トヨタ エスクァイアの長所(メリット)は?

今回は、トヨタ エスクァイア(DAA-ZWR80G)の長所についてご紹介します。エスクァイアは、トヨタから販売されている3代目ヴォクシー(DBA-ZRR80W)と3代目ノア(DBA-ZRR85W)といった、ミニバンの中でもワンランク上の高級感と上質さにこだわってつくられたクルマです。

見た目やインテリア(内装)の高級感も魅力として挙げられますが、実用的な機能が豊富に装備され、運転のしやすさにも貢献しています。多くの魅力が詰まったエスクァイアにはどのような長所があるのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
トヨタ エスクァイアの高級感あふれるインテリア!
トヨタ エスクァイアは運転しやすくなるような工夫が盛りだくさん!
トヨタ エスクァイアの多彩なシートアレンジでくつろぎの空間を!
トヨタ エスクァイアのラゲッジルーム(荷室)は大容量で使い勝手が良い!
トヨタ エスクァイアの充実した安全機能

トヨタ エスクァイアの高級感あふれるインテリア!

トヨタ エスクァイアの長所を語る上で、高級感あるインテリアについては外せません。グレードによってインテリアはやや異なりますが、スタンダードグレードとなる「Xi」では、消臭機能付ファブリックシート表皮が採用されており、インテリアカラーはブラックに統一されています。

シフトノブや3本スポークステアリングホイール、ドアトリムオーナメントといった部分には合成皮革が採用されており、スタンダードグレードでも、高級感を感じられるモデルに仕上げられているのです。

上級グレードである「Gi」では、昇温降温抑制機能付合成皮革シート表皮が採用されています。インテリアカラーは、ブラックかバーガンディとブラックの2トーンカラーを選ぶことができます。

バーガンディとは、ワインレッドよりも茶色味が増したようなカラーで、スタイリッシュなブラックとはまた違った高級感やモダンさを味わうことができるでしょう。シフトノブやステアリングホイールには、黒木目調加飾が装備されており、細かい部分でもXiとの違いを感じることができます。

Gi プレミアムパッケージで採用されているのは、ブランノーブと合成皮革シート表皮です。ブランノーブとは、ヌバックをファブリックで表現したシート素材のことで、なめらかで触り心地の良い素材として人気があります。

インテリアカラーは、バーガンディとブラックの2トーンカラーを採用。シフトノブには、ブラウンサイバーカーボン加飾が追加され、ステアリングホイールには、ダークシルバー塗装も施されています。

さらに、マルチインフォメーションディスプレイフードにダークシルバー塗装が、センタークラスターパネルにブラウンレザーライン加飾がくわえられ、フロントドアスイッチベースにもブラウンレザーライン加飾が施されており、唯一無二の高級感あふれる上質なインテリアを実現しています。

トヨタ エスクァイアは運転しやすくなるような工夫が盛りだくさん!

エスクァイアは、クルマにとって重要なポイントである運転しやすさにおいても評価されています。エスクァイアは、上方への視界を広げながら、インパネの形状を工夫することで、広々とした前方視界が確保されています。運転席からボンネットが見えるようになっているため、車両感覚がつかみやすく、狭い道でも運転しやすくなっているのです。

また、フロントピラーのスリム化や三角窓の拡大によって、優れた側方視界も確保されているほか、フロントドアガラスの下端を低く設定することで巻き込みの回避もしやすくなっており、安心して運転できるようになっています。さらに、ミニバンでは見づらくなってしまう左側が、見やすくなる工夫も施されています。

助手席側ドアミラーの鏡面下部に非球面のアスフェリカルミラーを採用し、ミラーから見える範囲を通常よりも広げたことにより、駐車枠の左側のラインも見やすくなり、後退駐車がしやすくなりました。このように、エスクァイアにはドライバーが少しでも運転しやすいような設計がされています。

トヨタ エスクァイアの多彩なシートアレンジでくつろぎの空間を!

