7代目 BMW3シリーズの収納は利便性が抜群!

画像1

7代目 BMW3シリーズG20型(3BA-5F20・3DA-5V20)の収納の使い勝手と機能性を紹介します。2019年1月にフルモデルチェンジし7代目を向かえたBMW3シリーズは、320i SEと320iスタンダード、320i Mスポーツ、330i Mスポーツを揃えています。

さらに、2019-2020インポート・カー・オブ・ザ・イヤーとRJCカー・オブ・ザ・イヤー・インポートをダブル受賞。先代モデルの6代目 BMW3シリーズも2012-2013年度にダブル受賞しているので、2世代連続ダブル受賞という日本車、輸入車を含めて日本初の快挙となりました。今回はそんな人気シリーズの収納性を早速見てみようと思います。

Chapter
BMW3シリーズのインパネ収納はLED付きで見やすい!
BMW3シリーズのセンターコンソールには豊富な収納がある!
BMW3シリーズのドアには大きな収納を備える!
BMW3シリーズのリアアームレストはドリンクホルダー付き!
BMW3シリーズのストレージパッケージにはシートバック収納も設定!

BMW3シリーズのインパネ収納はLED付きで見やすい!

インパネには、助手席前に扉とLED照明が付きのグローブボックスがあります。

ボックスの内張りは、高級感ある起毛処理した素材が使われていて、小物が入れられる仕切りを設定。グローブボックスは大きいことに加えて、LED照明が奥まで照らすので、内部が見やすく使い勝手が非常に良いです。

BMW3シリーズのセンターコンソールには豊富な収納がある!

センターコンソールには、フタ付きの収納ボックスと2つのドリンクホルダー、iPhone8以上のバージョン対応のワイヤレス充電器Qi、USBインターフェイスおよび12Vの電源が取り付けられています。

収納ボックスは、アームレストを開けると姿を現します。前方5cmほどがトレイ状になっていて、CDやDVDを置くのに便利。その他の部分は、仕切りのない大きな箱で、いろいろなものが入れることができます。大きな照明が付いているので、たくさん物を入れても簡単に見つけられそうです。

アームレスト下の収納ボックスには、メーカーオプションであるストレージパッケージを選択するとUSBtype-Cのインターフェイスを取り付けられます。スマホやゲーム機に採用されることが多くなっているUSBtype-Cのインターフェイスがあると、車内での楽しみ方がグンと増えますね。

<次のページに続く>
次ページ
BMW3シリーズのドアには大きな収納を備える!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細