ホンダ グレイスの上質な室内空間と実用的なシートアレンジ

ホンダ グレイス

ホンダのコンパクトカー、フィットをベースに開発されたグレイス。コンパクトカーの優れた燃費効率と運転しやすさ、セダンの上質な落ち着きと安定感を兼ね揃えたコンパクトセダンとなっています。取り回しの良いコンパクトボディに低燃費など、あらゆる魅力が詰まっているグレイスですが、室内も優れた居住性が備わっています。

さらに高級感が溢れる室内には便利なシートアレンジを装備。シンプルながらも実用的で、日常からレジャーまで幅広く活用できそうです。今回は、ホンダ グレイスの上質な室内空間と室内に装備されたシートアレンジに注目してみました。

文・PBKK

Chapter
ホンダ グレイスとは?
グレイスの開放的な室内空間
リクライニング機能でよりラグジュアリーに
ワイドでスクエア型の大容量収納を実現するグレイスの荷室
後部座席と荷室が繋げられる!?
グレイスは優れた居住空間も広い荷室スペースも確保できる!

ホンダ グレイスとは?

コンパクトセダンの刷新」のコンセプトのもとホンダ グレイスは2014年12月1日より発売開始されました。一見、同社のフィットのようなフロントフェイスとシルエットですが、親しみのあるフィットに比べ、グレイスはモダンで大人の落ち着きが押し出されており”ホンダの隠れた名車”と称されるほど。

街乗りに適したセダンとして着実にファンを集めています。2017年にはマイナーチェンジし、充実した安全装備を追加しました。ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用し、衝突被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能車線維持支援システムなど、日々の安全運転に欠かせない安全機能ばかりです。

また車内環境アップにも繋がる快適機能も多彩に装備しています。運転席と助手席には、体を芯からあたため、冬場に活躍する「運転席&助手席シートリフター」を装備。

また後部座席に乗車する人も空調調節ができる「リアエアコンアウトレット」、シンプルながらも使い勝手の良い収納機能など、コンパクトな車内にいることを忘れさせてくれる快適機能が存分に備わっています。

洗練されたデザインと運転しやすさも欲しい。けど、しっかりとした後部座席で乗車した人をおもてなししたいし、荷物もたくさん収納したい。なんて方にグレイスは最適です。ハイブリッドによる軽やかながらも力強い走行と、快適な車内環境で満足させてくれることでしょう。

グレイスの開放的な室内空間

グレイスは最小回転半径5.1mの小回りの利くコンパクトボディながらも、流れるように美しいシルエットとスポーティで引き締まったフロントフェイスにより華やかな存在感を放ち、多くの人を魅了します。

フィットのプラットフォームを採用することにより、前席下の車体中央に燃料タンクを配置する「センタータンクレイアウト」を実現。車体寸法は抑えつつも広い居住空間を確保しています。

車内に乗り込んでみると一瞬で伝わるのが開放感。室内長2,040mm×室内幅1,430mm×室内高1,230mmと、数字で確認するだけでも室内の奥行きと広さを感じます。黒基調で統一された高級感溢れるインテリアも室内を引き締めるのに貢献していますね。

車高は低設計ですが、室内のヘッドクリアランスには十分な余裕を持たせ、圧迫感のない広々とした室内空間を実現しました。足元にも足をのびのびと伸ばせるようにたっぷりとした空間を確保。子供や小柄な方はもちろん、成人男性が足を組んでも窮屈さを感じさせず、大人がゆったりとくつろげる室内を目指し設計されています。

グレイスは「ヒルスタートアシスト機能」を採用しているため、急な坂道での発進や加速もスムーズに行います。それにより室内への振動を減らし、体への負担を軽減。またボディの骨格には軽量かつ高強度の鋼板を使用しているため、外部からの衝撃や振動音を防ぎ車内の静粛性を高めます

車内で会話しているとクルマの音に妨げられることがありますが、そんな煩わしさを解消します。まるで家にいるみたいにリラックスして過ごせる富んだ居住性と優れた乗り心地の良さも兼ね揃えている開放的な室内空間は多くの人から高評価を獲得しています。

<次のページに続く>
次ページ
リクライニング機能でよりラグジュアリーに