【プロ解説】フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)の維持費を徹底解説!!

ゴルフ7 TDI 萩原文博

フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)に、ディーゼルエンジンが搭載されたのは2019年10月。ディーゼルゲート事件が起き、ゴルフ7への投入が遅れ、ゴルフ8の投入が見えてきた中で最後の追加モデルとなりました。ディーゼルエンジンといえば、経済性が気になるところ。ここではフォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)のディーゼルモデルである、フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスターの維持費について解説します。

文 ・会田肇/写真・萩原文博

Chapter
フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)の燃費は?!
フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)はディーゼルエンジンがお得?!
フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)はディーゼルエンジンのトルクフルなエンジンが魅力

フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)の燃費は?!

ゴルフの使用燃料は、ガソリン車ならすべてハイオクを、ディーゼル車は軽油となります。燃料消費率は、ガソリン車のマイスターを含むハイラインが18.1km/L(JC08モード)、コンフォートライン(マイスター含む)とトレンドラインが19.1km/L(JC08モード)。

一方のディーゼル車はすべて18.9km/L(WLTCモード)と発表されています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)はディーゼルエンジンがお得?!

一見してあまり差はないように見えますが、燃費を測る基準がより厳しいWLTCモードで測ったディーゼル車の方が実際の燃費に近い数値であることは確か。しかも燃料を軽油としていることで単価も安いわけで、ディーゼル車の方が圧倒的にお得であることは間違いありません。

また、ゴルフはエコカー減税にもメリットは大きく、どのグレードも対象となります。グレードによってその減税額は異なりますが、9万円前後から10万円前後の減税が適用されるのは大きいですね。

<次のページに続く>
次ページ
フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)はディーゼルエンジンのトルクフルなエンジンが魅力

会田 肇 | あいだ はじめ

1956年、茨城県生まれ。大学卒業後、自動車雑誌編集者を経てフリーとなる。自動車系メディア等でカーナビをはじめとする分野を取材、執筆に従事する一方で、ビデオカメラやデジタルカメラの批評活動を積極的に続けている。日本自動車ジャーナリスト協会会員。デジタルカメラグランプリ審査員。

 会田 肇 | あいだ はじめ