ホンダ グレイスのインパネは使いやすい?インパネとその周りに装備された便利機能を紹介!

上級セダンの安定感ある乗り心地と上質な室内空間を実現しているホンダ グレイス。街乗りに最適なコンパクトセダンとして幅広い層から人気を博しています。そんなグレイスのインパネには多彩な機能が満載。

インパネ周りにもあらゆる便利な機能が装備されています。今回はグレイスのインパネとその周囲に装備された、運転中に関わる便利機能から車内環境をアップさせる快適機能までをご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
グレイスは視認性の高いセンターメーター
メーター内でエコ運転度をお知らせ
パドルシフトとSモードで力強い走行を実現!
眩しさを軽減する防眩機能付きルームミラー
快適な車内を実現するフルオートエアコン
冷え切った体をあたためる運転席&助手席シートリフター
インパネに内蔵されている収納機能
グレイスには上質で使い勝手の良いインパネ機能が満載!

グレイスは視認性の高いセンターメーター

運転中のスピードやガソリン残量などの走行時に必要な情報を確認できるメーターはドライバーにとっては欠かせない存在です。グレイスは視認性の高いセンターメーターを採用しています。運転席前方に設置され、ドライバーが一目で確認しやすいハイコントラストカラーで焦点を合わせやすいようになっています。

ハイブリッド車はスタイリッシュデザインの1眼。中央に位置した大きなスピードメーターが印象的です。左側にはエンジンの回転数を表示するタコメーター、その下部には「ガソリンではなくバッテリーによるモーター走行(EVモード)」や「スポーティで軽快な走行(Sモード)」などの走行状態が表示されます。

右側には平均燃費や航続距離などの各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイが配置されています。ガソリン車は、左からタコメーター、中央にスピードメーター、右側に平均燃費などの走行状況のメーターが並んでいる3眼となっています。ハイブリッド車と比べ、シンプルなコンパクトデザインを採用しています。

メーター内でエコ運転度をお知らせ

燃費効率を上げ、低燃費を保つことで不必要な燃料消費を抑えながらドライブを楽しむことができるエコ走行。燃費消費だけではなく、排気量を抑えることもできるので、環境に優しく現在では多くのクルマにエコ走行やエコモードなどが推進されています。

グレイスはそんなエコ走行をサポートするエコアシスト機能を搭載。運転席のインパネ右側に設置された「ECON」スイッチを押すだけでエコ走行に切り替わります。それにより加速力などを抑え、低燃費を実現。自動で簡単に燃費重視の走りを実現してくれるので非常に便利です。

さらにエコ走行をサポートする機能が3つもメーター内のディスプレイに装備されています。メーター右側のタコメーター下部にはエコ走行の状況を知らせる「エコ運転度お知らせコーチング機能」を搭載。エコ走行をすればするほど、ブルーからグリーンにメーターカラーが変化します。

メーター左側のマルチインフォメーションシステムが表示されるディスプレイにもエコ運転度を知らせる機能が搭載されています。「ECON ドライブディスプレイ」は、グリーンの円形枠の中にクルマのアイコンが表示されます。アクセルとブレーキに連動してアイコンは上下に動きますが、そのアイコンを円形内に収めるほどエコ運転度は上がります。

また走行した日のエコ運転度とそれまでのエコ運転度をゲームのスコアのように表示する「ティーチング機能」は、かわいい葉っぱのアイコンで、現在までのエコ運転度の達成記録を表示します。どの機能も遊び心があり楽しくエコ走行ができそうです。

パドルシフトとSモードで力強い走行を実現!

グレイスのエコ走行についてご紹介しましたが、グレイスは軽やかで地球に優しいエコ走行だけではなく力強く気持ちの良い走りを実現することも可能です。

ステアリング(ハンドル)に装備されたパドルシフトを切り替えるだけで、オートマ車(AT)でもマニュアル車のようにスポーティな走行をすることができます。切り替えは指先だけで行えるので簡単。スポーティーな走行だけではなく、長い下り坂などで調整しながら走ることができるので便利です。

またハイブリッド車にはスポーティーな走行に切り替えられる「Sモード」も搭載されています。エンジンブレーキ右上部にある「S」スイッチを押すだけで、しっかりとした加速感と馬力のある走りを楽しむことができます。

ハイブリッド車は通常の場合モーターやハイブリッド主体の高い静粛性のある走行が特徴ですが、Sモードに切り替えるとエンジン主体の力強いキビキビとした走行に切り替わるのです。坂道や山道などで加速力が欲しい場面でぜひ活用したい機能です。

眩しさを軽減する防眩機能付きルームミラー

ドライバーが後方の様子を確認するために設置されたルームミラー。ドライバーは運転中、前方のみしか向くことができないため、後ろを確認するのはルームミラーからのみとなります。安全運転には欠かせないアイテムです。

しかし夜間走行時に後続車のヘッドライトがルームミラーに当たり、眩しさにより運転を妨げられることがあります。運転中にライトの眩しさが目に入るとくらみが生じるなど事故に繋がる場合もあるので、出来ることなら眩しさは防ぎたいものです。

グレイスはそんな眩しさを抑える防眩機能付きミラーを採用。画像を参照すると、非作動時と作動時で眩しさがかなり抑えられていることが分かります。些細なことですがストレス軽減しながら夜間走行を安全に行えて非常に便利です。

次ページ
快適な車内を実現するフルオートエアコン