ホンダ グレイスの上質な乗り心地に迫ってみました!

ホンダ グレイス

ホンダ グレイスは、2014年に登場した3代目にあたるホンダ フィットハイブリッド(GP5/6型)をベースにした5ナンバーサイズのコンパクトなハイブリッドセダンです。グレイスは、2009年に販売を終えたフィット アリアの後継ともいえますが、フィット アリアと比べて優れた走行性能を備えており、ユーザーから高評価を得る乗り心地を実現しています。

今回は、ホンダ グレイスの乗り心地について着目し、その裏側にまで迫ってみました。

文・PBKK

グローバルモデルだったグレイスには本来的に資質があった!?

そもそもコンパクトセダンであるグレイスは、日本においては5ナンバーサイズのまったくの新規モデルでした。しかしグレイスは、国際的な視点の中では、ASEAN、南アジアでは「CITY(シティ)」のモデル名で売られている重要な戦略モデルです。

ただ、アジア向けモデルを日本でそのまま売っても商品力不足だということは、当然ホンダも理解していたため、パワートレーンを特別なモノに変更しました。1.5Lのアトキンソンサイクルエンジン電気モーターを組み込んだパラレル型ハイブリッドシステムを与え、ハイブリッド専用車としてリリースしたのです。

グローバルカーとしての基本にグレイスの乗り心地の基本がありそうです。コーナー手前の制動でノーズの沈み込みは、確かに大きく感じますが、クルマの荷重移動はスムーズで、しなやかにコーナーを駆け抜けることができます。

ここで効いているのがロングホイールベースです。ホイールベースは短いほどシャープなハンドリングレスポンスが得られやすくなりますが、一方で前後およびダイヤゴナル方向の不快なピッチングが抑えにくくなります。グレイスがフィットに較べて乗り心地が良いとされる理由がここにもあるようです。

グレイスが属するBセグメントセダンは、日本では需要が高いとは決して言えませんが、グレイスのスムーズなパワートレーン、広い後席空間と上質なインテリア、34.4km/Lの優れた燃費、上質な乗り心地と高い静粛性など、ホンダがグローバル市場に向けた意欲作と言える資質を備えています。