トヨタ ルーミー(DBA-M910A・DBA-M900A)のオプションを紹介!TRDやモデリスタのかっこいいエアロから便利なオプションまで徹底解説

画像1

トヨタ 初代ルーミー(DBA-M910A・DBA-M900A)の便利なオプションを紹介します。

車を購入するときに、グレードやエンジンは決まっていても、頭を悩ませることになるのがオプション選びです。メーカー/ディーラーオプションが豊富に用意されているトヨタ 初代ルーミーは、どのオプションをチョイスすればいいのでしょうか。

納車後になってやっぱりあのオプションが必要だったと後悔したり、このオプションはいらなかったと落ち込んでしまわなくても済むよう、今回は、トヨタ 初代ルーミーの便利なオプションを厳選してご紹介します。

文・PBKK

トヨタ 初代ルーミーのインテリアはオプションで高級感アップ!

トヨタ 初代ルーミーのインテリアは軽自動車の中でも質感高い仕上がりとなっています。しかし、それでもまだ物足りないという方におススメしたいのがアクセサリーをつかったインテリアのカスタマイズです。

シート素材にファブリックが用いられているトヨタ 初代ルーミーでは、シートカバーを装着することで手軽に車内の雰囲気を変えることができます。

キズやスレにも強い革調のシートカバーは、ブラックベージュの2色で展開。フィット感に優れており、座り心地を損なうこともありません。シートカバーには革調だけではなくスエード調もあるため、好みに合わせて装着することができます。

トヨタ 初代ルーミーの運転席をオプションでカスタマイズ!

車内の上質さという観点において見落とされがちなのが、ステアリングシフトノブの質感です。トヨタ 初代ルーミーは、オプションによりステアリングとシフトノブを革巻きにすることができます。

革巻きのステアリングとシフトノブは、見た目の高級感もさることながら、握り心地がよく滑りにくいため、市街地を頻繁に運転する機会があるならば、腕の疲れにくさを実感することができるでしょう。インテリアパネルも、車内の雰囲気を変えるためにはもってこいの装備です。

トヨタ 初代ルーミーのカスタマイズインテリアパネルは、センタークラスター部分と左右のドアに設置されているパワーウィンドウスイッチベース部分の3箇所。ウッド・ピアノブラック・カーボンの3種類から選べるインテリアパネルは、スイッチベース単体でも装備することができるようになっています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 初代ルーミーのナビはオプションでより便利に!