トヨタ エスクァイアは、シートアレンジが実に多彩です。7人乗りのセカンド(2列目)シートには、キャプテンシートが採用されており、レバーひとつで前や後ろ、横にも移動ができるようになっているのです。これにより、セカンドシートからサード(3列目)シートに移動することも、直接サードシートに乗り入れることもしやすくなっています。

サードシートには、軽い力でスムーズにシートを跳ね上げることができるワンタッチスペースアップシートが採用されており、片手でも車内に乗り込まなくても、簡単にシートを跳ね上げる作業ができるようになっています。このセカンドシートとサードシートの機能を活用してさまざまなシートアレンジができます。

まず、スーパーリラックスモードは、サードシートを跳ね上げるとセカンドシートが最大810㎜もスライドできるようになり、大人でも足を伸ばして座れるようになります。ゆったり座ることができるだけでなく、この広さを活かして、お子さんの着替えやペットのくつろぎスペースとしても利用することができるのです。

このほかにも、フロントシートを倒し、セカンドシートと合わせることで身体を伸ばすことができるようになるフロントフラットソファモードリヤフラットソファモードという後列をすべてフルフラットにでき、よりゆったりと仮眠などもとれるようなモードもあります。

さらにこのフロントフラットソファモードやリヤフラットソファモードは、大人数の8人乗りでも利用することができます。さまざまなシーンの用途に合わせてシートアレンジを施せるエスクァイアは、まるで自宅のようで、車内にいることを忘れさせてくれるでしょう。

トヨタ エスクァイアのラゲッジルーム(荷室)は大容量で使い勝手が良い!

トヨタ エスクァイアは、居住空間のみならずラゲッジルーム(荷室)もとても使い勝手の良いものとなっています。ラゲッジルーム幅は1,100㎜と広く、地面からフロアまでの高さが2WDの場合で500㎜と、荷物の出し入れがしやすい低床設計を採用。収納機能も充実しており、ラゲッジルームの床下にも収納スペースが用意されています。

ハイブリッド車の場合は、6:4分割式デッキボードが採用されており、大きいものと小さいものを分けて収納することができるようになっています。ガソリン車の場合は、一体型のデッキボードが採用されているので、荷物の出し入れのしやすさはもちろん、大きな荷物の収納もスムーズに行えるようになっています。

また、デッキボードの裏にはヒモ付のフックが設定されているので、開けたままの状態でも使用することができ、収納スペースに収まらないような高さのある荷物も載せることもできます。

さらに、もっと多くの荷物を載せたいときや大きな荷物を載せたいときには、サードシートを跳ね上げ、セカンドシートを前にスライドさせることで、収納スペースはより広がります。

サードシートを跳ね上げるだけでも広くはなりますが、セカンドシートもスライドさせることで、7人乗りの場合では、ロードバイクのような大きなものも載せることができるようになります。

8人乗りの場合には、セカンドシートに580㎜のロングスライドが可能になる6:4分割チップアップシートが採用されているので、7人乗りの場合よりも広いスペースをつくり出すことができるのです。

少人数から大人数までの乗員や、普段クルマに積むことも躊躇してしまうような大きな荷物にも対応するエスクァイアのラゲッジルームは、収納スペースと共に生活の幅も広げてくれます。

トヨタ エスクァイアの充実した安全機能

トヨタ エスクァイアには、安全運転に欠かせないトヨタの先進安全機能であるトヨタセーフティセンスが、グレードに関わらずエスクァイア全車に標準装備されています。レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとそれに基づく統合的な制御によって、事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれるのです。

レーザーレーダーは、近い距離にあるものを高精度で検知することができる上に、昼夜の影響を受けにくさが特徴となっています。単眼カメラは、より遠くまで検知することができ、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識可能。これらの機能を活かした安全機能がエスクァイアには3つ搭載されています。

プリクラッシュセーフティ
進路上の先行車や昼間での歩行者との衝突が予想される場合には、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせてくれる機能です。ヒヤリとしたするその瞬間にブレーキを踏むことができれば、強力なブレーキアシストが作動し、ブレーキを踏めなかった場合には自動で被害軽減ブレーキを作動させ、衝突回避または、被害軽減をサポートしてくれます。

レーンディパーチャーアラート
ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合に、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせてくれる機能です。

オートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートしてくれる機能となっています。切り替え忘れ防止だけでなく、手動操作の煩わしさも軽減してくれるのです。

このような豊富な安全機能はドライバーに寄り添いながらサポートし、乗車する全ての人を守ります。日々のドライブも安心して楽しめるでしょう。

トヨタ エスクァイアのコンセプトとされる高級感や上質さという部分は魅力的な長所です。

しかしそれだけではなく、運転のしやすさや、使い方に合わせた多彩なシートアレンジ、使い勝手も良く大容量なラゲッジルーム、安全機能が充実していることなど、数多くの長所がエスクァイアには備わっています。

ミニバンの中でもワンランク上のクルマと高評価を得ているエスクァイアをぜひ試乗などでチェックしてみてください。