらに、新型 日産 ルークスはルームミラーが車両後方寄りについているため、軽ハイトワゴンにありがちな、運転席からフロントガラスまでの距離の遠さを感じにくく、軽ハイトワゴン特有の運転感覚はあまり感じません。

新型 日産 ルークスの見やすいメーターと、握りやすいステアリングも注目ポイント!

新型 日産 ルークスのメーターパネル内は、日産 デイズと同じで、必要な情報は、中央の4.2インチTFTディスプレイ上に表示されますので、どこを見ればよいか、迷うことはないでしょう。
新型 日産 ルークスのインパネ中央上段に位置する、9インチ大型ナビモニター(ディーラーオプション22万4292円)も、フロントウィンドウの稜線よりも下にありますので、運転時に視界の邪魔になることはありません。
また、日産 デイズのステアリングホイールは、日産によると「女性が操作しやすいことを考えて、(Dカットではなく)円形とした」ということでしたが、この新型 日産 ルークスでも同様の円形状が採用されています。

やや小ぶりな径と細めのグリップですので、手の小さな方にも丁度良いサイズです。なお本革ステアリングやレザー調インストパネルなどは、ハイウェイスターを選択したうえで、セットオプションの「プレミアムグラデーションインテリア&快適パック」(6万6000円)を選択することで装備されます。

新型 日産 ルークスの前席シートはロングドライブでも疲れにくい!

昨今、どの自動車メーカーも、シートに対する開発は相当な意気込みをみせています。日産も、胸部と骨盤を積極的に支え、背骨の負担を減らす中折れの背もたれパッドを採用した「ゼログラビティシート」をこの新型 日産 ルークスにも、スカイラインやエクストレイル、そしてセレナなどにも織り込んだ技術が採用されています。

今回、200kmほど新型 日産 ルークスを試乗しましたが、背中がぐいと猫背のように曲げられる感触は新鮮で疲れにくく、新型 日産 ルークスは、ロングドライブでも疲れにくいなと感じました。また。尻下のクッションも柔らかいので、ソフトな座り心地にも好印象です。

新型 日産 ルークスの後席シートは家族も満足の広さと快適さ!

他メーカーの軽ハイトワゴンと同様に、新型 日産 ルークスの後席シートも一般的なセダンやコンパクトカーよりも広く、余裕で足が組めるスペースが確保されています。

新型 日産 ルークスの後席シートは、一番後ろまでスライドさせれば、足元スペースが最大で770mmにも広がります。しかし、ホンダ N-BOXと比較すると、ホンダ N-BOXは座面の下にわずかなスペースがあり、かかとを後ろに折り曲げるなど、足もとに少し自由度があったのに対し、新型 日産 ルークスには、ふくらはぎが当たる部分にもクッションがあるために、N-BOXほどの自由度はないかなと感じました。

後席シートで足をぶらぶらさせることは少ないかもしれませんが、後席シートの下にも荷物が置けるほど空間がある、ホンダN-BOXと新型 日産 ルークスを比べてしまうと、ホンダ N-BOXの方が後席シートの自由度には軍配が上がるかもしれません。
また、新型 日産 ルークスの売りの一つである後席スライドドアのオープン幅(最大650mm)は非常に広く、大きめの荷物や、お子さんを抱き抱えながらでも、楽に乗りこむことができますが、これはホンダ N-BOXもほぼ同じくらいの空間を確保しているので、新型 日産 ルークスだけが特別素晴らしい、とは言えませんが、嬉しいポイントですね。
後席シートの座面は前席と同じくらいにソフトで、シートの座り心地は悪くはありません。実際に新型 日産 ルークスの後席シートに乗って、一般道や高速道路を体感してみたところ、後席シートのソフトなクッションと、路面からの入力に対して振動をよく吸収するサスペンションのおかげで、乗り心地はよく、安心して試乗を楽しめました。
近年大人気である軽ハイトワゴンは、室内区間がとても広いものの、それがかえって仇となり、運転しにくく感じるものですが、新型 日産 ルークスは普通のミニバンのような感覚で運転することができます。

この新型 日産 ルークスの運転のしやすさについては、今後のレポートでも触れていきます。

その前に、次回は収納スペースや荷室の使い勝手について、さらに詳細なレポートをしていきます。

商品詳細