トヨタ タンク(M900A/M910A型)のインパネは豊富な機能と使い勝手の良さが特徴

今回はそのインパネ周りの装備と操作方法について紹介していきます。

コンパクトながら快適なクルマを実現したトヨタ タンクは、ファミリーカーとしても高い人気があります。家族の誰が座っても運転できるように、インパネに装備された操作系は使いやすく工夫されており、またモニターには便利でユニークな機能が備わっています。

文・PBKK

Chapter
トヨタ タンクのモニターは驚くほど多機能!
トヨタ タンクのエアコンは直感で操作できる!
トヨタ タンクのハンドルはタイヤ以外の操作もできる?
トヨタ タンクの運転席はまさにコックピットのような設計!

トヨタ タンクのモニターは驚くほど多機能!

トヨタ タンクにはマップやテレビなどを映すナビのほかに、マルチインフォメーションディスプレイと呼ばれる4.2インチのモニターがインパネ中央部に装備されています。このモニターは時計モード、カレンダーモード、エコキャラモードの3種類を選んで表示できます。

エコキャラモードは、環境に配慮した運転ができているかを、ゲームのように楽しく表示する機能となっており、モニターにはクルマの姿とエコキャラモード特有のスタンプが表示され、急発進や急加速を抑えた燃費のいい走行ができていると、クルマ下のライトが緑色に変わり、スタンプの数が増えるなどの反応を示します。

全てのモードで共通して表示されるトリップインフォメーションは、外の気温やシフトポジション、トリップメーターなどの基本的なものから、平均燃費や現在残っているガソリンで、あとどれだけ走れるかを自動的に計算して表示する航続可能距離、アイドリングストップ時間といった運転の記録を表示しています。

また、このモニターにはエンジン始動時のオープニング画面とエンジン停止時のエンディング画面が存在し、オープニング画面には誕生日や記念日、新年のご挨拶などを表示するサプライズなものと、車検日や点検日、エンジンオイルやフィルターなどの周期を知らせてくれる便利なものが表示できます。

一方エンディング画面では、エンジン始動から停止までの走行距離と時間、平均速度、平均燃費、節約できた燃費、エコキャラモードのポイントなど、まるでアクションゲームのスコアのように表示されるため、楽しみながらも常にエコな運転を意識でき、自分の運転を客観的に評価することができます。

トヨタ タンクのエアコンは直感で操作できる!

タンクのXS及びX以外のグレードにはオートエアコンが装備されています。インパネ中央部にあるダイヤルを回すことで設定温度を変更でき、現在の車内の温度と目標温度から、最適な風量と吹き出し口を判断して作動します。

またマニュアルモードにも対応しており、風量と吹き出し口の切り替えや送風モード、内気及び外気循環の設定などの基本的な操作が手動で行えます。

トヨタ タンクのハンドルはタイヤ以外の操作もできる?

トヨタ タンクのハンドルには左右のハンドポジション付近にいくつかのボタンが設置されています。右手側ではマルチインフォメーションディスプレイに表示されている、トリップインフォメーションの切り替えや、ディスプレイとスピードメーターの照度の変更が可能です。

左手側では再生しているメディアの音量調節や、トラックの送り/戻し、ラジオの選局、接続切り替え(スマホからCDなど)といった操作ができ、音楽の操作を運転中に目と手を離さず操作できるのは、安全面にとても貢献できる素晴らしい機能と言えます。

ウインカーレバーは上下にそれぞれ2段階動くようになっており、1段目は車線変更などの際に使用し、操作後すぐ元に戻るのでウインカーの消し忘れを防げます。2段目は従来のウインカーと同様の挙動なので、この機能が合わない方でも問題なく操作できるでしょう。

またXS及びX以外のグレードには、ウインカーレバーの下にクルーズコントロールレバーが設置されています。クルーズコントロールとは、アクセル操作をすることなく自動でスピードを維持してくれる機能で、レバーを下げることで現在の速度をクルーズコントロールの目標速度として設定できます。

その後レバーを上下に操作すれば、それにあわせて目標速度を変更出来るので、アクセルを踏み直すことなく調節できます。クルーズコントロールを停止したいときは、レバーを手前に引くかブレーキを踏み、復帰したいときは再びレバーを戻します。

トヨタ タンクの運転席はまさにコックピットのような設計!

エンジンのプッシュスイッチをはじめ、コーナーセンサースマートアシストトラクションコントロール(TRC)などのクルマの走行に関する機能の操作は、運転席の右側に集められたスイッチで操作することが可能です。

ドアミラーはスイッチ一つの操作で左右の調整をすることができ、円筒状のつまみを回し、倒すだけなので、手元をみることなく、直感的な操作ができます。パワースライドドアのスイッチも運転席に付いているので、クルマを降りることなく、後ろのドアを開け閉めできます。

またハロゲンヘッドランプ装着車は、ヘッドライトの光軸調整ダイヤルがついています。ラゲッジスペース(荷室)の荷物重量や乗車人数によって変化するクルマの姿勢に合わせて車内から簡単に調整できます。

トヨタ タンクのインパネは多機能でありながら複雑な操作を必要としないように考えられていました。また操作の簡易化だけでなく、運転の邪魔にならない、事故に繋がらないよう配置されているのも、タンクの魅力だと言えます。

この運転者目線の親切な設計が、タンクがファミリーカーとして人気を集めているの理由の一つなのではないでしょうか。