新型スバルフォレスターを徹底解説!e-BOXERエンジンを搭載したアドバンス仕様のフォレスターの走りはいかに?!25分、河西喋り倒します!SUBARU FORESTER Advance e-BOXER

新型スバルフォレスターを徹底解説!e-BOXERエンジンを搭載したアドバンス仕様のフォレスターの走りはいかに?!25分、河西喋り倒します!SUBARU FORESTER Advance e-BOXER!CARPRIME(カープライム)チャンネルにてYouTube動画をアップしました!

Chapter
新型スバルフォレスターを徹底解説!e-BOXERエンジンを搭載したアドバンス仕様のフォレスターの走りはいかに?!25分、河西喋り倒します!SUBARU FORESTER Advance e-BOXER
e-BOXERを搭載した、スバルフォレスターアドバンスを徹底解説!

新型スバルフォレスターを徹底解説!e-BOXERエンジンを搭載したアドバンス仕様のフォレスターの走りはいかに?!25分、河西喋り倒します!SUBARU FORESTER Advance e-BOXER

新型スバルフォレスターを徹底解説!

e-BOXERを搭載した、スバルフォレスターアドバンスを徹底解説!

新型スバル フォレスターが登場したのは2018年7月のことで5代目となるフォレスターは、5代目インプレッサで導入された「SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用しています。エンジンは、今までFB20型のガソリンエンジンが用意されていましたが、現行型より2.5Lの「FB25」型を新搭載しました。ターボモデルは設定がありません。

FB20型はe-BOXERと言われるモーターシステムを組み合わせるエンジンのみとなり、フォレスターでは初設定となるマイルドハイブリッドモデル「e-BOXER」が新設されました。そして、トランスミッションは、全グレードが自動無段変速機「リニアトロニック」のみとなり、6MT車は廃止。

「フォレスター」のグレード別販売構成比では、e-BOXER搭載の「Advance」が最も高く、全体の約半数を占めるのだそうです。(2018年6月20日(発表)から2019年5月31日までの累計販売構成比:47%) 外装(エクステリア)は、キープコンセプトで、よりスバルらしさフォレスターらしさを求めデザインされています。内装(インテリア)では、リアシートは従来モデルに比べて前後33ミリ広げ、さらに「リヤシートリマインダー」を新採用し、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせしてくれます。

5代目フォレスターのアドバンスグレードに装備されている最大のトピックスといえば、ドライバーモニタリングシステム。赤外線カメラで顔を認識し自動であらかじめ設定したシートやミラーいちに合わせてくれます。(最大5名まで可能)また、次のことも認識します。(1、わき見運転時の警報、2、眠気、居眠り時の警報、3、個人認識(量産車では世界初))

もちろん、スバルのお家芸である水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成された独自のAWDシステム。シンメトリカルAWD、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで、悪路からのスムーズな脱出を実現するX-MODE。スバルといえば、アイサイト。今回の試乗車ではアイサイトセイフティプラス(運転支援)が備わったモデルを紹介します。今回は、25分という大作です!ぜひ最後までご視聴ください!